株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:資産運用

    cd480b2e-s

    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/15(土) 16:23:23.33 ID:2SZQGkBO*.net
    2015/08/15 16:14

     サラリーマンの老後資金に資産運用の有無で約2・6倍の開きがあることが15日、フィデリティ投信(東京)の調査で分かった。
    中高年の年収は低下傾向にあり、手元資金を株式投資などに回す余裕のない層が増えた。近年の株価上昇の陰で老後の格差が深刻化する懸念が強まっている。

     調査は会社員と公務員を対象にネットで実施し、1万2177人から回答を得た。資産を運用している人の準備している老後資金が平均1320万円だったのに対し、運用していない人は499万円。

     運用している人の平均年収は603万円、運用していない人は426万円で、高年収ほど運用に積極的な傾向も示された。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081501001350.html

    【サラリーマンの老後資金、資産運用の有無で約2.6倍の開き。】の続きを読む

    リバランス時の売買割合はどう計算するの?

    ほどよく資産分散されたポートフォリオはリバランスによってリスク管理できる
    株や債券など資産ごとの値動きはそれぞれ異なるため、保有している間に資産割合は元の割合から徐々に変化していくもの。その変化を放置したままにしておくと、自分の運用目標やリスク許容度に合わない運用になってしまいかねません。

    そこで運用中は自分の保有資産割合を定期的にチェックしていくことが大切です。当初の割合からずれていたら、割合の膨らんでいる資産を売却し、割合の縮まっている資産を購入することで当初の配分に戻します。この作業のことを、リバランスといいます。

    リバランスの目的や意味はよく知られてきていますが、「いざリバランスをしようとするとどの商品をいくら分売買すればよいのかわからない」という声をよく聞きます。そこで今回は、リバランスをおこなう時の売買割合を確認する手順をご紹介しましょう。

    【何をいくら売買すればよい?運用資産内でリバランスする場合の計算法紹介。】の続きを読む

    sisanunyou

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/12(木) 15:10:35.92 ID:+B6YLbEW0.net
    26歳、底辺警備員、定期300・普通300・金融資産300
    普通を動かして資産を運用したいんだがVipperの知恵をいっぱい借りたい

    【26歳底辺警備員、普通300万を運用して資産を増やしたい。】の続きを読む

    ◆その1.資産運用はまず自分軸ありき~明確なライフプランを立てる

    より豊かなセカンドライフを目指して投資に踏み出す人が増えている
    若い世代より保有資産の多いシニア、プレシニア層には投資の誘惑が多いもの。都心の不動産投資や海外口座での投資、外債リンク債や個別国を対象とする投資信託……などなど、人から勧めらたという方がしばしば相談に来られます。

    「金利に不満があるが漫然と預金口座にお金を預けている⇒お勧めの投資先があると勧誘される⇒なんとなく儲かりそうなので投資する」この流れで投資をしていては、いつまでたっても自分に合った資産運用は実現できません(そもそも本当に有利な投資先なら、営業マンがわざわざ電話をかけてこなくてもすぐに売り切れていることでしょう)。

    自分に合った、地に足の着いた資産運用を行うには、「実現したい人生をイメージする⇒人生設計に合わせた運用目標を立てる⇒運用目標に合った投資先を選ぶ」の手順が必要です。
    誰と、どこで、どんな風に暮らしていきたいのか、まずは自分自身が送りたいセカンドライフのイメージをできるだけ具体的に描くことが先決です。

    ◆その2.無駄に高いリスクをとらない~収支シミュレーションで運用目標を定める

    ライフプランを実現するにはお金がいくら必要で、どれくらいお金を増やせばよいのか。そこを知ることで自分に合った資産運用が見えてきます。

    将来の生活や資産の状況をシミュレーションするのに便利なのが、「キャッシュフロー表」です。生活費や住居費、旅行代やリフォーム代といったリタイア後の支出を見積もり、国の年金や企業年金など退職後の収入、退職金を含めた退職時の資産額と併せて入れていくことで、将来の年単位の収支を計算し、保有資産残高の推移を示してくれます。

    キャッシュフロー表を作成することで保有資産の寿命がわかる。今は男性の4人に一人、女性の二人に一人は90歳まで生きる時代。資産運用で保有資産の寿命を延ばし、より安心して暮らせる老後を目指したい。

    キャッシュフロー表を作成することで保有資産の寿命がわかる。
    今は男性の4人に一人、女性の二人に一人は90歳まで生きる時代。
    資産運用で保有資産の寿命を自分の寿命より延ばし、より安心して暮らせる老後を目指したい。


    キャッシュフロー表で保有資産がいつごろ底をつくのかを確認し、90歳まで持たない場合は保有資産残高の利回りを上げ、何%であれば持つかをシミュレーションしてみましょう。たとえば上図の例では3%の運用利回りを実現できれば夫95歳、妻93歳まで資金が尽きないと予想でき、「自分は年率3%を目指した運用を行えばよい」ということがわかります。

