株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:中国

    69340_429_4f9a49e4_ac863c92

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/12(水) 15:26:33.82 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX10H2U_Q5A810C1FFE000/

     【上海=土居倫之】中国の電子商取引最大手、アリババ集団が同国小売り2位の蘇寧雲商集団に2割出資する。
    蘇寧が実施する増資の大半をアリババが283億元(約5700億円)で引き受け、第2位株主となる。
    アリババのネット通販サイトと蘇寧の実店舗を組み合わせたサービスを展開し、消費者の囲い込みを急ぐ。

     蘇寧が10日増資計画を発表した。増資後のアリババの持ち株比率は董事長の張近東氏(24.29%)に次ぐ
    19.99%となる。蘇寧もアリババに140億元出資し、1.09%の株式を取得する。

     蘇寧は「ネットと実店舗を融合することで物流やアフターサービスなどの面で顧客へのサービスを強化することが可能になる」
    と説明。増資で調達する資金は新店舗のほか、物流施設の建設などに充てる。
    アリババの馬雲(ジャック・マー)会長も10日「新しいビジネスモデルが今後の社会経済のインフラとなる」とのコメントを発表した。

     ネット通販サイトの普及で、中国では店頭で商品を確かめた上で、
    より値段が安いネット通販サイトで商品を購入する消費者が増えている。蘇寧は2013年6月から
    ネット通販サイトと店頭での商品価格を同一にするなど、ネットと実店舗の融合を進めてきた。
    ただ、14年の純利益は12年の約3割の水準に落ち込むなど苦戦していた。
     一方のアリババも、商品配送やアフターサービスの窓口としての店舗活用策をかねて探っていた。
    ネット通販大手の京東集団などとの競争も激しくなっており、中国全土に店舗・配送網を持つ蘇寧との提携でサービスの差異化を進める考えだ。

     中国チェーンストア経営協会の4月の発表によると、14年の中国の小売売上高トップは
    家電量販大手の国美電器で蘇寧は2位だった。蘇寧は日本で免税店などを展開するラオックスの親会社。

    【アリババ、中国小売り2位蘇寧集団に約5,700億円出資。】の続きを読む

    chona-bank

    1: 孤高の旅人 ★ 2015/08/12(水) 20:23:43.30 ID:???*.net
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015081200756

    中国、為替介入か=行き過ぎた元安望まず

     【上海時事】中国人民銀行(中央銀行)は12日、上海外国為替市場でドル売り介入を
    実施したもようだ。市場関係者が明らかにした。人民銀はこの日、為替取引の目安と
    なる対ドル基準値を前日に続いて大幅に引き下げたが、外資流出などマイナス面が
    大きいことから、急激で行き過ぎた元安は望んでいないことを示した形だ。
     人民銀は基準値を前日比1.6%安の1ドル=6.3306元に設定。これを受けて、
    元相場は一時1ドル=6.4510元と変動幅下限(基準値のマイナス2%)に迫った。
    その後は人民銀の委託を受けたとみられる国有銀行のドル売りが大量に入って
    急激に値を戻し、結局1.0%安の1ドル=6.3870元で終わった。
     人民銀は「国内外の経済・金融情勢を見る限り、人民元が下落し続ける根拠はない」
    と指摘、相場を安定的に管理していく立場を強調している。
     一方、12日の上海証券市場は、市場全体の値動きを示す上海株式指数が
    前日比1.06%(41.59ポイント)安の3886.32で取引を終えた。(2015/08/12-19:23)

    【中国、中央銀行が為替介入か?】の続きを読む

    356db318

    1: エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 22:31:56.53 ID:LU3foVQm0.net BE:358483157-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_sasuga04.gif
    中国の証券会社に信用取引のための融資を行なう中国証券金融公司(CSFC)は
    証券購入によって市場安定を図ろうと、さらに2兆元(およそ3220億ドル)を投入した。

