株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2015年05月

    b0301101_925432

    1: ぷるんぷるん天国 ★ 2015/05/19(火) 19:38:41.64 ID:???.net
    2015.5.19 19:14
    販売休止となり、店頭から撤去されたカップ麺「ペヤングソースやきそば」(川口良介撮影)
    http://www.sankei.com/images/news/150519/ecn1505190059-p1.jpg
    まるか食品(群馬県伊勢崎市)は19日、虫の混入問題で、販売を休止していた
    「ペヤングソースやきそば」の販売を、6月から順次、再開すると発表した。
    工場内の床や壁を汚れがつきにくい素材に変えたほか、外部から虫が入らないよう
    隙間をふさぐなどの対策を講じ再発防止にめどがついたためという。
    同日から生産を再開し、6月8日に関東圏で販売再開するのを手始めに、7月6日
    までに全国で販売を再開する。

    当面は主力商品の「ペヤングソースやきそば」のみを販売し、秋頃から「超大盛」の
    販売を再開する。

    まるか食品は昨年12月、消費者からペヤングソースやきそばにゴキブリが混入して
    いたとの指摘を受け、全商品の製造、販売を休止していた。

    http://www.sankei.com/economy/news/150519/ecn1505190059-n1.html?view=pc

    【ペヤングソースやきそば、ついに販売再開!6月8日にまず関東から。】の続きを読む

    Drugstore_Daikoku_Drug_ダイコクドラッグ、8249113

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/18(月) 09:59:21.86 ID:???.net
    http://toyokeizai.net/articles/-/69853

    マツモトキヨシ、サンドラッグ、ツルハドラッグ、スギ薬局――。コンビニエンスストアと並んで街で意外と多く見かけるのが、ドラッグストアです。
    駅前の狭小立地や郊外のロードサイド、ショッピングセンターや駅ビルのテナントとしても出店している
    同業態は、私たち消費者にとって非常に身近な存在と言えます。

    全国に約1万7000店
    経済産業省の調べによると2015年3月現在、全国のドラッグストアの店舗数は1万3434店舗と昨年同期比で586店舗増加しました。
    同統計の対象はドラッグストアを50店舗以上有する企業、もしくはドラッグストアの年間販売額が100億円以上の企業のみなので、
    実際の店舗数はもう少し多いと思われます。
    日本チェーンドラッグストア協会の調査によれば、2013年度のドラッグストアの店舗数は約1万7000店。
    これはだいたい、日本国内にあるセブン-イレブンの店舗数と同じくらいです。
    ドラッグストアの定義については、日本標準産業分類、商業統計、経済センサス、
    日本チェーンドラッグストア協会など団体・資料によって少しずつ異なっていますが、
    基本的には医薬品・化粧品を中心とした健康と美容に関する商品と、家庭用品、日用品などをセルフサービス方式で小売する業態となっています。

    店舗によって売り場づくりがガラリと変わるのも、ほかの業態にはない特徴です。
    たとえば病院の近くなら大きな調剤を併設、都心の小型店では若い女性向けの美容系商品が充実、
    オフィス街ならコンビニ的な品ぞろえ、郊外店ならペットフードの売り場が広がるなど、売場面積や商圏にあわせ、各社が柔軟に対応しています。
    さて、経済産業省調べによるドラッグストアの2014年度の商品販売額は全体で4兆7648億円でした。
    ドラッグストアというくらいですから、いちばん売れているものは医薬品と考えるのが普通ですが、実はそうではありません。
    販売額をカテゴリ別に見てみると、最も売り上げ構成比が高いのは食品です。2014年度のドラッグストアの食品の販売額は1兆1950億円で、
    全体の約25%を占めます。ちなみにメインとなる調剤医薬品は3214億円、一般用医薬品(OTC)は7162億円となっています。

    ドラッグストアでの食品の取り扱い数は、年々拡大傾向にあり、どの企業でも大きな位置を占めるようになっています。
    都心の小型店舗でも、休憩時にペットボトルの飲料やカップスープ、お菓子などを購入しているビジネスパーソンを見掛けますが、
    郊外の店舗であれば売り場もゆったり取れるので、売り場の3分の1から半分はお菓子やカップ麺、
    加工食品などを中心とした食品売り場という店も少なくありません。スーパーやコンビニのように、
    プライベートブランド(PB)商品を持つ企業も多数あります。
    ディスカウント系の店舗にその傾向は強く、九州を拠点とするコスモス薬品のように売り上げ構成比の約半分が食品といった企業も。
    こういった店舗ではスーパーなどの代わりに利用している客も大変多くなっています。