    想定される不安材料を反映させて検証することも大切です。たとえば物価上昇率を2%に上げてみる、消費税アップの影響や公的年金額の減少なども考慮すると結果はまた変わります。どんな要因でどのように家計が変わるのかを確認しましょう。キャッシュフローの改善策を運用だけに頼ると高いリスクを背負わなくてはならないので、支出の見直しや収入を上げる方法も併せて検討し、実現性の高いプランに近づけてください。

    ◆その3.投資金額の決定は一定の範囲内で~運用可能期間で手持資金を振り分ける

    マーケットの波と自分なりに上手に付き合うのが大人の資産運用

    マーケットの波と自分なりにうまくつきあうのが大人の資産運用

    手持ちの資金をどれくらい投資に回したらよいの?と迷う人は多いようです。ポイントは「5~10年以内に使うお金」と「10年後以降に使うお金」に分けること。5~10年以内に使うお金は投資には向きません。なぜなら運用期間が短いと運用成果のブレが大きくなり、元本割れが生じる可能性が高くなるからです。運用期間が10年以上あれば、万一大きく値下がりしてもじっくり回復を待てるのでリスクを抑えられます。

    実はここでもキャッシュフロー表が役に立ちます。たとえば前ページの例で現在から10年経った時点を見ると、保有資産残高は1,700万円(利回りは投資をしない0.1%の場合で)。つまり現在運用に回せる金額は1,700万円が目安になります。例のように3,000万円の手持資産があるなら、そのうち1,300万円は預金や個人向け国債など安定商品に預けておいて、残りの1,700万円を投資に回すことで、全体として目標利回りを目指せばよいというわけです。

    ◆その4.あらかじめ想定最大損失の心得を~幅広い分散投資でブレを抑える

    足元の投資環境はアベノミクス効果もあり好調ですが、バブルと危機を繰り返してきたのがマーケットの歴史。これまでだいたい10年に1度ないし2度は株価の大きな下落が起こってきました。そんな値動きとも仲良く付き合っていくのが資産運用といえ、あらかじめ最悪の場合の損失額をイメージしておくことで、突然の下振れにも慌てずにすみます。

    資産クラスごとの過去20年間における最大年間損失からイメージできる最悪のケースは、国内株式と外国株式は-50%、外国債券は-25%、新興国債券は-30%、新興国株式は-60%、国内債券は-3%になります。自分が投資する金額を基に最大損失を金額で想定しておくことがポイントです。

    ただし複数の資産クラスに分散投資をしていれば、資産同士で値動きを打消し合う効果が働くので、運用資産全体でのブレはより抑えられます。大切なのは投資成果の最大ブレ幅をあらかじめ知っておくこと。そしてブレを抑えるために特定の国や地域、資産にこだわらず、できるだけ幅広く分散投資することです。

    ◆その5.家庭円満のコツはホウレンソウ~資産状況や運用方針は夫婦で共有する

    ライフプランはもちろんのこと、資産運用の状況がどうなっているのか、これからどうしていくのか、夫婦であれば二人の間できちんとシェアしておきたいものです。「相手に任せていたらいつの間にか投資額が膨らんでいた」「知らない間に思わぬ損失が出ていた」といったことが原因で夫婦間に溝ができてしまうことは多いからです。

    何事も家庭円満のコツはホウレンソウ(報告、連絡、相談)。できればパソコンやノートに資産状況をまとめてお互いがいつでも確認できるようにしておくと良いでしょう。ちなみに我が家では登録した証券口座の情報をまとめて把握できる無料のネット家計簿を活用しています。

    日経平均株価など代表的な指標に連動する投資信託など、夫婦お互いが理解できる分かり易い運用を心がけることもおすすめ。景気や金融政策についてなど夫婦間に会話が増えやすいことに加え、長期で見た運用成果の安定化にもつながるはずです。

    ※All Aboutより転載

    1: Hi everyone! ★ 2014/08/23(土) 10:53:38.83 ID:???.net
     政府は22日、2015年度税制改正で、企業が受け取る株式配当の非課税制度の縮小を検討する方針を明らかにした。資産運用を
    目的とした株保有への課税を強化し、法人税の実効税率を引き下げる財源に回す考えだ。

     株式を大量に持つ金融機関を中心に税負担が重くなる可能性がある。株価下落を懸念する声もあり、年末に本格化する制度設計は
    難航しそうだ。

     この非課税制度は、企業が受け取る株式配当を「益金」と扱わず、法人税の課税対象から除外する仕組み。子会社などからの配当
    を非課税にして、親会社との間で二重課税を避ける狙いがある。

    ソース(中日新聞・共同通信) http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014082201001646.html

    【安倍政権の株保有の課税強化による、金融機関など税負担増、株価下落の可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