株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:閉鎖

    b0055202_1939183

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/12(水) 14:13:24.37 ID:???.net
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1439173443070.html

    一昨年までデフレの雄として値上げ戦争を繰り広げていた牛丼。昨年から松屋は2度の値上げ、吉野家も2度値上げした。
    4月には、ついにすき家も値上げしてしまい、牛丼最安値戦争は終了。牛丼の話題も減ってきた
    今日この頃、値上げの影響はいったいどうなのか各社に聞いてみました。

    元祖牛丼チェーン・吉野家は?

    まずは老舗の吉野家さんに聞いてみました。
    「もちろん客数としては下がっていますが、いろいろな商品を投下して客単価で(売上を)上げるようにしている」とのこと。
    牛丼の売上はどうなっているのかを聞くと、「単価が上がっていますので牛丼の個数というか全体の客数が減っている」そう。
    やはり値上げの影響は大きいようですがそれ以上のコメントをもらえず。
    むしろ担当者は、「なぜ今の時期の電話取材なのか?」ということを非常に気にされていたので調べてみると、
    取材した7月に出ていた前月売り上げがあまり良くなかったということが判明。こちらとしては特に意図がなかったので、少し失礼なことをしてしまいました。

    「プレミアム化」で一番最初に値上げした松屋は?

    次に、松屋さんにも聞いてみました。
    「当社は牛めし単体の推移は非公表となっています。月次での売り上げは101%です。(7月時)新メニューの導入など、
    客単価を上げていることによって売上が101%になった」とのこと。
    他社さんの値上げの影響についてはコメントをいただけず。やはり各社ともに値下げ競争のときより、
    口が堅くなっている様子がうかがえます。松屋さんは牛めしの値上げ自体がけっこう前なので最近の影響は少なさそうです。

    量が多い!? すき家は?
    最後に聞いたすき家さんには、けっこうしっかりとお答えいただきました。
    「外食全般はどこも苦戦している。入客数を増やしたいが、客単価を増やすしかない。
    円安の影響を受けて原価が上がっているので苦しいところ。入客数は、値段が認知されてくれば緩やかに回復して戻るだろうと予想している

    円安は特に影響していない。前々月売上がよかったのは、うなぎを先行的に販売していた店舗だった。
    5月からは客単価が上がっているということもあり、商品戦略でやっていく」とのことでした。
    夏の時期は、暑すぎて人によってはこってりした牛丼を食べるのが厳しいかもしれませんが、
    3社ともに牛丼ではなく別の商品で客単価を上げて、値上げの影響を回避しているのがわかりました。


    そんななか、7月末にひっそりとらんぷ亭さんでは全店舗が閉店。こちらは親会社が変わったという理由からだそうですが、
    いずれにしろ大人気だった牛丼でも生き残りは厳しい世の中になったようです

    【らんぷ亭が7月末にひっそりと全店舗閉鎖。】の続きを読む

    sns_logo

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/18(月) 23:01:13.74 ID:???.net
    http://www.wwdjapan.com/business/2015/05/18/00016518.html

    ワールドは18日、今期(2016年3月期)に10~15ブランドの不採算事業を廃止すると発表した。
    店舗数では400~500店に達する見通し。今期から18年3月期までの3カ年にわたる構造改革の一環として掲げたもので、
    同社にとって過去最大規模のリストラになる。不採算事業や低収益事業を見直し、コスト削減を徹底することで収益の改善を図る。
    一方で、百貨店向けのニューミセスブランド「リフレクト」や、リブランディングが奏功した「インデックス」といった売り上げが好調な業態に注力する。

     18日に大阪で開いた決算説明会で上山健二・社長は、「出店数がすなわち企業の成長規模の目安になるという考え方から脱し、
    今までとは違う方法で抜本的な改革を行う」と説明した。退店店舗に関しては「ターゲットや立地、チャネルといった切り口で限定していない」
    と語った上で、具体的な対象ブランドや店舗については「中間決算で進捗を伝える」という発言に留めた。

     同社は15年3月期から国際会計基準(IFRS)を適用。
    連結業績は、売上高が前期比96.5%の2985億円、営業利益が同56.6%の52億円、親会社の所有者に帰属する
    純利益は同2.2倍の45億円だった。会計基準の異なるものの、14年3月期まで2期連続の営業赤字に陥った。
    上山社長は4月の就任直後から「以前のような光り輝くP/L(損益計算書)を2~3年で実現する」と公言してきた。
    構造改革を推進し、17年3月期に営業利益100億円達成を目指す。

    【総合ファッションアパレル企業のワールドが最大15ブランド・500店舗を閉鎖。】の続きを読む

    このページのトップヘ