株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:純利益

    d1455-370-827147-0

    1: coffeemilk ★ 2015/08/14(金) 01:40:30.44 ID:???.net BE:287993214-PLT(14012)
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_chinsyu.gif
    2015/8/5 23:36

     カカクコムが5日発表した2015年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比32%増の29億円だった。グルメサイト「食べログ」が好調だった。
    利用者数の拡大に伴い有料で情報掲載を希望する飲食店などが増えた。個人向けの有料サービスの会員数も伸びた。

     売上高は17%増の93億円。「食べログ」関連の売り上げは30%増となった。スマートフォンを介した利用が伸びており、6月の月間利用者数は6722万人と1年前比で19%増加した。
    旅行や不動産関連の情報サイトでも手数料収入を伸ばした。

     16年3月期通期の業績予想は据え置いた。純利益は21%増の131億円を見込む。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO9019926005082015DTD000/

    【カカクコムの純利益32%増。食べログが好調。】の続きを読む

    marubenilogo341

    1: coffeemilk ★ 2015/08/14(金) 01:38:13.35 ID:???.net BE:287993214-PLT(14012)
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_chinsyu.gif
    2015/8/5 23:32

     丸紅が5日発表した2015年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比3%増の710億円と同四半期として過去最高を更新した。資源関連の不調を、農業資材などを手がける米子会社や海外での不動産開発など、非資源部門の伸びで補った。
    前期の資源関連での損失計上や事業売却により税負担が減り、利益を押し上げた。

     市場予想の平均値(QUICKコンセンサス)は588億円だった。予想を120億円超上回る好決算に、午後2時の決算発表後、株価は急伸。
    一時709円80銭と前日比4%上昇した。終値は3%高の703円10銭だった。

     部門別では生活産業が27%増益とけん引した。情報関連での株式売却益の計上や中国でのマンション販売が増加した。米穀物子会社ガビロンは引き続き苦戦している。
    電力・プラントは、海外での独立系発電事業者(IPP)の持ち分売却や上場に伴う利益計上があった一方、プラント関連で損失が発生。併せると減益だった。

     エネルギー・金属は原油や銅価格の下落が響いて55%の減益となった。

     16年3月期通期の純利益は前期比70%増の1800億円と従来予想を据え置いた。足元で期初想定を下回っている原油や銅などの価格を考慮したためだ。
    それでも第1四半期時点での進捗率は39%と高水準で、「現状の価格が続けば7~9月以降にそれなりの影響が出てくるが、年間計画は達成できる」(松村之彦最高財務責任者)としている。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO9019807005082015DTB000/

    【丸紅、純利益最高710億円。生活産業がけん引。】の続きを読む

    icon_softbank

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/06(木) 21:26:28.92 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASFL06HL1_06082015000000

    ソフトバンクグループが6日発表した2015年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比2.8倍の2133億円だった。
    前年同期にあったアリババの転換優先株に絡んだ一時的な損失がなくなった。さ
    らに、業績が好調なアリババからの持ち分法投資利益434億円(税効果考慮後)を計上したことが純利益を押し上げた。
    市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(7月23日時点、5社)の1350億円を大幅に上回った

    営業利益は前年同期比8%増の3435億円だった。国内通信事業は光通信サービスが堅調に推移、
    コスト削減を進めたことも奏功した。もっとも移動通信サービスの新規契約から解約を差し引いた純増契約数は2万件と前年同期の8万件から減った。

     売上高は10%増の2兆1390億円だった。米国スプリント事業では円安により売り上げが膨らんだ。
    孫正義社長は「スプリントはここ何年の中でも最も低い解約率だった」と自信を見せた。
     16年3月期通期の業績見通しは、業績に影響を与える未確定な要素が多いため、未定のままとした。ソ
    フトバンクは活発にM&A(合併・買収)を繰り返すため損益が変動しやすい。
     ソフトバンクの業績には米スプリントの動向に注目する声が多い。一
    方で、「国内のスマホでは大容量の高額契約の市場が広がりつつある」(野村証券の増野大作アナリスト)との声もあった。

