株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    カテゴリ: gumi

    最近のIT関連株は、何かと話題がつきない…。
     

    ニュースキュレーションアプリの筆頭とも言えるGunosy(グノシー)の東証マザーズへの上場が確定しました。

    上場予定日は4月28日で、市場コードは、「6047」、主幹事証券は野村證券です。

    野村證券が最近主幹事を務めたITベンチャーと言えば、上場ゴールのIPO「gumiショック」で注目と批判を集めているソーシャルゲーム会社のgumiです。

    gumi

    gumiは上場後わずか2カ月半で業績予想を下方修正し、
    15年4月期は黒字予想から一転4億円の営業赤字に転落することになりました。

    その結果gumi株には売り注文が殺到。3月6日、9日に2日連続してストップ安を記録しました。

    株式投資は自己責任ではありますが、gumiが上場ゴールと呼ばれ各方面から批判を浴びている
    理由は株価下落だけではありません。 

    ・業績修正の翌日には、運転資金のための30億円の銀行借り入れをしていたことを発表

    ・gumiのCFOが上場後80%の株式を売却(その他役員も大量の株式を売却)

    ・上場後、gumiの韓国子会社の従業員が数千万円の横領をしていたことを発表

    ・上場後、100人規模の希望退職を実施

    経営陣の株の売り方、資金の運用、各発表のタイミングなど最初から上場ゴールで経営陣と証券会社、
    ベンチャーキャピタルだけが得をする上場です。

    今回の上場承認に伴い、GunosyはEDINETにて正式に有価証券届出書を提出しました。

     

    「業績」

    gunosy 3

     

    第一期の売上高は41万7000円、経常損失は約4500万円で赤字です。

    続く第2期は約3億5900万円の売上高、
    しかしテレビCMなど莫大な広告宣伝費を使ったため経常損失13億6500万円と膨れています。

    第3期は約12億7700万円の売上高、約3億円の赤字となっています。

     

    gunosy 4

     

     

    赤字で上場するのかとおもいきや、直近の2015年第3Q単独では約2億円の黒字になっています。

    これだけ見ると、先行投資がある程度落ち着き黒字が出てきて業績が順調に見えますがあくまで会計上の数字に過ぎません。

    クォーター単位なら、今まで赤字の原因になっていた広告宣伝費を一時的に抑えれば黒字にすることは可能です。

    上場を控えて会計上の数字を整えてきたように見えてしまいます。

     

    株式公開で一番得をするのは誰でしょうか?通常は会社を作った創業メンバーです。

    Gunosyの創業メンバーは3名でいずれも東京大学大学院の学生、
    CEOを務めるのはそのうちの一人である福島良典氏です。

     しかし福島良典氏の持ち株比率はたったの「3.53%」しかありません。
    他にも12億円の巨額出資を行ったKDDIが16%、ベンチャーキャピタル(VC)の
    ジャフコが10%など保有していますがいくらなんでも創業者の比率が少なすぎます。

     

    では誰が筆頭株主なのか? それが去年の8月まで共同代表を務めていた木村新司氏です。

    持ち株比率は「41.12%」と、なんと半分近くを占めます。創業者の10倍以上です。 

    木村新司氏は2013年に共同代表に就任し、主に資金調達を担当していました。

    その結果KDDIから12億円など、総額24億円を調達しました。そして1年足らずで代表を退任致しました。

    gunosy2

     

    Gunosyの初期は、東京大学大学院生が作った独自のアルゴリズムによるニュース配信が高い評価を
    得ていわゆるアーリーアダプターと呼ばれるネット上の新しいもの好きな人たちに拡がりました。

    ネット上での集客が一定まで達したことで、次にKDDIから得た12億円の資金などを元に大量のテレビ
    広告を配信しました。 

    CM自体はウルトラマンがただ出てくるだけだったり、全くアプリの内容が伝わらないものでしたが
    ネットから情報収集をあまり行わない層に対して、「印象に残ること」「みんなが使っていることを
    意識させること」
    を意図したものであり、戦略としては正しいと思います。

     

    しかし何百万ダウンロード突破!といくら騒いでも、無料アプリである限りダウンロード自体で
    利益は生みません。

    2015年1月時点で、800万ダウンロードを記録していますがこれらのユーザー(+新規ユーザー)
    から今までの投資を回収し、今後利益を上げていく事業計画が必要です。

    その事業戦略がCPA(獲得単価) < LTV(ライフタイムバリュー)になるか、もしくは高い
    広告料金で無料ダウンロードを買っただけの逆ザヤ状態になるかの分かれ目になります。

