株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:郵政

    ダウンロード

    1: 孤高の旅人 ★ 2015/08/15(土) 03:52:55.58 ID:???*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000046-reut-bus_all

    郵政3社、11月4日に上場へ 東証が9月10日に承認
    ロイター 8月14日(金)13時18分配信

    [東京 14日 ロイター] - 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の郵政3社
    上場で、東京証券取引所は9月10日に上場承認を決定する方針だ。正式な上場は
    11月4日となり、2005年の小泉改革以来、曲折を続けた民営化が本格的に動きだす。
    日本郵政の連結純資産は15.3兆円で、時価総額としては7、8兆円程度と、
    NTT<9432.T>株以来の大型案件となる。 

    政府は、100%保有する郵政株を2、3年に1回のペースで3回にわけ
    約1.3兆円ずつ売却し、東日本大震災からの復興財源4兆円を確保したい考え。

    東証からの上場承認を踏まえ、政府は、国内外の機関投資家による需要が
    どの程度あるかを慎重に見極め、公開価格を決定する。まずは傘下金融2社の
    価格を決定し、その後、持ち株会社である日本郵政の価格を決める。

    通常なら取引所からの上場承認を経て1カ月程度で上場の運びとなるが、
    3社同時上場となる今回は1カ月以上かかり、実際の上場日は11月にずれ込む。

    上場時の時価総額は7、8兆円程度となる見通しだが、郵政の連結純資産に比べると
    割安感がある。上場後の郵政株の値上がりに期待する声が強まれば、昨年から
    始まったNISA(少額投資非課税制度)との相乗効果で、高齢者を中心に、
    新たに株式投資に参入する動きも広がりそうだ。

    政府は、売り出し株数や想定価格、国内外での販売比率について、正式承認までに
    主幹事証券会社と最終的な調整に入る。

    【郵政3社、11月4日に上場へ。東証が9月10日に承認。】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/23(火) 20:59:40.17 ID:???.net
    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/12/23/kiji/K20141223009509200.html

     日本郵政が、金融子会社のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険と合わせ3社同時に
    東京証券取引所へ株式上場する方針を固めたことが23日分かった。
    来年秋の上場を目指す。
    上場時の時価総額は約8兆8千億円に達した1998年のNTTドコモに迫り、過去最大規模となる可能性がある。
    小泉政権が掲げた郵政民営化はその後の曲折を経て、総仕上げの段階に入る。

     26日に日本郵政の西室泰三社長が記者会見して上場計画を公表する。
    持ち株会社の日本郵政が来年3月までに、3社一括で上場承認を予備申請する。
    具体的な上場時期は未定。
    政府と日本郵政が景気や株式市場の状況を見極めながら、適切な時期を今後検討する。

     日本郵政の株式は政府が、金融2社の株式は日本郵政がそれぞれ全て保有している。
    これまで日本郵政は2015年度中に上場する意向を表明するにとどめ、3社の上場手順を示していなかった。
    今回の計画では3社同時上場に踏み込み、政府による経営関与をなるべく早く薄めることで、
    住宅ローンなど新規事業への早期参入を目指す。

     大量の株式を一斉売却することによる市場の混乱を避けるため、
    上場当初の売却割合は3社とも全株式の1割程度に抑える見通し。
    上場後、政府は日本郵政株を段階的に売却し、保有比率を3分の1超の水準まで下げる。
    日本郵政株の売却益のうち約4兆円は、13年に東日本大震災の復興予算枠を25兆円程度に拡大した際の枠組みに基づき、
    復興財源に充てる。

     一方、日本郵政は金融2社の上場で得た株式売却収入を使って、政府が保有する残りの自社株を一部買い取る。
    1株当たりの価値を高め、株価上昇につなげる。

     金融2社の株式について、今回の計画では全株売却に向けた道筋を示さず、
    当面50%以上を売却するとの表現にとどめる方向だ。
    小泉政権下では17年9月末までに2社の全株を売却して完全民営化する方針だったが、
    12年に成立した改正郵政民営化法で「できる限り早期に処分」と期限の定めをなくしていた。


    関連スレッド:【企業】日本郵政の上場は総選挙で後ずれ、来年夏以降でも問題ない=社長 [2014/11/26]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1416998486/l30

    【日本郵政を含め3社同時上場。時期は2015年秋か。】の続きを読む

    このページのトップヘ