株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:大塚家具

    img_18a7f88beda48681f13afd6fe698ea10381718

    1: 張り手(大阪府)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 11:35:32.99 ID:PB6blFW00.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
     父娘が経営権をめぐって異例の争いを繰り広げた大塚家具。結局は株主総会で娘の大塚久美子社長が勝利を収めたが、再び暗雲が立ち込めているようだ。
    父親の大塚勝久前会長と行動を共にした息子の大塚勝之前専務が、同社の幹部社員を引き抜き、新会社を設立する準備に入ったというのだ。
    勝久氏は今後も大塚家具社内に残って久美子氏の経営を監視する意向だといい、前代未聞の“お家騒動”は今後も続きそうだ。

     3月末に開催された大塚家具の株主総会では、役員人事をめぐって委任状争奪戦が繰り広げられた。その結果、「経営改革」を掲げた久美子氏が機関投資家の賛同を集め、再任された。

     関係者によると、久美子氏は勝久氏には引き続き最高顧問などの立場で社内に残ってもらう方向で調整中だという。
    しかし、勝久氏についた勝之氏と数人の幹部社員については、株主総会直後に人事部付に異動させ、法令順守などの面で問題がなかったか社内で調査している、といわれる。事情に詳しい関係者が明かす。

    「勝之氏や管理本部長ら数人の主要幹部は例の株主総会前、業務を放棄して勝久氏が霞が関ビルに借りた部屋に籠り、大口株主への働きかけに没頭していました。
    この行為が就業規則に違反していると久美子氏は問題視していて、最悪の場合は懲戒解雇などの処分が下る見込みでした」

     久美子氏の厳しい姿勢を察知した勝之氏らは処分前に退社した。そのうえで、高級家具の販売会社の設立準備を進めているのだという。
    「新会社には、委任状争奪戦で勝久氏を応援した家具メーカーなども商品提供で協力する意向だということです。
    勝久氏や勝之氏にとって、新会社は久美子氏の経営路線に反対する社員や取引先の受け皿としても活用できる存在にもなるわけで、久美子氏を揺さぶる考えではないか」と関係者はみている。

    烏賊ソース
    http://biz-journal.jp/2015/05/post_9856.html

    【大塚家具、息子の大塚勝之前専務が新会社設立準備か?】の続きを読む

    e0a213b8

    1: バックドロップホールド(東京都)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:25:01.25 ID:mFnoyrkE0.net BE:564368815-2BP(2000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    大塚家具、一連の騒動のおわびとして大規模セールを開始

    経営権をめぐり、親子が対立した「大塚家具」では、一連の騒動のおわびとして、18日から、大規模なセールが始まった。

    大塚久美子社長は「皆様、おはようございます。大塚家具社長の大塚 久美子でございます。社員一同、頑張って準備をしてまいりました。
    ぜひ、ごゆっくりご覧いただければと思います」と話した。開店15分前に店頭であいさつした久美子社長。旗艦店の新宿ショールームには、
    およそ130人が並んだ。

    店内に戻り、先頭で出迎えの準備をする久美子社長。その隣に立つのは、新宿ショールームの店長だった。
    父・勝久氏陣営だった全国16店舗の店長だが、18日のセール初日は、2人並んで、客を出迎えた。

    大塚家具は、低価格の大型家具店が台頭してくると、2007年ごろから営業利益が減少。
    消費者心理が冷え込んでいたところに、親子の対立によるイメージダウンが響き、3月の売り上げは、2014年の同じ月に比べ、37.8%減少した。

    そんな中、店内を改装し、セールを始めた。入り口を入って、すぐの所にあった受け付けカウンターはなくなった。
    さらに、観葉植物で緑を増やして、入りやすい雰囲気にしたという。父親の勝久氏がこだわってきた、会員制のイメージを払拭(ふっしょく)し、
    久美子社長が推し進めるオープンな雰囲気を出したという。