    ドラッグストアが食品を多く扱う背景には、コンビニや食品スーパーなど他業態との顧客獲得競争が挙げられます。
    食品スーパーやコンビニの場合は商品構成上、食品が中心ですから、基本的に週に数回、多ければ毎日といったように来店頻度は高くなります。
    一方、ドラッグストアのメイン商材である医薬品や化粧品、日用雑貨はそれほど頻繁に購入することはなく、
    したがって来店頻度はスーパーやコンビニに比べて低くなります。
    前述したように、ドラッグストアは全国にセブン-イレブンと同等の店舗数がありますから、
    当然のように店舗の周りには同業態、他業態を含め競合が多数あります。
    そこで、ドラッグストアが購入頻度の高い食品を扱うことでスーパーやコンビニのように気軽に立ち寄ってもらい、
    来店頻度を上げて売り上げに結び付けようというのが各社の狙いなのです。

    【ドラッグストアは何故食品だらけなのか?】の続きを読む

    imgs03

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/19(火) 10:16:22.949 ID:7aUOF4A80.net
    せっせと働いても一般人は多くて20万・・・

    【ホストとか株主が楽して儲けていることが気に入らない・・・】の続きを読む

    jpg

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/18(月) 11:30:44.40 ID:???.net
    http://blogos.com/article/112263/

    少子高齢化が進む日本では、将来の社会保障が不安視されている。そんな中、老後の生活資金に関する意識調査が行われた。

     総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン)は4月21日、
    2015年第1四半期の労働意識調査を発表した。この調査は18歳?65歳の働き手を対象に、
    米国や英国、フランス、ドイツ、中国など世界の34の国と地域で実施された。

     発表によると、日本の働き手の82%が「老後の生活資金に向けた貯蓄は、雇用主ではなく個人の責任である」と回答した。
    同質問に対する調査国全体の平均は63.7%。割合が最も高かったのはシンガポールの85.1%で、次がインドの84.1%、日本はそれに次ぐ3番目だった。
    一方、最も割合が低かったのは、ハンガリーの33.8%。日本は、老後の生活を自己責任と考える傾向が強いようだ。

     また自分の収入のうち、老後の資金として実際にどれくらい貯蓄をするのか聞いたところ、42%の働き手が「20%以上貯蓄する」と回答した。
    「10%」は33%、「5%」は25%だった。調査国全体で「20%以上貯蓄する」と回答した働き手の割合の平均は24.5%。日本人は貯蓄に前向きな様子がうかがえる。

     それでは、日本人は老後にどのくらいのお金が必要と考えているのだろうか。
     株式会社ゆこゆこが4月9日に発表した調査(会員2,338名が対象 調査期間は3月10日?15日)によると、
    必要なお金は1カ月あたり「20万円以上30万円未満」が37.9%で最も多かった。以下は「10万円以上20万円未満」の25.8%、
    「10万円未満」の15.7%、「30万円以上40万円未満」の15.1%と続いた。
     また、必要だと思われる理想の貯金額を聞いたところ、「2,000万円以上?3,000万円未満」が22.1%で最も多かった。
    以下は、「1,000万円以上?2,000万円未満」の17.8%、「3,000万円以上?4,000万円未満」の12.0%、「4,000万円以上?5,000万円未満」の11.6%の順。

     少子高齢化の影響で財源確保が難しい今の年金情勢では、年金支給開始時期の繰り下げや支給額の減額が予想されている。
    これから先、ゆとりのある老後を送るには、ある程度の生活費と貯蓄が必要と考えている人が多いようだ。

