株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:上海株

    9c8ebc46

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/11(土) 10:19:35.73 ID:???*.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM10H5O_Q5A710C1EA1000/

     【上海=土居倫之】10日の上海株式市場で、上海総合指数は前日比4.5%高と大幅続伸した。
    取引時間中には一時同6.7%高まで上昇する場面があった。公安当局による空売りの取り締まりに加え、
    政府系金融機関の中国証券金融が株式の購入に乗り出したとの見方から、買い安心感が広がっている。
     中国公安省は9日に「悪意ある空売り」を取り締まると表明した。
    10日は摘発を恐れ、先物を買い戻す動きが活発になった。
    信用取引のための株券・資金貸借業務を手がける中国証券金融が株式を買い始めたとの見方も広がった。
    中国人民銀行(中央銀行)は8日の声明で「株式市場の安定のため、中国証券金融の資金繰りを支援する」としていた。

     一部の企業は売買停止を解除し始めた。株価の異常な値動きを理由に9日まで売買停止していた
    格力地産は10日から売買を再開。10日の株価は制限値幅の上限(ストップ高水準)に上昇した。

    関連
    【中国株】上海株式市場大幅続伸、上昇1452銘柄の多くが値幅制限いっぱいの10%高 [転載禁止](c)2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1436517854/

    【上海株式市場大幅続伸、売買停止を解除した企業もストップ高。】の続きを読む

    0-300x272

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/04(土) 17:04:12.12 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040003_U5A700C1000000/

    【北京=共同】中国の大手証券会社21社は4日、急落している上海の株式相場を下支えするため、
    共同で計1200億元(約2兆4千億円)以上の資金を市場に投じると発表した。
    主要株で構成する上場投資信託(ETF)に少なくとも1200億元を投資する。
    異例の協調行動で、さらなる相場の下落にブレーキをかける姿勢を鮮明にした。

    21社は「株式市場の安定した発展を断固として守る」とする共同声明を発表した。
    上海株式市場の代表的な株価指数である総合指数の終値は6月5日に、
    2008年1月以来の高値となる5000台を記録。12日には5166.35をつけたが、
    その後は急速な相場上昇に対する警戒感が広がって売りが優勢となり、7月3日までに3割近く下落した。

    【上海株下支えへ2.4兆円市場投入。中国大手証券21社が投信購入。】の続きを読む

    958e31be

    1: Japanese girl ★ 2015/07/02(木) 18:05:31.28 ID:???*.net
    上海株急落で終値4000割る 3週で下げ幅24%超 ギリシャ発中国株バブル崩壊か
    http://www.sankei.com/economy/news/150702/ecn1507020033-n1.html
    2015.7.2 17:38更新

    2日の上海総合指数の終値は前日終値比で140.93ポイント安の3912.77となり、3.5%下落した。
    終値ベースで4000を割り込んだのは4月9日(3957.53)以来、ほぼ3カ月ぶり。2日は一時6.4%の急落となった。

    年初来高値をつけた6月12日(ザラ場高値5178.19)と比べると、わずか3週間で24.4%もの大きな下落幅となっている。
    ギリシャのデフォルト(債務不履行)危機の顕在化とともに、この急落が始まっており、ギリシャ危機が中国株バブル崩壊の引き金になりかねない状況が続いている。

    証券会社が6月12日の高値を「これが今年のピークになる可能性がある」と指摘したことで、翌週の6月15日以降は売りが主体となり、6月15日から7月2日までの13日間のうち9日が値下がり。
    6月26日には安値で8.6%安、終値で7.4%と暴落レベルの値下がりとなった。今週は6月30日に5.5%急騰したものの、7月1日には5.2%下げて1日で行って来いとなった。

    上海総合指数は2000台で停滞していた昨年秋から急騰を続け、今月中旬には7年ぶりに同指数が5000を超えたことで、中国株バブルと指摘されてきた。


    関連記事
    中国、地方政府が管理する年金基金に株式投資認める方針
    http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0ZG18220150630
    中国、株安の歯止め狙う-信用取引の規定緩和、手数料引き下げ
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQU9LG6TTDSD01.html

    【上海株急落で終値4,000割る。3週で下げ幅24%超。】の続きを読む

    5b7da793

    1: Japanese girl ★ 2015/06/19(金) 22:14:27.84 ID:???*.net
    中国バブル崩壊か 上海株が6%超の大幅続落、1週間では13%超の暴落

     ブルームバーグ社の調べによると、19日の上海総合指数は前日終値比で306.996ポイント安の4478.36となり、6.4%の大幅下落となった。
    前日も3.7%安と大きく値下がりしたが、19日これを大きく上回った。

     今週は17日以外の4日は軟調で、前週末終値の5166.35と比べると、13.3%もの暴落となった。

     高騰が続いた中国株をめぐっては、バブル崩壊を懸念する見方が強まっている。

    2015.6.19 17:17更新
    http://www.sankei.com/economy/news/150619/ecn1506190037-n1.html

    前スレ 2015/06/19(金) 17:54:24.64
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434704064/

    【中国バブル崩壊の危機。上海株が6%超の大幅続落、1週間では13%超の暴落。】の続きを読む

    着実に進む規制緩和。中国当局の積極姿勢を株価も歓迎して好調。

    中国株市場が復調の動きを見せています。8月にかけての上海総合指数は昨年末以来の2200ポイント台を回復したほか、香港ハンセン指数も7月に年初来高値を更新し、8月上値を追って高値を更新しています。

    これは、いわゆる「プチ経済政策」が功を奏したためとも考えられますが、経済政策による景気の下支えはこれまでにも継続的に行なわれてきました。ここに来ての株式市場の復活は、別のところに要因がありそうです。

    その最有力候補といえそうなのが、「上海市場と香港市場の株式取引の相互乗り入れが10月にも始まるのでは?」という観測です。

    ご存じの通り、海外の投資家が中国本土の株式市場(上海と深セン)への取引に参加するのは、香港株市場とは違って自由ではありません。

    機関投資家であれば、QFII(適格海外機関投資家)などの資格を得ることで参加は可能ですが、海外の個人投資家には門戸が開かれていません(B株は除く)。

    逆に、中国の個人投資家は中国本土市場の取引はできても、香港など海外の株式市場へのアクセスが認められていません。

    こうした不便な状況に対する不満と改革を求める声は以前からありました。しかし、これまであまり進展はなく、同じ企業でありながら、香港と上海の両市場に上場している銘柄の株価が大きく異なるなど、規制による株価のゆがみも生じていました。それが、ようやく今年の4月になって、李克強首相がこの両市場の「株式取引の相互乗り入れ」について発言し、重い腰を上げたのです。

    発言の直後は市場でも話題になりましたが、当時は相場のテーマとしてあまり持続しませんでした。

    ところが、「半年間の準備期間を経て実施する」という当初の計画通りに事が進んでいるらしいことが明らかになったため、相場の買い材料として再び盛り上がり始めたというわけです。

    これまでに判明している内容について、左の図にまとめました。要はお互いの取引所を経由する格好で、それぞれの市場に上場する株式を売買できるようになります。

    もっとも、市場の取引ルールの違いや税金の問題、緩和といっても投資額に制限が設けられているなど、まだまだ問題は残っています。しかし、改革を着実に進めようとする中国当局の姿勢を示すことができたといえそうです。

    ※WEB NET MONEYより転載

    このページのトップヘ