株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:円高

    img_b5cc609349a7b0e62c585c20cbbab6ff338734

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/06(木) 10:04:33.09 ID:???.net
    http://toyokeizai.net/articles/-/79602
    前略

    筆者は利上げ実施後のドル安円高の動きを想定している。詳しい話は次回以降に譲るとして、結論だけを言えば、
    利上げ後にドルはピークアウトし、下落に向かうと考えている。その場合、ドル円相場は最低でも1ドル115円、
    場合によっては105円から102円程度まで円高が進むだろう。

    その期間は利上げ後から最低半年、長ければ1年程度続くだろう。
    一般的に利上げは株式市場には歓迎されないと思われがちだ。それは、円高圧力の高まりを背景に、
    「これまで日本株の上昇を牽引してきた輸出関連銘柄の上値が抑えられる」と考えられるからである。
    しかし、筆者はむしろ米利上げが9月に実施されることを望んでいる。利上げにより為替相場がドル安に転じ、
    これが米国の多国籍企業の業績回復期待につながり、米国株の下値を支えると考えるからだ。
    またコモディティ価格も反転するだろう。そうなれば、マイルドなインフレが期待でき、結果的に市場心理の好転につながるはずである。
    コモディティ価格の上昇は、資源関連銘柄の下落に歯止めを掛けることになる。
    ダウ平均株価やFT100種指数が他の主要株価指数に比べて軟調さが目立っているが、それは資源関連株が多く含まれていることが背景にある。

    しかし、今後ドル安傾向が強まることで、コモディティ価格が反発すれば、これらの株価指数は他の
    主要株価指数をアウトパフォームするだろう。特に原油や非鉄金属などは需給緩和による価格押し下げ圧力が強かったが、
    これらを織り込む一方で、ドル安傾向が鮮明になれば、価格は上昇に転じよう。また、割安感の強い金(ゴールド)についても、
    ドルの下落が反転上昇に直結すると考えられる。
    このように、これまで売り込まれてきた資源関連銘柄に新たな投資チャンスが到来するだろう。またこれらの動きは、
    少なからず日本株にも好影響を与えそうだ。特に売りが優勢となっている国内の資源関連株や商社株のリバウンドに期待したい。
    結果的に米利上げ後のドル安円高は日本株にはそれほどネガティブな材料にはならず、日米株が世界の株価上昇を牽引するだろう。
    そのため、利上げ前後の押し目は、絶好の買い場になるはずである。
    今後1週間の日経平均は、2万円~2万0850円のレンジでの値動きを予想する。米雇用統計の発表もあり、短期的な見通しの設定は難しい。
    だが、米雇用統計が強い内容となれば、利上げ観測の高まりが一時的に日米株価を下押すことになりそうだ。

    【米国が利上げなら円高、1ドル105円も。日本株の今後の不安は?】の続きを読む

    32ce46fc

    1: Trader@Live! 2015/07/08(水) 22:55:30.09 ID:nZUkSLg/.net
     ( ;ω;)←パブロフの猫 ◆bBexGCASrY     ∧_∧
       /     \    (    ) 死ねって生ゴミ
    __| |     | |_   /    ヽ
    ||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
    ||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
    |||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧.
      _/   ヽ は?死ねよ  \|   ( ´_ゝ`) 頭オカシイよなコイツ?
    .  |     ヽ          \ /    ヽ.
    .  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
    .  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./
       ヽ、___ (     ) プッ  ~\_____ノ|  ∧_∧
    .         _/   ヽ          \|  (´Д` )オメーらあんまいじめんなよギャハハ
    .         |     ヽ          \ /    ヽ、
    .         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
    .         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
    .         ヽ、____ \\       ~\_____ノ|

    【1ドル=120円台まで円高が進行。】の続きを読む

    86a7a33c

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/30(木) 21:38:00.55 ID:???.net
    日銀は30日、予想通り金融政策を据え置いた。同日公表された展望レポートも黒田総裁会見も、
    内容的に想定内で、特段目新しいことはなかった。

    物価上昇率2%の達成時期に関する見通しを「2015年度を中心とする期間」から「2016年度前半」に
    変更したが、現実を見ればそれでも早過ぎると考えられるため、市場への影響は大きくないだろう。
    つまり、市場は最初から「2015年度を中心とする期間」に2%のインフレ率が達成されるとは織り込んでいない。

    そもそも、重要な局面を迎えている環太平洋連携協定(TPP)交渉にとって、ドル円相場が円安方向に
    大幅に動くことは好ましくない。日銀の追加緩和を受けて円安が再び加速するようなことがあれば、
    「日本は為替を操作している」との非難の声が米製造業から上がり、TPP交渉の進展にとって大きな
    障害になることも予想されるからだ。

    また、オバマ米大統領とTPP交渉を行った安倍首相はまだ米国にいる。今回は、追加緩和を最も実施しにくい
    タイミングだったと言えるかもしれない。

    29日に発表された米国の第1四半期実質国内総生産(GDP)成長率は、前期比年率0.2%と市場予想を
    大きく下回った。港湾ストの影響で純輸出が1.3%ポイント成長率を押し下げたが、在庫が0.7%ポイント押し上げた。
    在庫増と国内最終需要の伸びが0.7%にとどまったことを見ると、第2四半期に向けて成長のモメンタムが
    強く回復するとの期待を抱くのは難しそうだ。

