img_38529a98fadfd144516790ce171dd0d338368

1: 海江田三郎 ★ 2015/06/11(木) 15:57:46.56 ID:???.net
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-11/2015061105_01_1.html

早期退職に追い込まれた正社員や、無理やり派遣会社に転職させられた正社員が、
派遣社員として会社に戻ってくる―。従業員を6割も減らすリストラをすすめている半導体大手、
ルネサスエレクトロニクスで今、とんでもない事態が生まれています。
今国会での強行がねらわれる労働者派遣法改悪案の先取りともいえる実態を追いました。 (堤由紀子)
ルネサスはこの4年間で、4万8000人いた従業員のうち2万7000人の人員削減をおこないました。
2けたの営業利益率をなにがなんでも確保するために、人件費を削減してきたのです。

しかし、仕事が減ったわけではありません。残った労働者は、長時間労働に追い込まれています。
熟練した労働者に早期退職を迫り、応じなければ広域配転や部署変えをしてきたことも、
現場を混乱させています。ある労働者は、部署変えでまったく違う業務をさせられていましたが、
前部署の業務が回らなくなったため、戻って元の業務につく予定です。

「降格」と脅され
無法なリストラによるこうしたゆがみの一つが、派遣労働者の相次ぐ採用です。
大量に正社員を減らしておきながら、派遣社員の採用で仕事を回そうとしています。
とくに驚かされるのは、早期退職に追い込まれた正社員や、派遣会社に転職させられた正社員が、
派遣社員としてルネサスに戻っていることです。いい仕事をして貢献したいと踏ん張ってきた労働者を二重三重に踏みにじる、
あまりの無法ぶりです。
ルネサスは昨年9月30日付で3000人余、今年1月31日付で1800人を目標に、
早期退職に追い込んできました。この退職者は、再就職を人材派遣会社に頼らざるをえません。
その人たちがシスウェーブやKSKなどから派遣され、再びルネサスで働いています。
「主任に降格するぞ」と脅されて無理やり早期退職に応募させられた課長級の社員も、派遣社員として戻っています。
シスウェーブ、KSK、日本システムウェア、日立情報システムズ、テンプスタッフ、児玉電子、REVSONIC…。
ルネサスに派遣社員を送り込んでいる会社は多数あります。
インターネット上では、今もなお派遣の求人が続いています。
「半導体製品の評価」「マイコンの品質保証、品質管理」「半導体部品製造の設備立ち上げ・調整、設備メンテナンス、保全」
など職務もさまざまです。

追い出し部屋も
ルネサスは、早期退職を迫る面談で「キャリアプランセミナー」への参加を社員に命じていました。
その「セミナー」の実態は、人材派遣会社の宣伝でもありました。
退職を迫る面談で「こういう会社からぜひ来てくれと言われている」と紹介された会社が、
実は派遣会社だったと後から判明したケースもありました。
また、「君には与える仕事がない」「あなたには仕事はないが、私は会社に残って会社を立て直す」などと退職を強要し、
応じない労働者を派遣会社パソナテックに出向させました。「きょうからあなたの仕事は自分の転職先を探すことです」と、
毎日、自分の転職先を探させる事実上の「追い出し部屋」をつくりました。
パソナテックは、派遣法改悪案の旗振り役である竹中平蔵氏が会長を務めるパソナグループの企業です。
労働者派遣法改悪案では、正社員の「常用代替」防止原則も、「派遣は臨時的・一時的に限る」原則もなくなり、
永続的な派遣が可能になります。「解雇の金銭解決制度」が加われば、ルネサスで起きている
異常な事態が合法的に一気に広がる危険性があります。

労働者の人権を無視
電機・情報ユニオンの米田徳治委員長の話 正社員の首切りとセットにして派遣労働者を雇用する、
しかも正社員だった労働者を再び派遣社員として雇うというルネサスのリストラはまったく大義がありません。
労働者の人権を無視した、企業としてあるまじき行為です。
低賃金で不安定な労働者を一気に増やすものであり、「高度な技術を安く買う」などというやり方が許されれば、
優秀な技術者も流出してしまいます。

ルネサスはこうした「先取り」を一刻も早くやめるべきですし、派遣法改悪案は絶対に許してはなりません。

【早期退職させられた課長級社員が派遣社員として出戻る。】の続きを読む