株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    カテゴリ: リップル




    今回はインターネットでのリップル詐欺の
    事例について紹介していきます。。


    特徴
    注意1お金を振り込んだがリップルを送ってくれない。
    注意2最初に言ってたリップル数の半分しかもらえなかった。
    注意3リップルが欲しいのにマニュアルの購入を勧められた。
    注意4何か質問すると業務が多忙の為と言い訳する。
    注意5安心安全と自分のサイトを主張するくせに電話番号が無い。責任者の名前が無い?
    注意6連絡が取れない。
    注意73回目まで取引できたのに4回目の入金をしたら突然連絡が取れなくなった。
    注意8店頭で販売してほしいとお願いしたら店頭ではしていない。ネット販売だけと言われた。rippleの専門会社なのにどうして?と聞くと色々言い訳をする。
    注意9リップルの本格的サイトだと思ってその会社に掲載してる住所を検索で調べたらオレオレ詐欺の被害で掲載されている住所と同じだった!
    詐欺や悪質ホームページの見極めポイント
    ポイント1法人では無い、個人運営である。
    個人なのに大きく見せようと、ホームページのタイトルや内容がとてもスケールがデカい。大げさって事です。
    ポイント2電話番号が乗っていない。スカイプ(Skype)などの怪しいネット電話を使っている。もしくはIP電話。市街局番が無いIP電話などを使う傾向があります。
    ポイント3まともな固定電話の電話番号が無い。
    (法人は必ず固定電話があります。これは一つの会社の信用です。)
    ポイント4住所もあやふや。
    ポイント5英語でわざわざ住所を掲載している。これは住所を検索されたくないからです。※英語で掲載してある住所を日本語に訳してみせください。大抵レンタルオフィスか変な民家やアパート、ひどい場合日本語に訳せません存在しない場合もあります。
    ポイント6何故かリップルマニュアルなどタダの情報を値打ちをつけて販売している。
    (情報商材ってやつですね)
    ポイント7店頭販売をしてほしいと言うとダメだと断られる。
    (いつでも逃げれる準備ですね)
    ポイント8店頭販売をしてほしいと言うと近くの喫茶店など会社以外の場所を指定される。

    上記のような事が1つでも当てはあれば気を付けてください。
    まずHPを見たら会社概要を確認して上記が当てはまる会社か確認しましょう。
    まともな企業は必ずNTTの番号案内に登録しています。
    すぐ逃げる会社はそんな事もしていません。
    気をつけてください。
    もし警察に連絡しても逮捕はされるでしょうが
    お金なんてほとんど返ってきません。
    大切なのはお金が返ってくる事ですよね。
    しかし詐欺師は使っちゃってますから返ってきません。
    取引をする前に良く注意する必要があります。
    皆さんの自己防衛力を祈るばかりです。

    ※ご購入する際は、ご自身でもよくお調べになって、
    ご自身の責任においてご購入ください。
    当サイトの情報を利用することで発生したいかなる損害に対しても、
    当サイトは一切その責任を負いません。
    http://www.nanatora.com/


    自己責任。。。
    詐欺にきをつけないといけないですね!!




    リップルを売るにはどうしたらいいのか、
    書いていこうと思います。。。


    先月から価格が上昇して最近落ち着いてますね。


    そこで質問が増えたのが
    「リップルを売りたい」
    「リップルの売り方を教えてほしい」

    この質問です。
    当店も買取はしますが
    金券ショップですから安く買って高く売るのが
    金券ショップの商売です。


    ですから一番相場価格で売るには
    ゲートウエイ(取引所)での売買が一番オススメです。

    いくつかゲートウェイを紹介します。

    取引量
    国内1位は、東京JPY発行所
    国内2位は、デジタルゲートジャパン
    国内3位は、Ripple Exchange tokyo

    リップルトレードジャパンは、音信不通!!
    危険なのでやめたほうがいいです。。。
    http://www.nanatora.com/

     

