株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:ユニクロ

    svg

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/27(月) 10:11:21.48 ID:???.net
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44266
    ??何の前触れもなく、客にソッポを向かれる恐怖
    世界各地に次々と店を出し、右肩上がりに伸びてゆくジャパンブランドの筆頭格。しかし足元の日本では、異変が起きていた。
    訳知り顔の人々は「大したことじゃない」と言う。本当にそうだろうか。

    中国人には売れるけど
    ユニクロの歴史は、成長の歴史に他ならない。
    柳井正社長が、前身の衣料品店「小郡商事」の社名を「ファーストリテイリング」に変えた'91年、ユニクロの店舗数は30足らず、
    売り上げも約70億円だった。それが今や、全世界で3000店を営み、1兆6500億円を売り上げる。25年で200倍以上、
    まさにジャパニーズ・ドリームそのものである。
    しかし、毎年のように2桁成長を続けてきたこの「奇跡の企業」が、突如として壁にぶち当たった。6月の国内売り上げ高が、
    前年比マイナス11・7%……。常に「絶好調」という枕詞付きだったここ数年、目にしたことのない落ち込み方だ。
    7月9日に発表された昨年9月~今年5月期の国内売り上げ高は、前年同期比12・1%増と、確かに好調だった。
    多くの経済記者やアパレル関係者も、6月の売り上げが急減した理由について、

    「6月は気温が上がらず、夏物が売れていない」
    「とはいえ、ユニクロは今、創業以来の好調に沸いている。単月の売り上げが減ったというだけで、ただちに致命的な影響が出るとは思えない」
    などと口を揃える。しかし、こんな声もある。
    「私はユニクロの経営そのものが節目を迎えていると思います。彼らがこれまで築いてきたビジネスモデルに、限界が訪れたのではないでしょうか」(早稲田大学大学院商学研究科・長沢伸也教授)
    人は想定外の状況を目の当たりにしたとき、「大したことじゃない」と自分に言い聞かせ、取り返しがつかないと分かってようやく
    ことの重大さを悟る。今、ユニクロがおかれた状況、そして日本の消費者の心理はそんな「ターニングポイント」にさしかかっている。
    東京の一等地、銀座6丁目にそびえるガラス張りのショーウインドウ。国内最大規模の旗艦店・ユニクロ銀座店は、
    梅雨空をものともしない外国人観光客で賑わっていた。免税カウンターに、中国人客が長い列を作る。
    「中国人にとって、ユニクロは『日本へ旅行すると必ず行きたい店』という地位を確立しています。中国の店で売っている服よりだんぜん品質がいいけれど、
    欧米の高級ブランド服ほど高くない。中国のホワイトカラー層の給与水準から言うと、ユニクロの商品は安いわけではありませんが、
    背伸びしてでも買う価値があるのです」(中国出身の全国紙経済部記者)
    「爆買い」で日本中を賑わせた中国の人々の間では、ユニクロのブランド力は強力だ。中国本土でもこの1年だけでおよそ100店舗を新たに出店。
    内陸の田舎町でさえ、今やユニクロの名を知らない人はいない。

    日本人のホンネは……
    だが、日本の消費者は全く違う。誤解を恐れずに言うと、多くの日本人にとってユニクロは、お世辞にも「背伸びして買う服」ではない。
    確かに、生地も縫製もしっかりしていて長持ちする。ヘンな柄やイラストのついたものが少なく、シンプルだから誰にでも似合う。
    何より、いつ店に行っても安かった。
    しかし今、こうしたユニクロの美点が「強み」ではなく「弱み」に変わろうとしている。円安や材料費上昇などの要因で、
    値上げを余儀なくされているのが、最大の理由だ。マーケティングが専門の、慶應大学商学部教授の白井美由里氏が指摘する。
    「誰もがユニクロには『高品質で低価格』というイメージを抱いています。しかし、数年かけてアンケート調査を行ったところ、
    実は『品質がいいのに安い』のではなく『安いわりに品質が良い』と評価されていることが分かりました」
    また、消費者がユニクロ製品の何を重視して購入しているかを調べてみると、「品質の良さよりも安さのほうをより重視している」との結果が出たという。つまり、
    「ユニクロの商品の主な『売り』は安さであり、ゆえに値上げが難しいということです。マーケティング戦略の一般論として、
    高級ブランドのほうが価格の自由度が高い。高いものは安くできますが、もともと安いと思われているものを値上げするのは困難なのです」(前出・白井氏)
    ほんの2年前までユニクロは、ジーンズ1本を1990円、2990円、3990円の3プライスで売っていた。
    だが昨年、柳井社長は創業以来初めての一斉値上げに踏み切った。現在、ジーンズの主要ラインナップには4990円の値札もつく。
    さらに今年の秋冬商品では、一部で大幅な値上げを予定しているとも発表した。値上げ幅を全商品で均すと、およそ1割に達するという。

