株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:証券会社

    intro_top_p5

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/30(金) 19:58:23.73 ID:???.net
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/150130/bse1501300500002-n1.htm

     ネット証券大手5社の2014年4~12月期の決算が29日出そろい、全社が減収だった。
    安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果で個人投資家の株式売買が活発だった前年同期の反動で、各社とも収益を減らした。

     上値の重い展開が続いた国内株式市場では売買代金が減り、売買手数料収入や信用取引による金利収入が落ち込んだ。

     最終利益は、ビジネスの多様化を進めたSBI証券と、保有株を売却して利益を得たカブドットコム証券の2社が増益を確保した。

     ただ、10月下旬の日銀の追加金融緩和で株価が上昇し、10~12月期は個人投資家の株式売買が活発化。
    各社とも売買手数料収入が増えて、業績が回復傾向にある。

     マネックスグループの松本大(おおき)社長は決算会見で「四半期ベースでは前年同期の水準に戻っている」と述べた。

       ■ネット証券大手5社の2014年4~12月期決算

     (純営業収益/最終利益)

     SBI証券 522(▲1.5)/146(7.5)

     楽天証券 319(▲5.9)/93(▲4.4)

     松井証券 244(▲19.8)/108(▲17.3)

     マネックス証券 216(▲20.9)/37(▲47.0)

     カブドットコム証券 153(▲6.4)/52(1.5)

     ※単位は億円。カッコ内は前年同期比増減率%。▲はマイナス

    【ネット証券5社減収。売買代金減少による影響で売買手数料収入などが落ち込む。】の続きを読む

    000cf1a48a860d5c4f7b01

    1: 海江田三郎 ★@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 15:08:38.81 ID:???0.net
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEHY16K50XT01.html
    (ブルームバーグ):午前の中国株式市場では、上海総合指数が約5年ぶりの大幅下落となった。
    記録的な高水準となっていた信用取引融資の抑制に当局が動き、
    投機的取引を膨らませてきた一部投資家の資金が流出するとの懸念が広がった。

    上海総合指数 は午前の取引終了時点で、前週末比6.3%安の3163.72。
    このままいけば2009年8月以来の大幅安で取引を終える。
    同国の上場証券大手2社である中信(CITIC)証券 (600030 CH)と海通証券(600837 CH)は共に
    値幅制限いっぱいの10%安。中国証券監督管理委員会(証監会)が
    両社などに対し株取引の新規顧客への融資停止処分を下した。上海総合指数のボラティリティ (変動性、30日間)は5年ぶりの高水準となった。
    証監会による今回の処分は、借りた資金で株式を購入する信用取引の
    急増を当局が抑制しようとしているとの懸念を生んだ。
    信用取引向け融資残高は13日時点で1兆800億元(約20兆3000億円)に増加。
    昨年6月末は約4000億元だった。個人投資家の積極的な売買を受け、上海総合指数 は過去1年で61%上昇した。  
    交銀国際の洪灝ストラテジスト(香港在勤)は「当局は株価上昇の勢いと
    ペースの速さを懸念している」と指摘。「信用取引向け融資は投資家が証券株に強気になってきた理由の一つ。
    これらの銘柄は特に勢いよく上昇していた」と述べた。  
    証監会は16日の取引終了後にミニブログを通じて、中信証券と海通証券、
    国泰君安証券の3社に対し、新規顧客への信用取引融資と貸株を3カ月停止する措置を下した。


    中国:大手証券会社3社に対し信用取引口座の開設停止処分
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEI956K50Y501.html

