株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    タグ:ニーサ

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 04:56:00.73 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
    sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
    個人投資家を対象にした「NISA」と呼ばれる新たな
    優遇税制が始まってまもなく1年となるのを前に、証券各社は、
    制度の本格的な普及に向けた取り組みを強めています。

    「NISA」は、個人投資家を対象に、年間100万円までの
    株式や投資信託への投資で得た利益を非課税とする制度で、
    ことし1月の開始からまもなく1年となります。

    *+*+ NHKニュース +*+*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141213/k10013939291000.html

    【優遇税制が始まり早一年、証券各社が制度の本格的な普及強化。】の続きを読む

    個人投資家が大好きな株主優待ですが、実はこの制度は日本特有のもので、欧米ではあまり歓迎されていない制度だといいます。もちろん、魅力的な株主優待企業は注目ですが、それも株価の上昇があってこそのものです。

    今年からNISA(少額投資非課税制度)がスタートしたこともあり、投資初心者が株式市場に参入。あらためて、上場企業の株主還元姿勢が注目されています。

    その流れを受けて、自社製品などを提供する株主優待制度を実施する企業も増加。一部報道では、7月末時点の導入社数は過去最高の1148社にのぼるとのことです。

    実は株主優待は日本特有の制度。米国ではスターバックスコーヒーなど、一部の企業しか導入していません。そして、この株主優待は海外の機関投資家からは好まれていない制度なのです。株主優待は海外にまで送付されないのと、換金の手間がかかるからです。しかし最大の理由は、株主優待の導入が利益率悪化を招く可能性があることです。株主優待のために捻出されるお金は、損金参入されない交際費(=節税効果がきわめて薄い費用)として計上される、ただのコストとなります。

    たとえば、株主優待が1万円で、売上高粗利率が10%の企業を想定します。株主優待導入のために発生したコストの元を取るためには、別に10万円の売り上げを確保する必要があります。利益率が1%なら、追加的に100万円の売り上げが必要になるのです。なお、ここでいう「元を取る」とは、コストを吸収しただけで利益ではありません。

    本当の株主還元とは、利益率の改善を高め、企業価値を向上し、長期的な株価上昇を株主に提供することではないでしょうか。なお、ファーストリテイリングやセブン&アイ・ホールディングスといった超優良企業では、企業価値を損なうような株主優待は導入していません。一方で、導入しているからといって、それにより株価上昇が続いているという企業も聞きません。

    ただ、短期的には株価に好影響があるようです。神戸大学の砂川伸幸教授の実証分析によると、株主優待を新たに実施した企業の株価は、導入後数カ月間はそれをきっかけに上昇しやすいそうです。株主優待導入で注目度が増し、流動性が向上。結果、株価の上昇につながるようです。

    しかし、短期的に株価が上昇しやすくても、上記の理由から長期では未知数です。本当に自分を優待してくれるのは、好業績を出し続ける体質の企業なのか、それとも株主優待を送り続けてくれる企業なのか、再考してみるのも悪くないかもしれません。

    ※WEB NET MONEYより転載  

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 14:56:16.28 ID:???0.net
    2014/11/16 14:30

     0歳から19歳の未成年を対象とした「ジュニアNISA(小額投資非課税制度)」が早ければ2015
    年度にも誕生しそうだ。高所得の祖父母や両親らが孫や子名義の口座を開いて株式などを取
    引し、将来の進学や結婚などの資金に役立てようというものだ。

     現行のNISAは2014年1月に始まったばかりだが、「中高年の投資経験者の利用が大半を占め、
    20代、30代の利用は約1割に留まっている」(金融庁)のが現実。ならばジュニアNISAを設け、さ
    らなる投資資金を呼び込もうという戦略だが、恩恵を受けるのは富裕層だけだ。

    ■期待したほどNISAの利用は進んでいない

     金融庁によると、ジュニアNISAは「高齢者から若年層へ、預貯金から株式等へ資金シフトを後
    押しする」のが目的だ。「若者は大学進学などまとまった資金が必要。祖父母など高齢者は資金
    援助する意欲が高い。両者のニーズを合致させたい」との狙いがある。

     日本の家計の金融資産は約1600兆円あるが、その7割近くは60歳以上の世帯に偏在し、その
    半分以上が預貯金で保有されている。アベノミクスの第3の矢である成長戦略を進めるためにも、
    政府として「貯蓄から投資へ」の動きを加速させる必要があるというわけだ。

     現行のNISAは株式や投資信託などの配当や譲渡益が最長5年間、非課税となるが、年間投
    資上限額は100万円となっている。ところがNISAの口座開設は中高年の投資経験者が大半を占
    め、日証協によると、投資未経験者の口座開設は11%にとどまる。年間の投資上限額が100万
    円では富裕層にとって魅力が薄いこともあり、政府や証券業界が期待したほどNISAの利用は進
    んでいないのが現実だ。

    ■「貧富の差」の拡大につながる懸念

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)

    引用元:J-CAST ニュース http://www.j-cast.com/2014/11/16220692.html?p=all

    【2015年にジュニアNISA開始!子供、孫名義の口座で稼ぎまくれ!】の続きを読む

    1: 山師さん 2013/05/15(水) 16:53:14.37 ID:vVsVM2yh
    400万くらいの儲けが出た。
    株初心者のサラリーマンです。
    税金が馬鹿高いので確定申告しないでおこうと思ってますが、バレますか?

    【節税しよう!ちょっと賢い株の確定申告】の続きを読む

    このページのトップヘ