株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:中国株

    000cf1a48a860d5c4f7b01

    1: 海江田三郎 ★@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 15:08:38.81 ID:???0.net
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEHY16K50XT01.html
    (ブルームバーグ):午前の中国株式市場では、上海総合指数が約5年ぶりの大幅下落となった。
    記録的な高水準となっていた信用取引融資の抑制に当局が動き、
    投機的取引を膨らませてきた一部投資家の資金が流出するとの懸念が広がった。

    上海総合指数 は午前の取引終了時点で、前週末比6.3%安の3163.72。
    このままいけば2009年8月以来の大幅安で取引を終える。
    同国の上場証券大手2社である中信(CITIC)証券 (600030 CH)と海通証券(600837 CH)は共に
    値幅制限いっぱいの10%安。中国証券監督管理委員会(証監会)が
    両社などに対し株取引の新規顧客への融資停止処分を下した。上海総合指数のボラティリティ (変動性、30日間)は5年ぶりの高水準となった。
    証監会による今回の処分は、借りた資金で株式を購入する信用取引の
    急増を当局が抑制しようとしているとの懸念を生んだ。
    信用取引向け融資残高は13日時点で1兆800億元(約20兆3000億円)に増加。
    昨年6月末は約4000億元だった。個人投資家の積極的な売買を受け、上海総合指数 は過去1年で61%上昇した。  
    交銀国際の洪灝ストラテジスト(香港在勤)は「当局は株価上昇の勢いと
    ペースの速さを懸念している」と指摘。「信用取引向け融資は投資家が証券株に強気になってきた理由の一つ。
    これらの銘柄は特に勢いよく上昇していた」と述べた。  
    証監会は16日の取引終了後にミニブログを通じて、中信証券と海通証券、
    国泰君安証券の3社に対し、新規顧客への信用取引融資と貸株を3カ月停止する措置を下した。


    中国:大手証券会社3社に対し信用取引口座の開設停止処分
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEI956K50Y501.html

    【上海総合指数-7%近い暴落。各証券会社への口座開設停止措置が原因。】の続きを読む

    ダウンロード

    先週の中国株式市場
    ―香港株続伸 企業再編や輸出の伸び、インドの利下げなどを好感―


    <先週の概況>

    先週の中国株式市場は上昇しました。ハンセン指数は前週比0.8%近く上昇し、2万4, 109ポイントで引けました。また、上海総合指数も続伸し、3,376ポイントで終了しています。

    先週のハンセン指数は企業再編や、中国輸出の良好な伸び、インドの予想外の利下げを背景に、昨年11月以来の高値を上回りました。ただ、スイスフランの急変動によるリスク回避で上げ幅を縮小しました。結局ハンセン指数は週間で2万4,000ポイントの節目を維持しました。

    【中国株、ハンセン指数、証券関連株の売りで反落か?】の続きを読む

    先週の中国株式市場
    ―香港株、「掉尾の一振」を達成、2015年の強気スタートにも注目―


    <先週の概況>

    先週の中国株式市場は大幅に上昇しました。ハンセン指数は前週比約2%上昇し、2万3857ポイントで引けました。また、上海総合指数も続伸し、3,234ポイントと年初以来の高値を更新しました。

    先々週の中国人民銀行が実質的な金融緩和を行ったことから、本土系の金融株や不動産株を中心に買われ、指数を押し上げました。1月2日にはハンセン指数が1%余り上昇し、力強いスタートとなりました。

    【ハンセン指数、材料難で一進一退の展開か?中国貿易統計などに注目。】の続きを読む

    先週の中国株式市場
    ―香港株、続落 HSBC中国製造業PMIが悪化もFOMCの政策決定が好感―


    <先週の概況>

    先週の中国株式市場は高安まちまちでした。ハンセン指数は前週比約0.6%下落し、2万3, 116ポイントで引けました。一方、上海総合指数は週間で大幅上昇し、3,108ポイントとなっています。

    先週のハンセン指数は、冴えないHSBC中国製造業PMIを背景に売られましたが、週後半に米国のFOMCの政策決定が無事に通過したことが好感され、大幅に買い戻され、一時割り込んだ2万3,000ポイントを回復しました。

    【先週の中国株式市場は高安まちまち。米国FOMC通過を背景にクリスマスを迎えて反発か。】の続きを読む

    先週の中国株式市場
    ―香港株、反落 欧米株安と中国の冴えない経済指標を受け投資家心理が悪化―


    <先週の概況>

    先週の中国株式市場は高安まちまちでした。ハンセン指数は前週比約3%超下落し、2万3,249ポイントで引けました。一方、上海総合指数は週間で小幅ながら上昇し、2,938ポイントとなっています。

    先週のハンセン指数は、欧米連日の株安に加え、相次いて発表された中国の経済指標が総じて冴えなかったことも相場の重荷となりました。特に原油安でエネルギーの関連株の下げが目立ちました。

    【先週の中国株式市場、ハンセン指数は超下落する一方、上海総合指数は小幅な上昇。】の続きを読む

    このページのトップヘ