株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:東証

    ダウンロード

    1: 孤高の旅人 ★ 2015/08/15(土) 03:52:55.58 ID:???*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000046-reut-bus_all

    郵政3社、11月4日に上場へ 東証が9月10日に承認
    ロイター 8月14日(金)13時18分配信

    [東京 14日 ロイター] - 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の郵政3社
    上場で、東京証券取引所は9月10日に上場承認を決定する方針だ。正式な上場は
    11月4日となり、2005年の小泉改革以来、曲折を続けた民営化が本格的に動きだす。
    日本郵政の連結純資産は15.3兆円で、時価総額としては7、8兆円程度と、
    NTT<9432.T>株以来の大型案件となる。 

    政府は、100%保有する郵政株を2、3年に1回のペースで3回にわけ
    約1.3兆円ずつ売却し、東日本大震災からの復興財源4兆円を確保したい考え。

    東証からの上場承認を踏まえ、政府は、国内外の機関投資家による需要が
    どの程度あるかを慎重に見極め、公開価格を決定する。まずは傘下金融2社の
    価格を決定し、その後、持ち株会社である日本郵政の価格を決める。

    通常なら取引所からの上場承認を経て1カ月程度で上場の運びとなるが、
    3社同時上場となる今回は1カ月以上かかり、実際の上場日は11月にずれ込む。

    上場時の時価総額は7、8兆円程度となる見通しだが、郵政の連結純資産に比べると
    割安感がある。上場後の郵政株の値上がりに期待する声が強まれば、昨年から
    始まったNISA(少額投資非課税制度)との相乗効果で、高齢者を中心に、
    新たに株式投資に参入する動きも広がりそうだ。

    政府は、売り出し株数や想定価格、国内外での販売比率について、正式承認までに
    主幹事証券会社と最終的な調整に入る。

    【郵政3社、11月4日に上場へ。東証が9月10日に承認。】の続きを読む

    toptaitoru2_01

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/29(月) 17:26:13.86 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HMS_Z20C15A6000000/

    東京証券取引所は29日、ジャスダック上場で半導体製造装置を手掛ける
    石井工作研究所(6314)が上場廃止の猶予期間に入ったと発表した。
    石井工研が提出した2015年3月期の有価証券報告書で、直近4期において
    営業赤字が続いているほか、営業活動によるキャッシュフローの額がマイナスであることが確認されたため。
    猶予期間は15年4月1日から16年3月31日まで。期間内に解消できなければ上場廃止となる見通し

    【東証、ジャスダック・石井工研の上場廃止の猶予期間入りを発表】の続きを読む

    main1

    1: 極限紳士 ★ 2015/05/09(土) 17:43:20.28 ID:???*.net
    7月1日に「うるう秒」 東証などトラブル警戒

    2015/5/9 12:22


     今年7月1日は午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「59分60秒」が挿入される。
    地球の自転などに基づく「天文時」と原子時計に基づく「原子時」のわずかなずれを修正する「うるう秒」だ。たかが1秒、されど1秒。
    高度なコンピューター社会では思いも寄らないトラブルを起こすことがあり、関係機関は対策を進めている。


     かつては天文時が使われていたが、1958年以降は原子時が世界標準になった。72年に始まったうるう秒は数年に1度挿入され、今回は3年ぶり26回目となる。

     「この1秒の準備に半年を費やす」。日本の標準時を管理する情報通信研究機構(NICT)の担当者は真剣な表情だ。
    1月以降、事業者への説明会や機器のチェック態勢、広報対応などの準備に追われる。

     以前、うるう秒はあまり問題視されなかった。だが、近年のコンピューターの進化で1秒当たりの処理能力が高まった上
    ネットワークの発達によって多くの機器が相互接続され、企業などの大規模なシステムへの影響が懸念されるようになった。

     実際、前回の2012年にはオーストラリアのカンタス航空で機器トラブルが起き、国内発着便に最大2時間以上の遅れが生じた。
    日本でも交流サイト(SNS)のミクシィで約4時間、サービスがつながりにくくなった。システムがうるう秒を処理しきれずに負荷が高まったためだという。

     今年7月1日は水曜日で、平日のうるう秒挿入は18年ぶり。万一トラブルになれば影響が拡大する可能性がある。

     午前9時に取引開始の東京証券取引所では、突然1秒が挿入されないように、1秒を午前7時からの2時間(7200秒)に“分散”して調整する。
    取引に大きな影響はない見込みだが、千分の1秒単位で注文が飛び交うだけに、東証は3月、関係先に留意事項の文書を通知した。

     立命館大の上原哲太郎教授(情報セキュリティー)は「うるう秒でトラブルが起きる可能性はゼロではないが、かなりレアケース。
    最大の被害はこの1秒のために多くのシステム担当者が準備に追われることだ」と話している。〔共同〕

     うるう秒 地球の自転速度が厳密には一定ではないために起きる「時間のずれ」を調整するための1秒。
    数年に1度、世界共通の標準時である「協定世界時」の1月1日か7月1日の午前0時直前(日本時間は1日午前9時直前)、世界同時に挿入される。
    もし実施していなければ、この50年余りで35秒程度のずれが生じた計算。4年ごとの「うるう年」は地球の公転の影響による。〔共同〕


    ソース
    共同
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H9Q_Y5A500C1000000/