    【上海総合指数-7%近い暴落。各証券会社への口座開設停止措置が原因。】の続きを読む

    社名 現物取引 信用取引 投資信託
    1約定ごとの手数料 定額手数料 手数料 買取金利※1 貸株料
    SBI証券 50万円 293円
    100万円 525円
    300万円 994円
    1686円 206円 2.80%
    (3.09%)
    1.15% 1783本
    23時59分まで国内株式の取引が可能(一部時間帯を除く)で、夜間もリアルタイム取引を提供している。新規口座開設キャンペーンも実施中。
    岡三オンライン証券 50万円 378円
    100万円 648円
    300万円 1620円
    1944円 324円※3 2.60% 2.00% 133ファンド
    口座開設でもれなく株主優待本プレゼントキャンペーン、友達紹介キャンペーンなどを実施中。詳細はWebへ。
    カブドットコム証券 50万円 540円(税別)
    ※4
    100万円 990円(税別)
    ※4
    300万円 2790円(税別)
    ※4
    449円(税別) 2.98% 1.15%
    (1.5%)※5
    501本
    「300名に当たる! 株式入庫で2000円プレゼントキャンペーン」を実施中! 詳細はWebへ。
    GMOクリック証券 50万円 260円
    100万円 470円
    300万円 900円
    1660円 100円※6 2.1%
    (3.5%)
    1.10%
    新規証券口座開設で最大3カ月間「現物取引手数料無料」&新規信用口座開設で最大3カ月間「信用取引手数料無料」のダブルキャンペーンを実施中!(キャンペーン対象者に限る)
    松井証券 50万円 500円(税別)
    ※7
    100万円 1000円(税別)
    ※7
    300万円 3000円(税別)
    ※7
    3000円(税別) 現物取引と同様※8
    (「一日信用取引」は無料)
    3.10%
    (4.10%)
    1.15%
    (2.00%)(「一日信用取引」は0~2%)
    デイトレードなら、約定代金や約定回数にかかわらず手数料が無料の「一日信用取引」が人気! 詳細はWebへ。
    マネックス証券 50万円 486円
    100万円 1080円(1620円)
    ※9
    300万円 3240円(4860円)
    ※9
    2700円※10 現物取引と同様 2.80%
    (3.47%)
    1.15%
    (―)
    795本
    米国株への投資は業界最安水準の手数料と約3000の圧倒的な取扱銘柄数を誇る。特定口座にも対応!
    ライブスター証券 50万円 194円
    100万円 367円
    300万円 648円
    1512円 86円 2.3%
    (―)
    1.10%
    (―)
    2本
    「2014年度オリコン顧客満足度ランキング」ネット証券部門の手数料の満足度で第1位を獲得。株式手数料0円キャンペーンを実施中!
    楽天証券 50万円 368円
    100万円 657円
    300万円 1244円
    3240円 486円 2.85%
    (3.09%)
    1.10%
    (―)
    1731本
    NISA口座開設に必要な住民票を代理で取得するキャンペーンを実施中! 詳細はWebへ。
    アイザワ証券 50万円 799円
    100万円 1620円
    300万円 1620円
    799円 1.99% 1.15% 87本
    NISA口座の開設でクオカード2000円分をプレゼントするキャンペーンや、移管手数料返金キャンペーンを実施中。詳細はWebへ。
    エイチ・エス証券 50万円 617円
    100万円 1080円
    300万円 1852円
    2700円 494円 2.98%
    (4.00%)
    1.15%
    (―)
    100本
    新規口座開設で約3カ月間、手数料が無料!現物取引や信用取引を何回しても0円。詳細はWebへ。
    大和証券「ダイワ・ダイレクト」コース 50万円 1863円
    100万円 3726円
    300万円 9427円
    3240円 308円 2.80%
    (3.00%)
    1.15%
    (1.50%)
    291本
    NISAスタートアップキャンペーン(2000円プレゼントなど)を実施中。12月30日まで。詳細はWebへ。
    SMBC日興証券ダイレクトコース 50万円 1863円
    100万円 3726円
    300万円 9234円
    0円※11 2.54%
    (2.54%)
    1.15% 791本
    NISA口座で株式投信の購入手数料0円、金額・株数指定取引「キンカブ」の購入時スプレッド0%(いずれも12月30日まで)。
    野村證券「野村ネット&コール」 50万円 515円
    100万円 1029円
    300万円 3086円
    2571円※12 515円※13 3.00%
    (3.00%)
    1.15% 711本
    7月22以降の約定分より、1注文の約定代金300万円以上の取引について信用取引料が無料になるキャンペーンを実施。詳細はWebへ。
    むさし証券「トレジャーネット」 50万円 237円
    100万円 475円
    300万円 475円
    1296円 237円 1.39%
    (2.39%)
    1.15%
    (―)
    61本
    信用金利を引き下げ、ますますお得に! 信用取引なら「トレジャーネット」。詳細はWebへ。

    ※データは2014年10月1日現在。手数料は、特記のないものは税込み。*1…( )内は一般信用取引の金利。大口顧客の金利は別途。*2…投信本数は上場投信ならびにMMF、MRFを含まない本数。*3…定額は月間売買実績により段 階的減額あり。*4…「約定代金×0.09%+90円(税抜き)」(上限3690円)。*5…一般信用(売短)の貸株料は3.9%。*6…約定ごとプランの場合。*7…1日当たりの約定金額合計で決まる定額手数料で計算。*8…一般日計りは片道分 無料。*9…( )内は指値注文手数料。*10…月間利用回数により、段階制の手数料割引あり。詳細はホームページを参照。*11…新規建て、返済とも。*12…300万円まで。以降、300万円増すごとにプラス2571円。*13…「そのつど プラン」の場合で、約定代金にかかわらず一律。「まとめてプラン」の場合は300万円まで2571円、以降300万円増すごとにプラス2592円、最大1万285円。