    こちら、画像付きでわかりやすいので、
    見ながらやるとよろしいかと・・・。

    新規ウォレット作成の方
    下記に画像で説明していますのでご確認ください。
    https://ripple.com/
    ベータ版をご利用の方へ
    現在はベータ版へのログインはできません。
    ※ベータ版を利用しているのであれば「移行」をするよるにお願い致します。 12月15日までです。現在はこちらには入れません。
    https://ripple.com/client/#/login
    Google Chrome インストール
    ※うまくrippleのサイトが表示できない方
    http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

    まずは

    画像0
    画像0.1

    次に

    画像1

    英語表記を日本語に変換する場合はHP一番下の日本語をクリック

    次に

    画像4

    次に

    画像5

    次に

    画像6

    次に

    画像7

    次に

    画像8
    最後に!セキュリティー強化・フィッシング対策

    ウォレット内にログインしたら必ず二段階認証を必ず行ってください。
    http://www.nanatora.com/
    これで、アカウント作成完了です^^


    リップル 2

    今日は、リップルウォレットの
    作り方を紹介します^^


    こちらは、リップルのオフィシャルサイトです。
    ここから、「取引」を押すと、
    アカウント作成ページに行きます。

    10


    このページから、アカウントが作れます。
    最近フィッシングなども多いらしくリップルラボも、
    どんどんセキュリティを強化しています。

    ここ最近は、2要素認証(2FA)も
    できるようになったので、
    絶対やっておいたほうがいいです。。。


    本物サイト↓↓↓
     
    51




    アカウント作成の時には気をつけてくださいね!!
    リップルのアカウント乗っ取りについて


    余談なんですが、
    こちらは偽サイト↓↓↓

    11

    こちらは、ニセモノサイトです!!
    ほんと、そっくりに似せたフィッシングサイトです。

    悪質です!!
    実際は、全く関係ない偽サイトです。
    「2250XRP無料で配布中〜」とうたい、
    公式サイトだと思ったユーザーに、
    IDパスワードを入力させて、入力されたIDパスワードを
    手に入れてXRPを全部盗む偽サイトです。





    はい、それでは、アカウント作成方法に戻りますよ。

    59



    ここから、
    ・自分で考えたアカウント
    ・自分で考えたパスワード
    ・必ず届くメールアドレス

    を入力します^^

    ちなみに、こちらのメールアドレスは、
    gmailでもできました。。。


    そのあと進んでいくと、
    「シークレットキー」というのが出てくるので、
    表示してください。
    そして、表示されたシークレットキーを
    必ず控えるようにしてください。


    ちなみに2要素認証(2FA)は、
    ウォレットを作成して、ログインしてから
    設定することができまーす。


    次回もリップルウォレット作成について
    かきます。。。。
     

    リップル 2


    今日は1日雨が続いて、
    外はもう4月だというのに
    寒い!!!

    でも花粉症はやや落ち着いたから、
    少し調子いいです。。^^

    もう花散っているしね。。。
    花見どころじゃないですね。。。


    今回から数回にわたりですね、、、

    ・Rippleのオフィシャルのサイトについて

    ・リップルのアカウント=リップルウォレット
     の作り方

    ・詐欺セミナーの全貌
    (これはひどい内容でした。。。)

    などについて、書きます!


    まあ、リップルを持っている方からしたら
    もうとっくにしってるし!!!

    とおもわれるかとおもいます。。。

    が、、、

    これからはじめたいひとに向けて^^



    まず、、、、、

    リップルのオフィシャルの
    ページはこちらです。。。

    10


    ここをよーーーっく読むと、
    リップルの情報結構よくわかります。。。
    前は、
    日本語表記まったくされてなかったので、
    全部英語でした・・・
    なので、google翻訳とか、
    辞書で地道に調べてたんですょ。。


    ほんと地道、、、。 


    わたしは、
    人からきいた噂や先入観よりも、
    自分でインターネット以外の
    方法でも調べまくったので、、、^^


    もし、リップルやビットコインも、
    株でもなんでも、取引するなら、
    絶対、たくさん調べたほうがいいです。。
    その上で、自己責任、自己判断で。。




     

    このページのトップヘ