    【マクドナルドの二の舞?ユニクロが突然売れなくなった。】の続きを読む

    5566690

    1: 海江田三郎 ★ 2015/03/15(日) 11:59:03.57 ID:???.net
    http://toyokeizai.net/articles/-/63229
    「ファッションセンターしまむら」を軸に低価格の実用・ファッション衣料、寝具などの専門店を展開するのが、
    東証1部上場の「しまむら」。さいたま市に本社を置き、グループ全体で1900店弱のネットワークを有しています。
    そんな国内有数のアパレル企業が、近年なかった「停滞局面」に直面しています。
    今後、発表となる最新本決算(2015年2月期)の営業利益について、
    しまむらは今のところ前年度比9%増の457億円という予想を出していますが、
    減益になりそうだとの見方が強まっています。3月13日に東洋経済が発売した『会社四季報2015年2集』は
    同3%減の410億円を独自予想。3月7日付の日本経済新聞も同1割弱の減益になりそうだという観測記事を報じました。

    2期連続の営業減益となれば上場来で初
    売り上げについては前年度の5029億円よりも増えそうな見込みのようですが、実際の決算が減益だった場合は、
    1988年の上場以来初となる2期連続の営業減益になる可能性が浮上しています。
    消費増税後の節約志向の高まりが逆風となり、日常的に身に着ける肌着や靴下、
    そして寝具などが値下げしないと売れない状況となり、採算が悪化したとの見立てがされています。
    10~20代向けのセカンドブランド「アベイル」も落ち込んでしまったとされています。
    国内ファッション業界で、しまむらは、ファーストリテイリングが展開する
    「ユニクロ」(7156億円、2014年8月期)に次ぐ2番手の売り上げ規模を誇ります。
    その次は「洋服の青山」で有名な青山商事(1857億円、2014年3月期)が健闘しているものの、ユニクロとしまむらは、抜きん出た存在です。
    ユニクロが企画から製造・販売まで一貫して行うSPA型で、少品種、多量販売としているのに対し、
    しまむらはメーカーからの買い取りで品ぞろえするセレクト型で、多品種、少量販売なのが特徴です。
    それ以外にも、しまむらには、たとえば、商圏世帯数が5000世帯という小さなマーケットで、
    面積300坪の店舗を立ち上げ、3年間で初期コストを回収し、
    1店舗あたり3億~3.5億円程度の売り上げを狙うという出店戦略があり、
    出店場所が必然的に限定されます。ロードサイドはもちろん駅ナカ、百貨店の中と人通りが多く、
    目につくところに出店しているユニクロとの違いがあります。

    しまむらはもともと、1953年に埼玉県で設立。2000年ごろまでは節約志向の主婦向けのチェーンとして、
    ロードサイドを中心に安さを売りにして展開するお店でした。下着やソックスなどの実用衣料品と呼ばれるものを中心に、
    メンズ、レディス商品はもちろん、ベビー、シニア、フォーマルといったアパレル商品から、
    リビング、寝具、レジャー用品にいたるまでの生活用品を扱っていたことは現在も変わりません。
    ある意味でワンストップショッピングができるお店でもあります。
    正直なところファッションセンターというわりには、パッとしないお店だったことをご存知の読者も多いはずです。
    転換点は2001年2月期に7期ぶりの減益に陥ったことです。
    世界のファッショントレンドを採り入れようという商品展開がスタート。市況を先読みした
    本部一括の仕入れ体制の構築や、全従業員の8割程度を占めるパートタイム社員を生かし切るための業務の標準化、
    売れ残り商品の発生を抑えるための在庫調整など、さまざまな観点で経営改革が進みました。物流体制や出店方針の見直しなどもなされました。


    その後、しまむらの武器である「ローコスト」「低販管費率」「高回転経営」が確立されていき、
    成長は加速します。この10年あまりで売上高は2倍以上に成長。利益も伸ばしてきました
    ところが、ここへきての停滞。赤字でもなんでもありませんが、好調を維持しているユニクロと比べてみると実は明暗が分かれています。

    【ユニクロとしまむら、明暗が分かれた要因とは?】の続きを読む

    錦織圭選手の効果でヨネックス(7906)とファーストリテイリング(9983)の株価が急騰している。

    錦織圭選手の全米オープンテニス決勝進出が確定し、更に勢いを増しています。
    しかし、同じくスポンサーについている日清食品ホールディングス(2897)の株価が、
    下がり始めましたが、錦織圭選手とは別な要因での事なのでしょうか?

    今年の8月頃まで、順調に上がり続けてきた株価の反落にちょっとわくわくします。
    また、反発する可能性は大いにあり得るので、日清食品ホールディングスは注目銘柄とします。

    ヨネックス、ファーストリテイリングは、錦織圭選手が優勝したら青天井でしょうね。
    ヨネックスは以前、石川遼選手のスポンサー時も株価急騰しましたし、
    今回は、過去の日本人選手がだれも成し遂げられなかった世界ランク8位に合わせ、
    現時点で、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手を破り決勝進出が確定しており、
    錦織圭フィーバーです!

    普段テニスを見る事のない私ですが、WOWOW(4839)の契約をし観戦したいです。
    WOWOWは現在、反落中ですが反発も大いに有りなので、こちらも注目銘柄とします。


    このページのトップヘ