    これより前、中国人民銀行はCSFCに4830億ドルを調達している。
    CSFCは中央銀行および政府の管理下にある商業銀行からの借入資金で証券買いを行なっている。
    今回の決定で公的資金による証券購買額は総額で8000億ドルを超える恐れが出てきた。
    http://jp.sputniknews.com/business/20150807/710291.html

    なお原資は人民が銀行に預けた預金のもよう

    【中国、株価買い支え資金50兆円が溶ける。更に追加で50兆円投入。】の続きを読む

    gdp_ZDEY

    1: エルボードロップ(愛知県)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 17:24:54.97 ID:AvK+ZPWW0.net BE:358483157-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_sasuga04.gif
    中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か 英調査会社が試算

    中国の経済成長率は実際どの程度なのか──。こんな疑問を抱くアナリストらが試算したところ、
    中国国内総生産(GDP)伸び率は公式統計の半分、もしくはさらに低い水準であるかもしれないことが分かった。

    ロンドンに拠点を構える独立系調査会社ファゾム・コンサルティングのエリック・ブリトン氏は
    「中国の公式統計はファンタジーだと考えており、真実に近いということもない」と話す。

    同社は昨年、公式GDPの予想を公表するのをやめ、実際の成長率とみなす数値を公表することを決めた。
    それによると、今年の中国成長率は2.8%、2016年はわずか1.0%にとどまると予想している。

    以下ソース
    http://jp.reuters.com/article/2015/08/07/china-economy-data-idJPL3N10I27X20150807

    【日本を超えたはずの中国GDP、実際は半分以下だった。】の続きを読む

    20101027075032

    1: ハーフネルソンスープレックス(東京都)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 09:44:30.35 ID:DQc78kXg0.net BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
    死人続出!  中国バブル、ついに大崩壊 このままでは中国全土で暴動が始まる

    この1ヵ月で、2億人が1000万円の財産を失った。株価の大暴落が引き金となって、リーマン・ショック、ユーロ危機に続く金融危機がやって来るのか。

    ■全国各地で続発する飛び降り自殺
    「中国株は、中国共産党が胴元になっている賭博です。共産党は配下に収めている政府機関と官製メディアを使って煽り、2億人以上の国民を株式市場に
    駆り立てておきながら、あげくその資産を収奪したに等しい。いまや中国全土が大混乱に陥っていて、夥しい借金を抱えて自殺する人も相次いでいます」

    こう証言するのは、元中国有力紙の編集委員で著名コラムニストの丁力氏だ。
    自殺第一号は先月10日、湖南省で起こった。省都・長沙市のタワーマンション22階から、32歳の侯氏が飛び降り自殺したのだ。
    その日の午後3時過ぎ、証券市場が終了した後、侯氏は「金儲けをしたい屍」と題した「遺書」をネットにアップした。
    〈この世に別れを告げるにあたって、私はただこう言いたい。賭けをする者は、負けたら負けに従うべきだと。私は全財産を担保に、
    170万元(1元≒19・6円、約3300万円)という4倍の信用取引で『中国中車』の株を買った。だが、その結果たるや……。
    もう誰も恨まない。いまは自己の欲望を愚かだと思うばかりだ。
    そもそもは、家族に安らかな生活を送ってほしいと思って始めたのだ。それがまさか、一日で全財産をスッてしまうなんて。
    もういい。私の家族よ、君たちを愛している。そして、この世界を愛している〉
    侯氏が飛び降りた日、「中国中車」の株価は、一日で9・73%も暴落した。中国株は、一日の取引で10%下がると取引停止となるので、
    ほとんどストップ安の状態だ。
    以後、2億人以上と言われる中国の「股民」(個人株主)たちが、全財産を失って「跳楼」(飛び降り自殺)するケースが中国全土で続出。
    「跳楼」という言葉が、にわかに流行語になっている。
    中国で6億人以上が使用しているSNS「微信」(WeChat)では、こんな小話が飛び交う。

    【中国バブルついに大崩壊。中国全土で暴動多発、死人続出。】の続きを読む

    このページのトップヘ