株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:ブラック企業

    20140715150112

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/16(日) 14:03:10.15 ID:???.net
    http://biz-journal.jp/2015/08/post_11103.html
    異常な長時間労働やパワハラ、セクハラ、勤怠記録の改ざん…。言うまでもなく、これらは皆「ブラック企業」の特徴です。
     劣悪な労働条件や不当な扱いを受けても「みんな我慢しているし…」と泣き寝入りしている人は多いはず。それどころか、
    その劣悪さや不当さが常態化しすぎて、おかしなことだと気付かない人もいるかもしれません。
     しかし、泣き寝入りにしても、知識がないことにしても、その先にあるのは心身の調子を崩したり、金銭的不利益をこうむったりという悲し
    い現実です。こんな結果にならないために、労働法に詳しい弁護士の笹山尚人さんは、
    著書『ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識』(KADOKAWA 中経出版/刊)で、
    労働者は知っておくべき法律の知識を伝授しつつ、ブラック企業で実際にあった事例とその対処法を教えてくれます。

    ■有給休暇を申請したら人事評価が下がった
     本書では、社員がほとんど有休をとらない会社で有休を取ったところ、人事評定で最低ランクを付けられたため、
    抗議したところ「有休取ってるのお前だけだからな。この評価は当然だろ」と言われた事例が紹介されています。
     年次有給休暇を取ることは労働者の権利であり、それを取得したことを理由に会社側が労働者を不利益に取り扱うことは許されません。
     もし、会社からこんな扱いを受けたとしたら、どんな対処をすればいいのでしょうか?
     まずやるべきは、有給休暇を取得したことだけが評価ダウンの理由なのかをきちんと確認することです。
    後になって、他にも理由があると言ってくる可能性があるため、そのことについて言質を取る必要もあります。
     そのうえで、正当な権利を行使したことを理由にするマイナス評定は不当だと抗議して、評定をやり直すように求めるという流れです。

    ■リストラなのに離職理由が「自己都合」
     離職理由が「自己都合」か「会社都合」かで、雇用保険の失業手当が変わるということは多くの人が知るところですが、こんな悪質な例もあるので要注意です。
     上司から繰り返し退職勧奨があったため、辞めたくはなかったが仕方なく辞めることにしたAさん。退職勧奨があったのだから当然、
    離職理由は「会社都合」になるものと思っていましたが、退職後の離職票を見ると、なぜか「自己都合」に。
     当然納得いかず、会社に問い合わせたところ、「最終的に辞表を君が書いたのだから、自己都合だろ」という返事が返ってきたそう。
     呆れてしまうほどひどいこの会社の言い分ですが、経緯からしてどう見ても「会社都合」ですから、
    会社を説得するよう努めれば応じてもらえるケースもあります。ただ、応じてもらえない場合もあるため、
    辞める際には「自己都合」と「会社都合」のどちらを離職票に記載するかを明確に合意しておく必要があります

    『ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識』には、思わず目を疑うようなブラック企業の実態が数多く取り上げられ、
    労働者の立場でどのように立ち向かうべきかがつづられています。
     もしかしたら、その中にはあなたの会社で当然のように行われていることがあるかもしれません。もし、「これっておかしいんじゃないの?」
    と思っていることがあるならば、それだけでも本書を開いてみる価値はあるはずです。

    【有給申請すると低評価。リストラなのに自己都合。ブラック企業の実態】の続きを読む

    20141215-00039242-r25-001-2-thumb

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/16(木) 14:55:08.89 ID:???.net
    http://joshi-spa.jp/301331

