株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    カテゴリ: アナリスト 黒木柾策

    ダウンロード

    1: ひろし ★ 2015/07/07(火) 23:13:41.73 ID:???*.net
    [リガ 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのリムシェービッチ・ラトビア中銀総裁は7日、
    ギリシャの国民投票で欧州連合(EU)が求める財政緊縮策の受け入れが否決されたことを受け、
    ギリシャは第2の通貨を導入するというのが最も現実的なシナリオ、との認識を示した。

    国営テレビに対して述べた。将来的にはユーロ圏加盟国が一つ減る可能性もあるとした。

    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0PH1EJ20150707

    【ギリシャ、第2の通貨導入が最も現実的なシナリオ】の続きを読む

    iUFZDiEv8Z4E

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/06(月) 09:27:51.52 ID:???.net
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NR1DB86TTDS201.html

     (ブルームバーグ):ギリシャの国民投票で支援確保に不可欠な緊縮策の受け入れ否決が確実となったことを受けて、
    JPモルガン・チェースとバークレイズのエコノミストらは、ギリシャのユーロ圏離脱が今や基本シナリオになったとの認識を示した。
    JPモルガンのエコノミスト、マルコム・バー氏(ロンドン在勤)は5日の顧客向けリポートで、
    「状況は流動的だが、現時点でギリシャがユーロを離脱する可能性の方がそうならない可能性よりも高いと思われる」
    と指摘し、それが無秩序な混乱の中で起きる恐れがあると予想した。
    一方、バークレイズのアナリストらも別のリポートで、
    「ギリシャのユーロ離脱が今や最も可能性の高いシナリオ」と分析し、
    「ギリシャが最新の提案を拒否した以上、ユーロ圏首脳らがギリシャの現政権と
    支援プログラムで合意することは極めて困難」との見方を明らかにした。

    【欧米銀のエコノミスト認識「ギリシャのユーロ離脱が今や基本シナリオ」】の続きを読む

    20150704172203

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/06(月) 11:34:53.77 ID:???.net
    http://gigazine.net/news/20150706-basic-income-city/

    政府が国民に対して「最低限の生活に必要な資金」を定期的に無条件で支給するのがベーシックインカムです。
    基礎所得保障や基本所得保障、国民配当などとも呼ばれるベーシックインカムは、生きていくために最低限の
    資金を与えることになるので、食べるのに困ることがなくなり、「無意味な労働」が減ると考えられています。
    そんなベーシックインカム構想を現実の世界で実証する都市がオランダにあります。


    016年1月、「ベーシックインカム」がどのような働きをするのかを実証するための大規模な実験が、
    オランダで4番目に大きな都市ユトレヒトで行われます。ユトレヒトで行われる実験は政府とユトレヒト大学とが共同で行うもので、
    政府から生活保護を受け取っている人々に対して相手が成人ならば約1000ドル(約12万円)、
    妻帯者や妻子持ちには約1450ドル(約18万円)を毎月無償で給付する、というもの。

    計算によると、ベーシックインカムの実験に参加することになるのは約300人のユトレヒト市民。
    被験者300人はそれぞれの収入やさまざまな要素から3つのグループに分けることが可能で、
    グループごとに別々の異なるルールが設けられ、このルールというのは現在のユトレヒトの福祉法に従ったものになっているそうです。
    なお、「被験者の少なくとも50人は無条件でこの支給を受けることができ、例え新しい仕事や収入源を得たとしても、
    実験で提供されることになった資金が給付され続ける」と、プロジェクトマネージャーを務めるNienke Horst氏は語ります。

    ベーシックインカムに対する従来の意見は、「人々が働く意義を失う」や
    「働く人が減少して国の経済が大きなダメージを受ける」など否定的な意見が多くありました。
    こういった仮説を実証するために実験を行う、とHorst氏。さらにHorst氏は「我々は現在よりも多くの人々がほんの少し幸せになり、
    何かしらの仕事を見つけるのではないかと考えています」と、実験の動向を予測しています。


    オランダ以外の国でもこれまでベーシックインカムの実証実験が行われています。
    1974年から1979年までの5年間、カナダのマニトバ州ドーファンでは「MINCOME」と呼ばれる
    ベーシックインカムに関する実証実験が行われました。このプロジェクトではドーファンに住む全ての人に
    定期的に資金を提供することで、人々の行動がどのように変化するのかを確かめています。