    【7月1日に「うるう秒」東証はトラブル警戒。1秒を午前7時からの2時間(7200秒)に分散調整。】の続きを読む

    529


    </br>
    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">海江田三郎 ★</span> <span style="color: gray;"> 2015/04/25(土) 11:26:37.37 ID:???.net</span></div>
    <div class="t_b" > <a href="http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=113167" target="_blank">http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=113167</a> <br />  日本最大の金融取引所として知られる「東京証券取引所」(以下、東証)は、ニューヨーク証券取引所や <br /> ロンドン証券取引所と並び、世界の重要な金融センターの一つ。テレビのニュースや経済番組などでもよく紹介されるが、 <br /> 実は誰でも見学できる気軽な場所であることをご存じだろうか。 <br /> <br />  東京・日本橋の兜町にある同所は、2000年5月にかつて株式売買立会場であった跡地に“東証アローズ”という <br /> 情報提供スペースをオープンさせた。リアルタイムの投資情報を開示するほか、誰でも自由に見学できる施設に生まれ変わっている。 <br /> 見学は無料で予約なしでも入れるとあって、今では年間6万人もの見学者が訪れる人気スポットとなっている。 <br /> マーケット監理業務を行う“マーケットセンター”を中心に、施設内を歩きまわっての見学はもちろん、 <br /> 端末機を使った株式投資のシミュレーション体験などもできる。 <br /> <br />  現在、日本の証券取引人口は300万人ほどで、投資未体験者はまだまだ多い。 <br /> 同所は、そんな未経験者にも、証券投資に興味を持ってもらうことを目的としており、 <br /> 気軽に訪れて、楽しみながら投資について知ることができる。また、歴史や貴重な資料なども多く展示されており、 <br /> コアな投資家も満足できる情報が豊富に揃っている。 <br /> <br />  そこで今回は、東証アローズの魅力を6回にわたってわかりやすく紹介していこう。 <br /> まずは、東証がどんなところなのか、特徴や魅力などを挙げていく。 <br /> <br /> ■団体客、外国人にも人気 <br />  東証アローズへの見学者は、約6割が団体で、修学旅行の中学生や高校生、研修目的で来る上場企業などの社員、 <br /> ツアー旅行の観光客などが大半を占めている。一方、個人の見学者は、国内に限らず海外からの観光客も非常に多い。 <br />  人気の理由は、海外には一般の人が入れる金融取引所がないから。つまり、世界で唯一、 <br /> 一般の人が見学できる金融取引所は東証だけなのだ。その貴重さから、海外の観光客のみならず、 <br /> 有名人もわざわざこの地に足を運ぶことがあるほどだ。 <br /> <br /> ■見学できるのはこんなところ <br />  2階建ての同施設の1階には、証券史料ホールがあり、証券市場に関する貴重な史料が展示されている。 <br />  中2階に上がると、上場セレモニーなどが行われる“オープン・プラット・ホーム”がある。 <br /> さらに上がって2階フロアから回廊を歩けば、直径17メートルのガラスシリンダーで覆われた“マーケットセンター”を一望することができる。 <br />  2階の“マーケット・エクスペリエンス・コーナー”では、株式投資体験が可能。架空所持金を元手に、 <br /> 30分間、銘柄の売買が擬似体験できるコーナーとなっており、最終的な売上を競うなど、大人から子供まで楽しめるスポットといえる。 <br />  全体の見学時間は約1時間、株式投資体験を行うと1時間30分ほど。見学や体験するポイントや見どころは、別途詳しく紹介していこう。 <br /> <br /> ■VIPも頻繁に訪れる 運が良ければ会うことも! <br />  東証には、海外の高官やVIPの訪問もあり、頻度は週1回程度と非常に多い。政府や経済関係の要人が多いが、 <br /> 昨年は俳優のレオナルド・ディカプリオが、映画プロモーションのための記者会見を行ったことでも話題となった。 <br />  とはいえ、VIPの訪問日であっても、一般の見学者が追い出されるようなことはなく、普通に見学を続けられるのも東証の特徴。 <br /> 逆に運が良ければ、見学中に意外なVIPに遭遇するチャンスもあるのだ。現に私たちが取材した際も、 <br /> ミャンマー中央銀行総裁の訪問日で、一行が見学する様子を見ることができた。 <br /> <br /> ■経済のリアルを感じられる空間 <br />  東証アローズがあるのは、以前の株券取引立会場の跡地であるが、ガヤガヤした印象の当時の面影はなく、 <br /> 現在はスマートで洗練された空間となっている。その中で、株価の電光表示はくるくると回り続け、 <br /> 大型スクリーン上では日経平均株価や為替のリアルタイムな変化が表示される。刻々と変化する表示を見ているだけでも、 <br /> 「これがまさに金融取引所」という独特の感覚に浸れるに違いない。経済のリアルを感じながら、 <br /> 楽しく学べる“世界でただ一つ”の人気スポットといえるだろう。 <br /> <br />  次回は、東証アローズの楽しみ方について、さらに詳しく紹介していく。 </div><br />
    <!-- Generated by 2chまとめくす (http://2mtmex.com/) -->  【【株式】「東証」ってどんなところ? 社会科見学で“秘密”に迫る】の続きを読む

    このページのトップヘ