     たくさんの仕事を転々としてきた森尾舟(もり お ふね)が、実体験をレポートします!
     これまで5チェーン・6店舗でアルバイトしたコンビニの裏側とは――。

    オーナーに頼まれ近くに引っ越し
     私はオープニングスタッフとして2度働いたことがある。
     ある店舗の男性店長は、オープンから1カ月間休みなし、人がおらず20時間働き詰めの日もあった。
    数か月が経ち、オープニングメンバーも仕事に慣れたころ、ようやく彼も休みがとれるようになる。
    しかし、休日とは名ばかりで発注のため一日一回は店に訪れる日々が続いていた。元々、彼は実家暮らしだったが、
    新店舗で店長に就任した際に、いつ何があっても駆けつけられるように、オーナーから店の近くへの引っ越しを促された。
     彼は店舗から歩いて5分のところにアパートを借り、なるべく遠出をしないように気をつけていると話した。
    実際に困ったことがあればすぐに駆けつけてくれる。バイトにとっては、有難い話だがこの状況は
    24時間体制で働いているといっても過言ではないだろう。
    もう1店舗のオープニング店舗でも似たような光景を目撃した。その店舗の男性店長は近所
    に引っ越すよりも辛い状況だった。バックヤードにソファを置き、毎日、そこで寝泊まりをしていた。
    家に帰るのはお風呂に入る時のみ。奥さんや幼い子どもたちが店に遊びに来る様子もしばし見られた。
    その状況はオープン後、半年ほど続いた。どちらの店長も弱音を吐かずに店のためと頑張っていた姿が印象的である。
     そういったお店では、アルバイトの負担も多くなる。新人や、家庭がある主婦、
    他にメインの仕事を持っている場合は多くのシフトに入れられることはない。
    しかし、フリーターや、比較的時間の自由が効く学生などは無理にシフトを組まれることも多かった。
    12時間勤務ぐらいは、アルバイトでも珍しくはない。

    「バイトが楽しい」と学校を辞めて社員になる人も
     しかし、みんなが苦痛を訴えているわけではない。若者や学生は仕事を任せてもらえるのが嬉しいようで喜んで
    シフトに入る人もいた。店長を慕っていることも多く、これまで働いた店舗では、人望が厚い店長が多く見られた。
    しかし、慕われる店長でないと店を回せないというのも事実だろう。
     驚いたのは、バイトが楽しいと学校を辞めて社員になる若者がいたことだ。コンビニ業務が好きなことが変わっているとは思わないが、
    どの店舗の店長も頼みやすそうな人物、例えば、夢を追いかけているが将来が不安な若者、学校生活に悩んでいる
    学生などを選び、仕事を任せ、やりがいを与えているように感じていた。
     店長も過酷なシフトで助けてくれる人がほしいのはわかる、頼みたくなる気持ちも理解できる。
    しかし、社員になった人々に問いたいのは、自分の毎日が充実していてもコンビニの仕事が楽しいと思えたか。
    もう少し考える時間があってもよかったのではないかと思う。
     その他にも年末年始が休みたいと言えない、シフトを代わってくれる人を探さないと休みがとれない、長時間労働がキツイ、
    遅番の翌日が早番にさせられる。いくつかの店舗で数々の不満を聞いてきた。求人情報にはシフト自由など書かれていても、
    本当に自由なシフトがコンビニバイトに訪れることは私が知る限りなかった。

    休憩中も常に監視カメラをチェック
     休みがとりにくい、長時間勤務が多いなどの他に労働面でウンザリしたのは休憩時間だ。ほぼ2人体勢なので、
    お客が並んだら、すぐにレジに向かわなければならない。そのため休憩中も監視カメラを常にチェックしていた。
     お昼時の12時、13時台は客が多く確実に休憩をとれないため、14時以降に休憩をとる。
    しかし、14時以降とはいえ、ゆっくりとしている暇はなく、30分休憩の間に何度かはバックヤードから出て
    レジ打ちをしなければいけない。15時、16時台になればゆっくり休みをとれるのだが、その頃はもうお昼という時間でもない。
     そんな休憩だとしても、時給は減るので、まともな感覚だと嫌になってしまうのも当然だろう。
    そういった環境だからこそ、コンビニは離職率も高く、1年続いていれば長いほうに感じられた。
    どこのコンビニでも求人募集の張り紙があるのは、こういった低賃金、長時間労働の過酷な現場ゆえと言えよう。

