logo

収益性が改善、4Qも増収増益基調が続く見通し

 ティーガイア<3738>は携帯電話販売の一次代理店として、市場シェア約13%を占めるトップ企業。同社の販売拠点は、二次代理店等も含めて2014年12月末で2,243店舗となっており、NTTドコモ<9437>、au(KDDI<9433>)、ソフトバンク<9984>と主要3キャリアともバランス良く取り扱っていることが特徴となっている。その他、法人向けのソリューション事業や、AmazonやBitCashなどのプリペイド決済サービス事業を展開している。

【【ティーガイア(3738 東証1部)】収益性改善、4Qも増収増益見込む。】の続きを読む