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/10/27(月) 21:41:41.05 ID:???.net
    円安が進んでいる。円安は輸入品の値上げに直結、食料品など身近な生活必需品の値上がりが相次ぎ、
    家計は負担を強いられそうだ。節約や投資など家庭ではどのような対策が可能なのだろうか。(平沢裕子)

     省エネ家電に注目

     国内の原発稼働停止で輸入燃料に頼る電力関連では、電気料金のさらなる値上げが予想され、
    節電が一番の対策となる。特に消費エネルギーの大きい冷蔵庫などの家電は、最新の省エネタイプに
    取り換えることで、結果的に大きな節約につながる。

     東京電力によると、平成12年製の冷蔵庫(400~450リットル)を同じ大きさの22年製省エネ製品に
    換えると、年間480キロワットの節電で1万2430円の節約となる。
    また、白熱電球(54ワット)を発光ダイオード(LED)電球に換えると、年間96キロワットの節電で
    2480円の節約が可能となる。
     家庭で使う電流の大きさ(アンペア)があらかじめ設定されている場合は、見直すのも一つの手だ。

    東電や北海道電力など「契約アンペア制」をとっている電力会社の場合、契約アンペアを引き下げることで
    基本料金を下げることができる。

     新築マンションでは50アンペアや60アンペアなど比較的高いアンペアが設定されていることがあるが、
    40アンペアもあれば十分な家庭は多いという。東電の場合、50アンペアを40アンペアに変更することで、
    基本料金が年間3372円安くなるという。

     必要な分だけを

     円安の影響で食料品の値上げも相次いでいる。これから冬にかけて、コーヒーやワイン、即席麺などの
    値上げが予定されており、買いだめしておこうという人も多いだろう。

     加工食品は保存性が高いとはいえ、賞味期限がある。期限を多少過ぎたものを食べたからといって
    健康を害するわけではないが、味は落ちていく。食べておいしくなければ、結局は捨てることになりかねない。
    期限内に消費できるかを考えた上で必要な分だけ買うようにしたい。

    ファイナンシャルプランナーの綾田亨さんは「麺類などの食料品は買いだめしても置き場所に困る。
    個人的には食料品や日用品の買いだめは苦労の割には得しないと思う。円安に備えた買い物を
    強いてあげるとすれば、今後買う予定だった海外製の高級グッズを前倒しで買うぐらいでしょうか」と指摘する。

     「米ドルがお薦め」

     円安で注目が高まっているのが、銀行の「外貨預金」や証券会社の「外貨MMF(マネー・マネジメント・ファンド)」
    などの外貨建て投資商品だ。円を米ドルやユーロなど外国のお金で運用する金融商品で、
    円安が進むと為替レート(円と外貨の両替の価格)による利益が出るためだ。

     例えば、1ドル=100円のときに10万円預けたお金が、円安で1ドル=110円になれば11万円に増え、
    金利は別にして為替レートだけで1万円の利益が出る。

     ただ、外貨預金は「預金」といっても預金保険制度の対象外なので、金融機関が破綻した際、
    普通預金や定期預金のように預けたお金が一定額まで保護されるわけではない。

    また、気を付けたいのは、預け入れる際と引き出す際に為替手数料がかかること。例えば1ドル=100円として
    10万円分のドルを買った場合、為替手数料が1円なら預入時に千円、引き出し時に千円、合計2千円かかる。
    このため、預け入れたときと引き出すときの為替レートが同じなら、為替手数料分損をすることになる。

     為替手数料は銀行や証券会社によって異なり、一般的に外貨預金よりも外貨MMFが、
    一般の銀行・証券会社よりもネットバンク・ネット証券が安い。

     投資なのでリスクはあるが、綾田さんは「しばらく円安傾向は続くとみられており、今は外貨建て投資のチャンス。
    通貨はメジャーな米ドルがお薦め。金額としては、例えば毎月3万円貯蓄できる人ならそのうちの1万円を回すのも一案」
    とアドバイスしている。

    http://www.sankeibiz.jp/images/news/141026/ecc1410261708001-p1.jpg
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/141026/ecc1410261708001-n1.htm

    【進む円安。一方で注目が集まる外貨預金や証券会社の外貨MMF。】の続きを読む

    このページのトップヘ