    【コンビニ店長の辛い実態。オープンから1ヶ月間休みなしで店で寝泊まり。】の続きを読む

    st_fujisawa01

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/12(日) 10:23:00.11 ID:???.net
    http://careerconnection.jp/biz/news/content_3270.html

    2016年1月にオランダでの実験導入が決まった「ベーシックインカム」制度。
    世界中がその結果を心待ちにしています。もともと政府が全国民に対して
    最低限の生活に必要な額の現金を無条件で毎月支給する構想ですが、果たしてうまくいくのでしょうか。
    オランダのニュースを受けて世界中で議論が沸き起こっていますが、この制度の提唱者である
    スコット・サンテンス氏は、「なぜベーシックインカムを支持すべきなのか」という記事
    を7月8日付の米ハフィントンポストに寄稿しています。(文:夢野響子)

    アフリカでは犯罪率が減り、失業率も下がった
    記事によると、2009年にアフリカのナミビアで「ベーシックインカム」の
    パイロットプロジェクトが行われた例があるそうです。1年後、子どもたちの授業への出席率は上がり、
    空腹で授業に集中できない子どもが減り、犯罪率が36.5%減りました。
    貧困率と失業率が下がり、ベーシックインカム以外の収入が平均29%上がるという効果も表れています。
    貧困の悪循環から抜け出した人々が、仕事を見つけたり起業したり、登校するようになったのです。
    記事は米国を例に、ベーシックインカムに必要な費用を試算していますが、
    18歳以上の国民全員に年間1万2000ドル(1ドル=121円で約145万円)、
    18歳以下に4千ドル(約48万円)を支給するというプランを選んだ場合、
    1兆5千億ドル(約181兆1100億円)の予算が新たに必要になります。
    この費用の捻出について、サンテンス氏は「不要な官僚主義をなくすなど数々の改善を行えば、それは可能だ」と主張しています。

    「人々が働くのをやめてしまうのではないか」という懸念もありますが、人はそう簡単にやめないようです。
    米国で70年代のニクソン政権が「年収保障制度」を目指してシアトルやデンバーで行われた試みでは、
    当時人々が減らした労働時間は最高でも8%、その後のカナダでの試みでは1%のみでした。

    そもそも働き過ぎ。労働時間は減った方がいい
    現在米国人は働き過ぎだと言われています。3人に1人が週50時間労働で、60時間労働の人もたくさんいます。
    「長時間労働は生産性を落とす」という新しい研究結果も出ている折り、労働時間はむしろ減った方がいいくらいなのだそうです。
    労働者が無理に働かなくてもいい状況では、雇用者が従業員を搾取することがなくなり、労働組合も不要になるそうです。
    いわゆる「ブラック企業」も生き延びることができなくなるわけです。
    「物価の値上がりを促さないか」という懸念もありますが、消費者の選択肢が増えた社会でも販売競争は続きます。
    昨年までユニセフの資金で18か月間にわたってインドで行われたプロジェクトでは、
    かえって物価が下がったという結果も出ているそうです。
    奴隷制度の廃止を人々が支持したように、また国民全員に選挙権が与えられることを支持したように
    世界をよりよくするためにベーシックインカムを支持すべきだとサンテンス氏は結んでいますが、
    日本のみなさんはどうお考えになるでしょうか。

    関連
    【国内】夢の「ベーシックインカム」制度、オランダで実験導入 ホリエモンも「最高の仮説」と期待 [転載禁止](c)2ch.net
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1436491319/
    【国際】働かなくても最低限のお金がもらえる「ベーシックインカム」構想が実現すると何が起きるか、オランダのユトレヒトで実証実験 [転載禁止](c)2ch.net
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1436150093/

    【「ベーシックインカム」の効能を米提唱者が主張。】の続きを読む

    このページのトップヘ