株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:株価上昇

    post_2396_20130626

    1: Hi everyone! ★ 2015/04/28(火) 09:06:02.88 ID:???.net
    ソース(日経ビジネス、「上野泰也のエコノミック・ソナー」)
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150424/280350/

     日経平均株価は4月10日朝、約15年ぶりに2万円の大台を回復した。いったん調整地合いになったものの、22日には終値でも2万円台
    を回復。23日には一時2万252.12円まで上昇した。株式市場関係者の間では、さらに上昇するという見方が支配的となっている。

    ■正体は、カネ余りと官製相場

     今回の日本株上昇局面については、日本経済のデフレ脱却見通しや企業の構造改革が海外投資家によって評価されたものだと、
    強気派からは見なされている。だが、「グローバルなカネ余り」+「官製相場」が今回の日本株大幅高の基本的な性格だという認識を、
    筆者はまったく変えていない。

     また、日本企業の利益が2015年度は前年度比で大幅に増加するだろうと予想したうえ、このことに先行して上昇した株価水準を結果的に
    正当化するのではないかという見方が、強気派から出ている。

     だが、内外のマクロ経済環境、すなわち、持続的で力強い「けん引役」が相変わらず不在であるうえに、デフレ脱却の見通しが立たない
    国内の経済と、「米国一強」だがその米国の景気・企業収益見通しも足元でぐらついている世界経済全体の状況に鑑みると、上記の大幅
    増益説は、冷静に考えれば少なくとも現時点では説得力を欠く。

    ■「今回ばかりは違う」こそバブルの特徴

     また、日本企業の「稼ぐ力」が改革を経て飛躍的に高まったのではないかという意見や、ROE(株主資本利益率)重視の企業経営へと
    変わりつつあるといった見方は、実は15年前の「IT(情報技術)バブル」当時にもしばしば聞かれた話である。

     「今回ばかりは違う」というコンセプトこそが、実はバブルの大きな特徴(株価などの上昇を正当化するための言い訳)であることも、
    忘れてはならない。

     いくつかの株価関連指標を見ると、今回の株高がヒストリカルに見てかなり危ういゾーンに入ってきていることがうかがえる。

     まず、日本取引所グループ(JPX)から公表されている東証1部の時価総額(普通株式ベース)。4月23日時点で584兆1614億円まで増加
    した。東証1部の時価総額が500兆円を超えた局面は、今回を入れて3回しかない<図1>。

    ■図1:東証1部時価総額(月末、普通株式ベース)
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150424/280350/graph_01.jpg
    注:01年までは整理銘柄を除く。(出所)JPX

     ① 89年末に日経平均株価がピークをつけた前後の局面(89~90年)、②米国で住宅バブルが膨らみ世界経済が居心地のよい
    「ゴルディロックス」状態だと言われる中で株価が世界的に高騰した局面と、その崩壊が始まった後の初期局面(2005~2007年)、
    そして③今回(2014~2015年)である。99~00年の「ITバブル」局面では、500兆円には届かずに反転した。

    >>2以降に続く)

    ※スレ立て時に全文閲覧確認済…04/28 9:03

    【今の株価上昇は危険。実体なき流動性相場の動き。】の続きを読む

    最もお得な株主優待は何か?

    アベノミクスで日本の株価は上昇しました。しかし、まだまだ利回りの観点から魅力ある株主優待銘柄はたくさんあります。株主優待は人生の嬉しいプレゼント!
    アベノミクスで日本の株価は上昇しました。しかし、まだまだ利回りの観点から魅力ある株主優待銘柄はたくさんあります。

    もっとも、どの銘柄の株主優待が一番良いかというのは一概に決められません。株主優待はその人によって価値が変わってきてしまうからです。たとえば、住宅メーカーで自宅を注文建築した場合に5%を割引きする優待があったとします。3000万円の家を建てれば150万円のとても大きな株主優待ですが、家を建てない人には無用の長物です。ハウスメーカーはちょっと極端な例かもしれませんが、宿泊券や施設利用権なども近くにその施設がなければ、あまり意味がありませんよね。

    また、現金配当と違って、優待は完全な従量制ではありませんから、有利な優待だからといって大量に購入することはできません。ともあれ、何が一番良い内容なのかは人によって異なってきてしまいますから、何が一番良い株主優待銘柄かは人によって異なってしまうのです。

    業績や株価動向も注意する必要がある

    また、肝心の日本経済や株式市場が万が一、下向きになるようだと、株価が下がり、折角株主優待をもらっても、合計では実質的にマイナスになってしまう可能性もあります。また、突如、優待内容の変更してしまう可能性もゼロではありません。

    一応、以上を前置きした上で、ガイドが選ぶ株主優待のトップ5を、あくまでも主観的な評価でランキングしてみたいと思います。基本的には優待の内容が一般的に利用しやすい、あるいは換金しやすいものであることが1つの条件で、その上で通常配当と併せて、最終配当利回りが高くなるものを選定しました(最低購入金額は2014年11月28日終値で計算しています)。

    ※利回りを計算する上での株主優待の評価方法は、額面として記載されている数字を参考としています(一部ガイドが推定)。予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください。(2014年11月28日の終値で計算しています)

    【アベノミクスで株価上昇。しかしまだ魅力ある株主優待。お得な株主優待は?】の続きを読む

    このページのトップヘ