     

    GunosyがLTVを生み出すための戦略として昨年発表したのが「Gunosy Platform」と
    呼ばれるプラットフォーム化です。

    これまでGunosyのチャンネルはニュース記事などRSSを吐き出しているところだけに限定されていた。今回のGunosyのプラットフォーム化により、Gunosy上でアクションが可能になる。

    ユーザはチャンネルからサービスを選択し、その中で様々なアクションが可能になる。たとえば、DeNAトラベルのチャンネルではGunosy上で旅行の閲覧、検索、予約が可能になったり、RECLOのチャンネルではGunosy上ですぐ商品の購入に移ることができるようになる。将来的には、記事閲覧との融合を目指しているという。

     

    ニュース配信だけではコンテンツに拡がりが出ないため、利益を生むには事業の拡大が必須です。

    特にGunosyは、経済情報に特化したNewspicksや女性向け雑誌スタイルのAntennaなどに比べて個性が弱く、
    良くも悪くも普通です。

    そのため普遍的なプラットフォームとして移行していくのは自然な流れですが、ポータルになると
    競合他社の存在の大きさや、管理面の負荷を考えると茨の道でもあります。

     元々Gunosyは精度の高いアルゴリズムが評判になったサービスなので、投資家や証券会社に振り回されるのではなく技術面を強化して着実に生長していって欲しいです。

     

    gunosy-6

     

    毎日3〜4回はGunosyのアプリの立ち上げるので、ちょっとした違和感が気になったりします。

    最近こういう上の画像みたいなダブリニュース配信が増えてきたので、
    こういったところから改善していって欲しいです。

    参照;ふくえもん 

     

    Gunosy木村新司氏の
    個人投資家としてのリターンは約50倍か

    【Gunosy上場で荒れ模様か!?gumiの陰にも…あの人物】の続きを読む

    aeb09150
    業績の下方修正、韓国子会社での横領など厳しいニュースの続くgumi。
    「上場がゴール」が流行語大賞やドラマにもなりそうな勢いだ。

    その同社は3月27日開催の取締役会で希望退職者の募集について決議したと発表した。
    展開が早くてドキドキしますね。
    ゲーム関連に詳しくない方は、手を出さない方が必至ですね。 

    gumiの発表によると、同社はブラウザゲームからネイティブアプリへと主軸のサービス
    を転換(2015年4月期第3四半期累計でブラウザゲーム売上が連結売上高全体の9.3%に
    まで低下)しているが、一部でスキルセットの転換や配置換えが遅れているケースもあ
    ったため、これを機に他社への転進等を求める社員に対する選択肢として、希望退職を
    募集することを決定したという。 

    対象とするのはgumiおよびgumi Westの全社員で、募集する人員は100人程度。
    2015年4月期第3四半期決算で発表されたグループ従業員(正社員)数は901人だった。
    募集期間は3月30日から4月17日までで、退職日は4月30日を予定する。
    また今回の希望退職制度に応じて退職する従業員については会社都合の退職として扱い、
    特別退職金を支給する。希望者には再就職支援会社を通じた再就職支援を行うとしている。

    また、gumiでは、今回の退職者募集に伴い発生する費用や業績への影響等について、確定
    次第速やかに開示するとしている。あわせてgumiでは、ブラウザゲームタイトルの「ドラ
    ゴンジェネシス」および「幻獣姫」について、マイネットへの運営移管を行う旨の発表

    している。

    株価も下がりつつも、底値で拾おうと動きが激しいが、冷静に考えてみて、ブレイブフロ
    ンティアとファントムキルもそんなにスゴいゲーム?なのか…
    ライブドア事件が起きたあの時代にも思える、上場ラッシュや不祥事等々…。
    まだまだ、氷山の一角であることは、間違いないでしょう。
    これからも、gumiに注目ですね。





     

    gu3

    何かと話題の多いgumi。
    ブレイブフロンティが爆発ヒットから上場とそこからは、
    まったく良い話題なしのgumiに悲しいお知らせが。
    gumi韓国子会社の社員が、横領の不祥事を行った可能性を発表しています。
    火の無いところに煙は立ちません。事実なんでしょうね…。
    gumiは、業績予想の下方修正を発表していましたが、横領によって赤字に
    転落する可能性も出てきました。
    【GUMIの株価下落…横領の不祥事で大丈夫?】の続きを読む

    このページのトップヘ