    マニトバ大学の経済学者であるEvelyn L. Forget氏は、MINCOMEの実験結果をまとめた
    「The town with no poverty(貧困のない町)」という報告書を2011年に公開しており、この中でEvelyn氏は
    「ベーシックインカムの導入がドーファンの町から貧困をなくし、その他の問題を緩和することにつながった」と述べています。

    さらに、報告書によればドーファンの町では全体の就業時間が短くなったそうですが、
    これは金銭的な束縛から解放された人々が子育てや勉学などに集中できるようになったから、とのこと。
    加えて、MINCOMEに参加した人々は病院に行く頻度が少なくなったそうで、町全体の保健医療施設は
    メンタルヘルス関連の苦情の件数が減ったことも明らかになっています。
    なお、ドーファンで行われた実験とユトレヒトで行われる実験には根本的な違いがあり、
    それは「ドーファンの実験では全町民に支給されたのに対して、ユトレヒトの実験では限られた人にのみ資金が支給されることになっている」という点です。

    Mincomeプロジェクトは1979年に起きたカナダの政権交代時に終了してしまい、適正な評価をされないままになっています。
    また、5年間しか実験を行えなかったため、さらに長期的な視点でみたベーシックインカムの効果などは不明なままです。
    それ故、ユトレヒトで新たに行われる実験では、長期に渡った実験によりこれまでにない見識を提供してくれることが期待されます。

    【働かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」構想。オランダのユトレヒトで実証実験。】の続きを読む

    0-300x272

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/04(土) 17:04:12.12 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040003_U5A700C1000000/

    【北京=共同】中国の大手証券会社21社は4日、急落している上海の株式相場を下支えするため、
    共同で計1200億元(約2兆4千億円)以上の資金を市場に投じると発表した。
    主要株で構成する上場投資信託(ETF)に少なくとも1200億元を投資する。
    異例の協調行動で、さらなる相場の下落にブレーキをかける姿勢を鮮明にした。

    21社は「株式市場の安定した発展を断固として守る」とする共同声明を発表した。
    上海株式市場の代表的な株価指数である総合指数の終値は6月5日に、
    2008年1月以来の高値となる5000台を記録。12日には5166.35をつけたが、
    その後は急速な相場上昇に対する警戒感が広がって売りが優勢となり、7月3日までに3割近く下落した。

    【上海株下支えへ2.4兆円市場投入。中国大手証券21社が投信購入。】の続きを読む

    258248216-1435904354_l

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/04(土) 12:13:21.35 ID:???.net
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/03/news096.html
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1507/03/yx_bandai_01.jpg
    バンダイナムコエンターテインメントは7月3日、「パックマン」「ゼビウス」など同社の
    ゲーム17タイトルのIP(知的財産)を国内のクリエイターに開放する「カタログIPオープン化プロジェクト」で、
    個人クリエイターのエントリー受付を開始した。審査に通過して「公認クリエイター」になれば、
    対象ゲームのキャラや音楽を利用したスマートフォンゲームなどを開発・配信できる。

    公認クリエイター第1弾として、スマートフォンアプリ、ブラウザゲーム、
    新デバイス向けコンテンツを開発する個人を募集。審査は、(1)個人で制作したコンテンツがコンテストなどで
    表彰された経験がある、(2)長期にわたって個人でコンテンツを公開している実績がある
    (3)プロジェクトの対象タイトルを長く愛用している――の3点を総合的に考慮して認定する。
    認定されたクリエイターは簡易的な企画審査を受けられ、審査終了後は監修なしで
    2020年3月末まで国内限定でサービスを公開できる。有料サービスの場合は所定の条件に従った売上分配を同社に支払い、
    無料の場合は広告配信ツールを導入して広告収益を同社に分配する。
    学校法人としてエントリーし、授業でコンテンツの活用や、学生が制作したコンテンツの
    公開ができる「学校法人プログラム」も用意。学校法人のエントリー受付も始めた。
    今秋、対象コンテンツをテーマに限られた時間内でアイディアを出し合い、
    コンテンツ開発を行うイベント「カタログIP×GameJam」も行う。

    法人向けのエントリー受付は4月にスタート。100社を超える企業からのエントリーがあり、
    約半数から企画申請を受け、50件を超える企画が審査を通過したという。
    ゲームだけでなくさまざまなコンテンツのアイディアが寄せらるなど「素晴らしいスタートを切ることができた」としている。

    【バンダイナムコが 「パックマン」「ゼビウス」などのIP開放。】の続きを読む

    このページのトップヘ