    【老後の生活資金に必要なお金は?20~30万円/月、貯金は2,000万円以上。】の続きを読む

    sublease

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/12(火) 16:42:03.49 ID:???.net
    http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3648.html
    全国で深刻化する「空き家問題」。とりわけアパートなどの賃貸住宅は5戸に1戸が空き部屋となる一方、
    新規の建築は増え続けている。そのおよそ半数を占めているのが、住宅メーカーや不動産会社が提案する
    “サブリース”形式のアパート。会社は、空き部屋があっても「30年家賃保証」するとして、土地を持っている
    農家などにアパート建設を提案。土地の持ち主は税金対策にもなるしリスクも少ないと、
    多額の借金をしてアパートを建て、運営を会社にまかせる。しかし、取材を進めると、想定されていた家賃が保証されない
    などとしてトラブルが相次いでいる。また、実際の需要を超えて、次々と新しい賃貸住宅が建設され、
    地域の空洞化が深刻な状態となる地域も出てきている。増え続ける「空き部屋」を通じて、日本の住宅政策のあり方を問う。


    群馬県高崎市中心部から徒歩30分。
    もともと田畑が広がっていた地域に、今、サブリースのアパートが立ち並んでいます。
    近所の住民「別に駅に近いわけでもないし、何でこんなに増えたんだか。すごいですよね。」
    10年前にサブリースのアパートを建てた小出銀二郎さん、87歳です。

    農業を営んできた小出さん夫妻。高齢になって、2人で耕すには畑が広すぎると考えたといいます。

    小出銀二郎さん(87)
    「(体力的に)もう限界ですよ。ここのところ余計そういうこと感じる、痛切に。」作付けをやめると土地にかかる税金が大幅に上がるうえ、相続税についても頭を痛めていた小出さん。
    大手不動産会社から、税金対策になると、ある資料を提示されました。資料には、一般のアパートの家賃は年々下がる一方、この会社でサブリースのアパートを建てれば
    30年後も家賃収入は下がらないとする図が書かれていました。
    小出銀二郎さん(87)
    「うちはアパート作る気はないって言ってたんだけど、いくらか足しになるかと。」
    妻 みよさん(83)
    「経験していないうち、これ出されたら信じるよりほかない。」小出さんは建築費1億円余りを会社に支払いました。すべて借金で賄いました。
    妻 みよさん(83)
    「こっちは止まってる。」
    ところが周りにもサブリースのアパートが次々と建てられ、入居者の数は徐々に減っていきました。今では18部屋のうち、3分の1が空き部屋です。
    今年(2015年)3月、小出さんは突然会社から家賃保証の金額を下げたいと告げられました。金額が下がるという説明を受けた記憶はないという小出さん。思いも寄らぬことでした。

    なぜ、家賃収入は下げられてしまうのか。小出さんの契約書です。契約期間は確かに30年間と書かれています。
    しかし、保証するとしていた家賃収入は、10年を経過したあとは2年ごとに改定するとなっていたのです。

    妻 みよさん(83)
    「下がることもあるんだっていうことを会社側から言われれば自分たちだって思わないこともないけど、満室にならなくても
    保証しますと言っているんだから保証すると思うじゃないですか。」サブリースを巡るトラブルを取材すると、ほとんどが家賃収入が減額されるリスクについて十分な説明を受けていないという訴えでした。
    マンションや戸建てなどを売買する場合、法律によって重要事項説明が不動産会社に義務づけられています。
    会社はさまざまなリスクについて口頭と書面で説明しなければなりません。しかしサブリースの場合、一括借り上げという貸し借りの契約のため、この法律の対象外となり、
    売買のときのような厳格な説明は義務づけられていないのです。営業ではどんな説明が行われているのか。
    取材を進めると、中には家賃収入は下がらないと言い切るケースもありました。勧誘を受けた人が録音した音声です。

    “サブリース”会社の社員
    「ぼくらの会社だって一部上場企業として全国でやっている以上、入居が入らないとか、建物が例えば古くなったから、そういう理由での家賃の変動というのも存在しません。」
    勧誘された人
    「アパート過剰供給になって入らないんじゃないかと私は思うので、えらい心配なんですよ。よって家賃収入も減額されるんじゃないかって心配なんですよ。」

    “サブリース”会社の社員
    「私の話聞いてました?家賃は約束通り入ります。その辺の不動産屋と一緒にされては困るんです。」家賃を減額され、
    サブリースの契約を解除せざるをえなくなった人もいます。関東地方に住む男性です。8,000万円を借金してサブリースのアパートを建築しました。
    アパートの大家
    「ここは空いていますね、ここも空いてます。それから向こうも全部空いています。」

    【大東建託、サブリース形式のアパートを巡るトラブルが後をたたず。】の続きを読む

    このページのトップヘ