    ちなみに、1990年以降の米連邦準備理事会(FRB)の4回の利上げ局面で、利上げ開始前の3四半期の中で
    これほど低い成長率が1四半期でもあったことはない。最低でも2%以上の成長率が続いて利上げが行われている。
    JPモルガンは米国の潜在成長率が1.75%まで低下していると見ているが、それでも0.2%の成長率は
    利上げを行うには低過ぎるだろう。

    主要国の中で米国だけが利上げを行うとの見方が強い中、ドルは名目実効レートベースで昨年7月から
    今年3月半ばまで急上昇した。しかし、経済指標は市場が利上げを確信するほど強くはなく、
    投資家は次第にしびれを切らし、ドルの買い持ちポジションを解消し始めた。

    一時は年内に2回の利上げを織り込んでいたフェデラルファンド(FF)金利先物市場も、現在では年内に1度だけ
    利上げが行われる確率でさえ60%程度しか織り込まなくなっている。今週に入ってからは、ドルの名目実効レートは
    レンジを下抜け、下落基調をたどっている。

    29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文は、足元の景気認識を下方修正したほか、エネルギー以外の
    輸入品の値下がりを指摘した。また、前回はあった次回のFOMCに関する記述を削除したが、全体として
    大きなスタンスの変化を示す内容とはならなかった。

    日米両国の状況に鑑みると、ドル円相場がドル高・円安方向に進むのは、短期的には難しくなってきているかもしれない。
    実際、以下に述べるように、世界の投資家は円相場がさらに円安方向に進む可能性を次第に懐疑的に見始めている。

    <「今年は円買いが盛り上がる」との声も>

    筆者は4月13日の週と20日の週に、それぞれ欧州大陸諸国とオーストラリアに出張し、年金基金など
    現地投資家と面談してきた。全体を通じて非常に印象的だったのは、主に以下の4つの理由から、
    円に対して強気な投資家が多くなっていることだった。

    1)日本からの対外株式投資が増えているにもかかわらず円安にならない、
    2)日本政府がさらなる円安を好ましくないと思っていると見られる、
    3)円はそもそも実質的に歴史的な割安圏にある、
    4)今後経常黒字が増加する見通しがある。

    こうした理由を背景に、現状レベルから大きく動くとしたら円安方向ではなく、円高方向ではないかとの見方が強まっていたのだ。

    続きはソースをどうぞ
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0NL0T120150430

    【海外投資家が円高を予想し始めた4つの理由】の続きを読む

    rwd_bor_w500

    1: Hi everyone! ★ 2015/01/29(木) 15:21:26.96 ID:???.net
     自動車メーカー八社が二十八日に発表した二〇一四年の自動車の輸出台数は、前年比4・9%減の四百十二万二千五百四十五台となった。輸出産業の
    代表的存在だった自動車業界は近年、海外での生産を重視する姿勢を強めており、円安が定着しても輸出が伸びない構図があらためて鮮明になった。 
    (神野光伸)

     八社のうちトヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、スズキ、マツダの五社の輸出台数が一三年を下回った。自動車各社は、円高が進んだときの為替変動の
    影響を避けるために生産拠点を海外に移す「地産地消」の戦略を加速させており、これが要因になった。逆に主力市場の米国やアジアの新興国に生産拠点
    を移す動きが強まったことで、海外生産は八社合わせて4・5%増となった。

     八社の中でも「輸出減、海外生産増」の動きが目立ったのが日産。米国向けのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ローグ」などの生産を日本から米国に
    移したため、輸出は12・9%減少。逆に米国での生産は二割増となった。

     財務省によると一四年の円相場は年平均で一ドル=一〇五円三〇銭となり、一ドル=九六円九一銭だった一三年と比べ、大幅に円安が進んだ。
    このため自動車メーカーの中にも海外生産の一部を日本に戻す動きも出始めている。日産のカルロス・ゴーン社長は「輸出がしやすくなり、日本の工場を
    活用できる」と述べ、国内生産を年約九十万台から十万台程度増やし、百万台とする方針を示した。

     だが、業界全体でみれば海外での生産を増やす流れは変わっていない。「円安が長期化するかは分からない」「現地の事情に合う自動車は現地の方が
    生産しやすい」などの見方があるためだ。

     日本自動車工業会の池史彦会長(ホンダ会長)は「円安で生産の国内回帰は進みつつある」と話す一方、「多額の投資をした海外の生産拠点を日本に
    戻すのは簡単にはできない。(国内の生産増は)あくまで海外工場の生産能力の不足分を補完する形になる」と指摘した。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015012902000147.html
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/images/PK2015012902100049_size0.jpg

    【自動車業界、円高進行時に為替変動の影響を避けるため「地産地消」戦略を加速。】の続きを読む

    ダウンロード

    1: Hi everyone! ★ 2015/01/22(木) 01:23:29.42 ID:???.net
     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比1円45銭円高ドル安の1ドル=117円29~39銭
    をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1600~10ドル、136円11~21銭。

     日銀が金融政策決定会合で追加緩和を見送ったことで、緩和を見込んで円を売っていた投資家が買い戻しを入れ、円高が進行した。

    ソース(共同通信) http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012101002134.html

    【NY円、117円前半。日銀の追加緩和見送りによる投資家の買戻しで円高進行。】の続きを読む

    このページのトップヘ