株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:中国株

    中国人民銀行が2年4ヶ月ぶりの利下げを決定!

    中国人民銀行が2年4ヶ月ぶりの利下げを決定!今後有利な金融商品は!?
    中国の中央銀行である中国人民銀行は11月21日市場の引け後に2012年7月以来となる利下げを発表しました。(1年物)貸出基準金利は40ベーシスポイント引き下げられ5.60%に、預金基準金利の方は25ベーシスポイント引き下げられ2.75%となります。これを受けて11月21日の米国市場は中国に関連する資源、鉄鋼、食品などの株価が上昇しました。

    結論として中国指導部の金融政策は迷走しているように感じます。前回、2012年の景気減速、欧州債務危機、中国株急落を受けて6月、7月に2度の利下げを行いましたが、それが充分でなく、2年4ヶ月辛抱した末に、耐えきれずに再び利下げに踏み切ったという印象です。間は空いたもののこれで3回連続しての利下げとなります。この間の期間は結局株価も往来相場を繰り返しただけであり、経済も停滞したままでした。そもそも2010年後半から5回続けて利上げしたことが今回利下げに至るまでの迷走の原因と分析します。

    中国の迷走は不動産バブル沈静化との難しい綱引きの結果

    ただ、これは中国の不動産バブル沈静化との難しい綱引きの結果であり、仕方のないことかもしれません。本当は米国や最近の日本のように徹底的に、経済が回復しきるまで利下げをしたかったのかもしれませんが、利下げによる景気刺激と、不動産バブルは交換トレードのようなものであり、裏表セットなのです。中国の不動産バブル崩壊懸念は数年前より深刻化してきたので、早々に利上げを行い、また一時的な景気減速時も最小限の利下げに留める必要あったのかもしれません。もし緩和をし続ければ不動産(住宅)はもはや庶民の手に届かなくなり、一方富裕層はさらにマンション投機を行ってさらに富むようになってしまいます。そのような状況になってしまえば格差に燻る社会不安を爆発させ、政権を揺るがしかねなかったからです。

    そうしてこれまで利下げカードを出し渋ってきましたが、「滬港通」という2014年4月に発表した別のカードも、噂で騰がってきたものの、いざ開始となった途端に株価が下がってきている状況であり、ここで利下げカードを出さざるを得なかったのではないかとも思います。とりあえず利下げに踏み切ったことで、もしかすると今後もう1~2段の利下げがあるかもしれません。ここでは過去の利下げ局面のおさらいをし、利下げ時の狙い目を考えたいと思います。

    【中国が2年4ヶ月ぶりの利下げ。その利下げを参考に騰がる株を検証。】の続きを読む

    中国のアリババグループがニューヨーク証券取引所に上場し、その調達金額が新規上場企業で過去最大規模になった。米国では中国ネット企業の人気が高いが、「中国株の空売り王」と呼ばれるブロック氏は中国ネット株人気に警鐘を鳴らしている。

    9月19日、中国のEC(電子商取引)最大手アリババグループ・ホールディングがニューヨーク証券取引所に上場した。取引開始日の株価は募集価格を4割弱上回り、調達金額は新規上場企業としては過去最大規模となった。

    上場した日の早朝にニューヨーク証取を訪問した創業者の馬会長は地元マスコミに追いかけ回されていた。熱い口調で語る馬会長は人を魅了する力があるし、上場で馬会長の保有資産は130億ドルを上回ったとされる。カリスマかつ金持ちはニューヨーカーが好むタイプだ。

    ニューヨークの地元シンクタンクは「社会を変えた人」という新設の賞で馬会長を表彰することにした。10月にも市内で授賞パーティーが開かれる。上場に合わせて馬会長が授賞するとは偶然にもほどがあるが、アリババが企業のCSR(社会貢献)に関連して30億ドルの予算を新設したこともあり、「寄付金目当て」という皮肉交じりの声が聞かれた。

    米国では中国ネット企業が人気を博している。アリババだけでなく米国メディアではインターネット検索大手の百度(バイドゥ)などの中国人経営者が引っ張りだこである。

    ウォール街でも中国ネット株は注目の的だ。米国S&PキャピタルIQによると上場する中国ネット株の多くは赤字か、黒字であっても予想PER(株価収益率)が50倍を超える銘柄は珍しくない。

    馬会長がニューヨークを訪れる直前の9月上旬、中国ネット株人気に警鐘を鳴らす米国人が登場した。別名、「中国株の空売り王」。投資会社マディ・ウォーターズ・リサーチを率いるカールソン・ブロック氏である。

    ブロック氏は数々のアジア企業の会計疑惑を暴いてきた。ビジネスモデルや会計報告に問題のある中国株への空売りで知られている。あまりにも影響力があるので、脅迫状が届き、中国政府からは情報収集活動を制限されているそうだ。本人はプライバシーを守るためにクレジットカードも名刺も使わない。