    動画(FNNnewsCH)
    https://www.youtube.com/watch?v=7AkltwRUNIU


    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00290596.html

    【大塚家具、お詫びセールに130人が行列。久美子社長自らお出迎え。】の続きを読む

    9fa34103

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 01:20:49.65 ID:pmY/i35e0.net
    親父「(感情を露わに)私は5人の子供を育て上げたが長女は最初の子で難産やった。そんな子を社長に据えたのが間違いだった
        大塚家具を久美子は愛していない!社員も久美子は嫌だって言ってるんだ!私に10年任せれば云々」
    長女「貴重なご意見有難うございます。それでは他の株主様のご意見を伺いたいと思います」
    親父「株主の意見を蔑ろにする気か?もっと質問させろ」
    長女「他の株主様もいらっしゃいますので、まずはお席にお戻り下さい」

    株主「私は大塚家具創業以来、株主総会を皆勤で出てる者です・・・大塚会長!!あんた今なんてった?
        株主の意見を蔑ろにするな?あんたが7年前に問題起こした時、私の質問を遮ってあんたなんてった?
        『外部の人間はわからないことなんだから一々質問すんな』って言ったんだぞ?あんたに株主云々言う資格なんかないんだよ!」
    株主 「あと勝之!!!何だお前は!!父ちゃん母ちゃんの腰巾着みたくしてて・・・自分でもわかってるだろ?社長の器じゃないって!!一族経営するんなら一番優秀なのに任せるべきだろーが!!」

    こんな感じだったみたい

    【大塚家具の株主総会で勝久会長と古参株主のやり取りがコント。】の続きを読む

    feb2863e

    1: coffeemilk ★ 2015/03/26(木) 17:12:36.81 ID:???.net
    < 2015年3月26日 12:16 >

     父親の会長大塚勝久と娘の大塚久美子社長、どちらに経営を委ねるのか決める大塚家具の株主総会を27日に控え、従業員持株会の支持の内訳が日本テレビの取材で判明した。

     大塚家具の株式の約3%を保有する従業員持株会については、会員の35%がどちらを支持するのか意思表示した。このうち、約6割が会長支持、4割が社長支持を表明した。

     会長支持を表明した大塚家具の取引先「フランスベッド」の分もあわせて、会長側はこれまでに28%超を確保したとみられる。一方で、久美子社長側は海外投資ファンドや一族の資産管理会社を合わせて20%超の議決権を確保している。

     大塚家具の経営は、27日の株主総会で株主の議決権のうち有効とみなされるものの過半数を獲得した方が担うことになり、経営権を巡る戦いはギリギリまで続きそうだ。

    ソース元に動画あり
    http://www.news24.jp/articles/2015/03/26/06271738.html

    【勝久会長側28%超、久美子社長側20%超の議決権確保。いよいよ父娘内紛に決着。】の続きを読む

    a8zFKGgCaK

    1: @TwilightSparkle ★ 2015/03/23(月) 20:46:45.45 ID:9wkzT3Wh.net
    2015年3月23日 20:38

     イケア、ニトリなどの台頭で家具市場で競争が激しくなる中、大塚家具は、顧客拡大を狙ってディズニーとライセンス契約を結んだ。

     大塚家具が始めたのは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約。売り場の一角を、くまのプーさんやミッキーマウスのキャラクターにあわせた部屋に見立て、
    イメージに合う家具をディスプレーし、家具やインテリア雑貨などの販売を促進する。

     大塚家具・直井丈宏シニアエキスパート「多くのファン層を持つディズニーと、一方で私たち幅広い品ぞろえと豊富な価格帯があるので、
    お子さま・お父さまお母さま、さらにそのお父さまお母さまと、3世代にわたってご興味持っていただけるようなコンセプトルームを作りました」

     大塚家具は、今後、ディズニー関連のオリジナル家具の開発も行い、子供からシニアまで幅広い客層をターゲットにしていきたいとしている。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:NNNニュース http://www.news24.jp/articles/2015/03/23/06271560.html

    【大塚家具が顧客拡大を狙いディズニーとライセンス契約。】の続きを読む

    このページのトップヘ