株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:投資信託

    what_fig_1

    1: 中年'sリフト(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 15:12:17.20 ID:Nyz7nUSA0.net BE:508312455-PLT(12002) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372182.gif
    http://jp.reuters.com/article/2015/08/06/column-forexforum-hideokumano-idJPKCN0QB03C20150806
    [東京 6日] - どうやら日本の景気は、景気後退期と判定されてもおかしくない情勢になってきた。
    一般的に景気判定では、内閣府「景気動向指数」のCI一致指数が注目されるが、目下、そのデータはわかりにくい。
    むしろ鉱工業生産指数に注目すると、生産水準のピークは2015年1月であり、2―6月にかけて水準を落としている。原因は輸出の減少である。

    この輸出減少は、日本特有のものではなく、海外経済とシンクロしたものだ。オランダ経済政策分析局のデータでは、
    世界の貿易取引量が2014年12月をピークにして下落に転じている姿になっている。日本経済もその下押し圧力にさらされているのだろう。

    内訳では、新興国の輸出入量の落ち込みが2014年秋から始まっていて、それが欧州や日本にも及んだ可能性がある。
    おそらく中国経済の悪化が、エネルギー需要を押し下げたり、近隣アジア諸国および日本の輸出減を誘発したからだと考えられる。

    <消費増税悪玉論は的外れ>
    別の仮説として、消費増税の影響が2014年4月以降の日本の景気動向指数を悪化させたのではないか
    という見方をする人も多いだろう。筆者は、その仮説を支持しない。
    確かに、強い先入観を持って見ると、景気悪化の要因は「消費増税だ」と判断しがちである。
    しかし、正確にデータを分析すると、2014年4月以降の景気悪化は、輸出拡大が2014年7―12月に強まったことに伴う
    生産活発化によって一巡している。
    だから、2015年になってからの変化は、消費税要因とは別だと見る方が自然だ。2015年に入ってからの変化とは、
    それまで景気回復のけん引役だったはずの輸出が下向きに変わったことである。
    この下押し圧力が、製造業のみならず、第3次産業全体にも及んでいるところが不気味だ。経済産業省「第3次産業活動指数」では、
    2015年1月を山に、指数の動きが腰折れした形状に変わっている。
    運輸、卸売などを含めた広義の対事業所サービスがここにきて悪化している。
    海外経済の悪化が、製造業以外にも広く及んでいる可能性を示唆している。

    【3,300万買って月配当45万、4年で1.2倍程とか投資信託手数料高すぎ。】の続きを読む


    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/07(日) 16:08:39.18 ID:???.net
    http://www.asahi.com/articles/ASH664SHJH66ULFA001.html

     投資信託の資産残高が5月末、初めて100兆円を超えたもようだ。株高と円安で運用益が増え、
    少額投資非課税制度(NISA)も追い風になった。超低金利時代に、少しでも利益を得たい個人投資家のお金が流れ込んでいる。

     投信は不特定の投資家から集めたお金をまとめ、運用会社が国内外の株や債券に投資する商品。1万円程度から買える。

     投資信託協会のまとめでは、証券会社や銀行で買える公募投信の残高は4月末で99兆1636億円。
    11カ月連続で過去最高を更新した。複数の関係者によると、5月も資金が流入し、流入超過は23カ月連続になる見通しだ。

    【投資信託の資産残高が100兆円突破。株高と円安、NISAが追い風に。】の続きを読む

    889c97eb-s

    1: 海江田三郎 ★ 2015/04/27(月) 20:09:53.85 ID:???.net
    http://news.mynavi.jp/news/2015/04/27/113/
    このところ株価が堅調な動きを見せていることから、投資信託の売れ行きが伸びています。
    投資信託の購入者は初心者も多く、この商品が本格的に動き始めると、相場はさらに上昇するともいわれます。
    日本人は投資に消極的といわれていますが、マインドは変わったのでしょうか。
     野村証券グループの資産運用会社である野村アセットマネジメントは4月、購入希望者があまりにも多いことから、
    同社の投資信託である「日本企業価値向上ファンド」の募集を一旦打ち切りました。投資信託は、人気があるからといって、
    無制限に売ればよいという商品ではありません。急に運用資産を拡大してしまうと、自らの売買で相場を動かしてしまう
    可能性があるからです。このため同社では一旦販売を打ち切り、5月に第2弾の販売を開始することになりました。
     この投資信託が大ヒットとなったのは、株価が好調であることに加え、自己資本利益率(ROE)の改善が期待できる
    企業に投資するという、新しい運用方針が提唱されていることが大きな要因と考えられます。