    ブロック氏が問題視するのが、「VIE」と呼ばれる中国ネット企業が米国上場で利用する仕組み。インターネットなど中国では国益の絡む分野には外資参入が制限されており、その分野で活動する中国企業が海外で資金調達できるようにする「法テク」である。

    まず、ケイマン諸島などで米国に上場するSPC(特別目的会社)を登記し、SPCは中国内にWFOE(外国人保有会社)を子会社として設置する。WFOEが外資規制されている分野の中国事業会社と役務契約を利用して、間接的に中国内の事業を支配する。

    このため、米国の投資家は本当の意味での株主ではない。企業統治面が弱点となるのだ。

    米国議会は今年6月にVIEの所有構造リスクに注目した報告書を発表しているが、ウォール街では反応薄だった。中国ネット株人気は、低金利政策が長期化する市場の「カネ余り」を象徴している。

    着実に進む規制緩和。中国当局の積極姿勢を株価も歓迎して好調。

    中国株市場が復調の動きを見せています。8月にかけての上海総合指数は昨年末以来の2200ポイント台を回復したほか、香港ハンセン指数も7月に年初来高値を更新し、8月上値を追って高値を更新しています。

    これは、いわゆる「プチ経済政策」が功を奏したためとも考えられますが、経済政策による景気の下支えはこれまでにも継続的に行なわれてきました。ここに来ての株式市場の復活は、別のところに要因がありそうです。

    その最有力候補といえそうなのが、「上海市場と香港市場の株式取引の相互乗り入れが10月にも始まるのでは?」という観測です。

    ご存じの通り、海外の投資家が中国本土の株式市場(上海と深セン)への取引に参加するのは、香港株市場とは違って自由ではありません。

    機関投資家であれば、QFII(適格海外機関投資家)などの資格を得ることで参加は可能ですが、海外の個人投資家には門戸が開かれていません(B株は除く)。

    逆に、中国の個人投資家は中国本土市場の取引はできても、香港など海外の株式市場へのアクセスが認められていません。

    こうした不便な状況に対する不満と改革を求める声は以前からありました。しかし、これまであまり進展はなく、同じ企業でありながら、香港と上海の両市場に上場している銘柄の株価が大きく異なるなど、規制による株価のゆがみも生じていました。それが、ようやく今年の4月になって、李克強首相がこの両市場の「株式取引の相互乗り入れ」について発言し、重い腰を上げたのです。

    発言の直後は市場でも話題になりましたが、当時は相場のテーマとしてあまり持続しませんでした。

    ところが、「半年間の準備期間を経て実施する」という当初の計画通りに事が進んでいるらしいことが明らかになったため、相場の買い材料として再び盛り上がり始めたというわけです。

    これまでに判明している内容について、左の図にまとめました。要はお互いの取引所を経由する格好で、それぞれの市場に上場する株式を売買できるようになります。

    もっとも、市場の取引ルールの違いや税金の問題、緩和といっても投資額に制限が設けられているなど、まだまだ問題は残っています。しかし、改革を着実に進めようとする中国当局の姿勢を示すことができたといえそうです。

    ※WEB NET MONEYより転載

    1: 山師さん 2010/10/31(日) 14:45:42 ID:yasiffRN
    尖閣諸島問題で本性をだした中国共産党

    中国共産党が、日本人の資産を没収する日はいつになるか予想しましょう!

    【日本株と中国株、どのような関係にあるのか?】の続きを読む

    1: 山師さん 2014/03/28(金) 10:33:02.75 ID:f/sLp1s0
    中国株取り扱い証券会社
    東洋証券 http://www.toyo-sec.co.jp/index.html
    内藤証券 http://www.naito-sec.co.jp/
    ユナイテッドワールド証券 http://www.uwg.co.jp/
    アイザワ証券 http://www.aizawa.co.jp/
    大和証券 http://www.daiwa.jp/
    SBI証券(旧E*トレード証券) http://trading1.sbisec.co.jp/ETGate
    楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/
    日興コーディアル証券 http://www.nikko.co.jp/index.html
    マネックス証券 http://www.monex.co.jp/
    日本アジア証券 http://www.ja-securities.jp/
    東海東京証券 http://www.tokaitokyo.co.jp/

    情報サイト

    サーチナ 
    http://searchina.ne.jp/
    トランスリンク 
    http://www.translink.co.jp/
    中国証券報
    http://searchina.ne.jp/bz/cs/

    【上海・深セン株】中国株スレッド【香港株】十一次(実質十二次)
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1355914236/

    【中国・上海株の値動き考察】の続きを読む

    このページのトップヘ