株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:破綻

    ダウンロード

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/01/17(土) 10:54:07.62 ID:???.net
    スイス国立銀行(中銀)が一転してフランの対ユーロ上限を撤廃した「スイスフランショック」の余波が
    世界的に広がっている。個人投資家が多額の損失を被り、仲介していた為替業者が破綻に追い込まれるなど、
    当局も対応に乗り出した。

    影響は銀行大手にも及んでいるもようで、関係筋によると、英銀バークレイズは、数千万ドルの損失を被る恐れがある。

    個人向けブローカーのアルパリUKは16日、顧客の損失を肩代わりせざるを得ない状況に追い込まれたとして破産を申請。

    ニューヨーク市場に上場する外為取引プラットフォーム運営のFXCMは顧客の損失が約2億2500万ドルに上り、
    この結果、自己資本に関する一部規制に抵触した可能性があるとの見解を示した。
    FXCMをめぐっては、投資銀行のジェフリーズと救済をめぐり協議しているとの関係筋の情報も出ている。

    ニュージーランドの為替ディーラー、グローバル・ブローカーズNZも、巨額の損失を負って閉鎖に追い込まれた。

    個人投資家による為替取引は、長い取引時間やコストの低さに加え、比較的少ない手元資金で高リスク取引が
    可能な点などが人気を集め、過去15年で急増した。国際決済銀行(BIS)によると、現在2兆ドル近くに達する
    スポット相場の1日の取引高のうち、個人投資家は全体の4%近くを占め、ほぼ皆無だった1990年代から
    急速に伸びたことがうかがえる。

    個人投資家の割合は、金融システム全体にリスクを及ぼすまでの水準ではない。だが個人向けの為替業者は銀行に
    比べて巨額損失に対する耐性が脆弱で、英米、ニュージーランド、香港の金融当局は、市場の混乱で損失が
    発生しているとの報告を受け、ブローカーや銀行を調査していると明らかにした。

    ただ、すべての為替業者が損失を被った訳ではない。

    米ゲインキャピタルホールディングスは16日、市場の混乱の中で利益を確保したと明らかにし、財務基盤の力強さにより
    市場シェアを拡大できるとの見通しを示した。同社株は中盤の取引で3.6%値を上げている。

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KP2AJ20150116?feedType=RSS&feedName=topNews

    【「スイスフランショック」の余波で、仲介為替業者が次々と破綻に追い込まれる。】の続きを読む

    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 14:23:24.18 ID:???0.net
    「景気回復、この道しかない」――。解散総選挙で安倍自民党が掲げた景気浮揚策は日本に
    「格差」という負の側面をもたらしている。実際に、「不測の事態」が少しでも起これば、
    貧困の波に飲み込まれる者が後を絶たないのだ。ここでは、平均的な年収があるにもかかわらずローン破たんに陥ったケースを紹介しよう。

    ◆年収90万円ダウンが住宅ローン返済の負担に。マイホームを処分!
    ●岡野行雄さん(仮名・45歳)
    電子部品メーカー
    年収510万円

    [家計簿]
    家賃    5万円
    水道光熱費 1.5万円
    通信費   1.5万円
    食費    4.5万円
    養育費   20万円
    雑費    4.5万円

     マイホーム購入の際、多くの人が利用する住宅ローン。だが、払いきれずにローン破綻してしまう40代が急増している。
    「もし手放すのがあと1年遅かったら、ローン破綻で家は競売にかけられていたと思います」
     そう振り返る岡野行雄さん(仮名)は、’99年に4300万円のマンションを都内に購入。そのときに組んだのが35年3000万円の住宅ローンだった。
    「私の収入なら十分払える金額でした。でも、’07年のリーマン・ショックで状況が一変。当時600万円だった年収がたった
    2年で510万円まで下がったんです。月給はほとんど減らなかったため、月々の住宅ローン7万2000円を払うことは可能でしたが、
    夏冬のボーナスは60万→15万円となり、ボーナス時の支払い20万円が苦しく、不足分を貯金から回さなければならなくなりました」
     しかも、岡野さんには2人の子供がいる。長男を私立小学校に通わせていたため、貯金はリーマン・ショック直後のピーク時でも300万円程度。
    90万円の年収ダウン分を補填するにはあまりに少なく、’12年に貯金は底尽きた。
    「マイホームに執着するあまり、希望的観測を込めて『そのうち元の収入に戻るはず』と思うようにしていました。
    また、友人や同僚を招いてホームパーティもよく開いていて、周囲から『住宅ローンが払えずに家を処分した』と見られたくなかった。
    でも、結果的にそのチンケなプライドのせいでマイホームを手放すことになってしまいましたけどね」
     2500万円で家が売れたことで住宅ローンを完済。さらに500万円が手元に残り、長男を私立中学に進学させることができたが、
    都内から埼玉県某所にある家賃5万円の賃貸マンションに引っ越すハメに。通勤時間はそれまでの30分から80分になってしまった。
    「満員電車に長時間揺られるのが嫌で都内に家を買ったんですけどね。この一件以来、みんな憐れむように私に接してくるし、
    詳しい事情を知らない子供は『前の家のほうがよかった』と文句ばかり言ってくる。私だってこんな家には住みたくないのに……」

     ローンを終えても、地獄の日々に終わりは見えない。
     12/22発売の週刊SPA!に掲載されている10ページの大特集『世代別[貧困と格差]ルポ』では、
    上記のような「リアル貧困物語」を世代別に取り上げ、貧困の元凶も世代別に徹底検証
    。明日は我が身なこの貧困と格差問題を多角的に分析し、貧困の波に飲み込まれない処世術にも言及している。
    誰にでも等しく押し寄せる貧困の波を読めれば、この格差社会も必ず乗りこなせるのだ! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141222-00770163-sspa-soci


    1の投稿日:2014/12/23(火) 12:57:11.04
    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1419343561/

    【年収90万円ダウン。払いきれない住宅ローンで破綻に陥る40代が急増。】の続きを読む

    このページのトップヘ