    【ソフトバンク、1Q決算は純利益2.8倍の2,133億円。アリババ好調。】の続きを読む

    20130404_hiro_15

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/04(火) 18:05:22.02 ID:???.net
    http://netgeek.biz/archives/44734
    http://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/08/ldh_kessan.png?resize=338%2C361
    LDHといってもライブドアホールディングスではなく、EXILEの芸能事務所のほうだ。
    ダンサーのHIRO(五十嵐広行)が2002年に起業した会社は約12年で上場してもおかしくない規模にまで成長した。
    財務状況が明らかになったのは以下のツイートがきっかけだった。決算公告で非公開企業LDHの実態が明らかになったのだ。

    注目すべきは当期純利益が27億2300万円もあるところ。LDHは資本金こそ1840万円と多くはないが、
    がっぽりと儲けていた様子。資産が約150億円もある点も驚きのポイントだ。
    社名のLDHはLove、Dream、Happinessの頭文字をとったもの。


    意外と単純でヤンキーが好きそうな言葉が並んでいるだけなので稚拙さを感じるが、芸能事務所としては
    今や多くの所属タレントを抱え、ダンススクール「EXPG」も展開している。
    EXILEのマネジメントから始まった同社がシナジー効果が発揮できる分野に徐々に展開していき、確実にシェアを握っていったのは
    HIROの適切なディレクションがあってこその結果といえよう。
    噂では、学習指導要領でダンスが必修化されたのはダンスを主軸に事業を展開しているHIROが働きかけたからだとも言われている。

    あくまで噂なので真実は分からないものの、追い風を味方につけたのは間違いない。昔からあるダンス関連事業は意外にも成長市場に変質したのだ。
    LDHの前身となる会社「エグザイルエンタテイメント有限会社」は、2002年にEXILEの初期メンバー6人が50万円ずつ出資して資本金300万円で設立した。


    そこから地道に活動を続け、ついにここまで成り上がったのだ。給与システムはベンチャーには珍しい
    年功序列で長く貢献したものが報われる仕組みになっている。またマイルドヤンキーから絶大な支持を受ける独自のポジショニングには、
    「ジャニーズ事務所と競合しない」というメリットもあった。
    これまで「ダンサー」「芸能人」というイメージが強かったHIROの評価は今「起業家」に変わりつつある。

    【EXILEグループ所属のLDHが決算公告、当期純利益27億円と発表。】の続きを読む

    main

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/14(火) 23:13:44.69 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLZO8931620014072015DTA000

    近鉄百貨店が14日発表した2015年3~5月期の連結決算は、純利益が前年同期比44%減の2億2200万円だった。
    日本一の高層ビル「あべのハルカス」(大阪市)の集客効果が一巡したことで、昨年3月に全面開業した旗艦店、あべのハルカス近鉄本店が苦戦した。

     売上高は10%減の660億円だった。このうち、あべのハルカス近鉄本店は9%減の247億円だった。
    女性向けファッション売り場を改装したことに加え、訪日外国人の免税需要を取り込むためにドラッグストアや専用サロンを設けたが、補えなかった。

     昨年3月に消費増税前の駆け込み需要が膨らんでおり、その反動減で今3~5月期の店舗別売上高は
    全10店で前年同期を下回った。奈良店(奈良市)でアクセサリー売り場を改装するなどしたが、
    あべのハルカス近鉄本店以外の店舗も前年同期を2~6%下回った。

     3~5月期の業績は「期初の想定通り」(幹部)としており、16年2月期通期の連結業績予想は据え置いた。
    通期の最終損益は7億円の黒字(前期は20億円の赤字)、売上高は2%減の2750億円を見込む。

    【近鉄百貨店が純利益44%減。旗艦店あべのハルカス苦戦。】の続きを読む

    このページのトップヘ