     安倍政権は、日本企業におけるコーポレート・ガバナンスの改善を成長戦略として掲げており、
    東証もこれに応じて上場ルールを変更しました。130兆円の公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も、
    国債中心から株式中心に運用方針の変更を行うとともに、コーポレート・ガバナンスを重視せず、
    ROEが低いままの企業には積極的に投資しない方針を明らかにしています。
     このため、ROEの向上が見込める企業には、継続して買いが集まる可能性が高まっており、同ファンドはこうした銘柄の値上がり益を狙っています。

     投資信託は運用をプロに任せることができる商品です。毎年、運用手数料が発生しますから、
    購入した投資家は、手数料を差し引いた分しか利益を得ることができません。
    しかし、銘柄の選別や売り買いのタイミングなどを自分で決めるのは難しいため、
    初心者を中心に、投資信託を選択する人も一定数存在します。つまり、投資信託の販売が伸びているということは、
    投資家の裾野が広がってきた可能性が高いということになります。

     投資信託の販売拡大には二通りの解釈が成立するといわれています。
    ひとつは、これまで投資に興味のなかった層も株式投資に関心を持ち始めており、
    これからさらに相場が上昇するというもの。もうひとつは、すでに相場が末期に差し掛かっているというものです。

     日本人は投資に消極的と言われますがそうとも言い切れません。横並び意識が強いため、
    当初は動きが鈍いものの、周囲の人が投資を始めると次々と市場に参加する可能性があります。
    80年代のバブル相場末期には、これまで株に一切興味がなかった人たちが証券会社に足を運んでいました。
     確かに、このような状態になると、ROEやPER(株価収益率)といった指標は無視され、どんな銘柄でも買われるようになります。
    現在は、これらの指標との整合性が重視されている段階ですし、投資をしているのはまだ一部の人たちです。
    投資信託の販売拡大は、これから相場が上昇するサインなのかもしれません。

    【投資信託の売れ行きが好調。本格始動で相場は更なる上昇の可能性。】の続きを読む

    jcoolのここが魅力!

    企業の新規公開(株式市場への上場)を、企業にとって第二の創業期と位置付け、これを契機に新たに成長を加速する企業に投資します。

    投資助言を行なうのは、中小型株運用のベテランファンドマネージャーが率いる、独立系の投資助言会社エンジェルジャパン・アセットマネジメント。原則的に新規公開するすべての企業と面談し、銘柄を選択します。

    銘柄選択のポイントは、中長期で高成長を遂げる戦略、短期的な業績の信頼性、経営者の理念や志、財務など。これらを総合的に判断し、組入れ銘柄を50前後に絞り込み、1社について数回に分けて時間分散を図りながら投資します。

    新興企業の中には成長余力が大きい銘柄も少なくありませんが、それを個人で見つけるのは困難。プロの手腕に期待したいところです。

    運用のポイント

    ファンドは新興企業を投資対象としているため、値動きが大きいことは否めません。国内の大型株に投資するファンドと組み合わせて活用するのがおすすめです。

    リーマンショック後は比較的値動きが堅調なほか、景気回復局面では大型株より小型株の方が早く値上がりする傾向があります。逆に景気の下落局面や金融不安が生じる局面では、銘柄を問わずに値下がりしがちです。ある程度じっくり運用できる資金を充てる、こまめに利益確定する、といった運用を心掛けましょう。

    運用レポートにある組入れ銘柄についての解説にも注目。国内のどんな企業、ビジネスが台頭しつつあるのかを知ることができます。運用会社のウェブサイトでチェックできます。

    ◆「jcool(ジェイクール)」SBI小型成長株ファンド 商品情報


    運用会社・・・SBIアセットマネジメント
    信託期間・・・2005年12月~無期限
    基準価格・・・2626円
    純資産総額・・・約42億円
    騰落率・・・6か月:2.4% 1年:▲12.7% 3年:1.7%
    信託報酬・・・0.01785
    販売手数料・・・上限3.15%
    運用会社URL・・・http://www.sbiam.co.jp/

    ※基準価格と騰落率、純資産総額については2012年6月15日時点。基準価格と騰落率は課税前分配金再投資ベース。最新のデータは各社HPの目論見書や運用レポートなどを参考にして下さい。

    ※All Aboutより転載

    1: 名無しさん@お金いっぱい。 2014/10/12(日) 16:58:15.03 ID:obTY/pWw0.net
    前スレ
    ★投資信託の分配金で暮らしている人35★
    http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/market/1411860842/

    【投資信託の収益分配金で暮らすことは可能なのか】の続きを読む

    このページのトップヘ