株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2015年05月

    logo_400x400

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/25(月) 21:30:46.56 ID:???.net
    http://buzzap.jp/news/20150525-j-com-jpx/

    携帯電話会社から通信回線を借りて割安なサービスを提供する
    MVNO(仮想移動体通信事業者)の先駆け、日本通信が東証一部に上場することが発表されました。詳細は以下から。

    本日発表されたプレスリリースによると、日本通信は2015年6月1日付けで東京証券取引所市場第一部へ市場変更することとなったそうです。

    同社は一部上場に際して「MVNO専業事業者である当社が東証一部へ上場するということは、
    広く政府や業界、さらには様々な産業を含む顧客市場から、MVNO 事業は今後の成長戦略の
    原動力であると認められたものと受けとめております」とコメント。
    なお、同社は今年で創業20年を迎えるにあたり、VAIOと提携した自社開発のスマートフォン「VAIO Phone」を発売するなど、独自性を打ち出しています。

    【日本通信が東京証券取引所市場第一部へ市場変更。】の続きを読む

    101b52af-s

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/24(日) 11:24:24.88 ID:???.net
    http://biz-journal.jp/2015/05/post_10055.html
    スマートフォン向けニュースアプリGunosyを運営するグノシーは4月28日、東証マザーズに上場した。
    初値は公開価格と同じ1520円。主幹事証券会社である野村証券の買い支え策で、辛うじて公開価格割れを免れた。
    1520円で寄り付いた後は一時1502円まで下げ、終値は1620円。公開価格比6.5%増の小動きだった。
     グノシー上場で最も注目を集めたのは、野村の動きだった。野村が主幹事を務め、
    昨年12月に東証1部へ上場したスマホゲームアプリ開発会社gumiが、そのわずか2カ月半後に2015年4月期の連結営業損益予想について、
    黒字から赤字へと大幅下方修正。このほかにも新興市場では、上場直後に業績を下方修正する企業や不適切な取引が横行し、
    ついに東京証券取引所の逆鱗に触れた。
    「上場して数カ月で『予想と違いました』と言って、黒字から赤字になるなんて、あまりにもひどい」
     野村出身で東京証券取引所を傘下に収める日本取引所グループCEO(最高経営責任者)の斉藤惇氏は3月31日の会見で、
    こう怒りをあらわにした。さらに主幹事証券会社に対して「長い間、外交をしてきて(上場予定の企業の実情について)知っているはず。
    知らなかったら上場できるはずがない」と指摘した。ちなみに同日、日本取引所グループは新規公開企業の取引について上場審査を強化し、
    業績予想の前提条件や根拠の適切な開示を要請することを発表。これで東証の新規上場の審査が厳しくなっては困ると、
    上場予備軍のベンチャー企業は戦々恐々だ。
     そして日本取引所グループが審査強化を打ち出してから、野村が主幹事を務める最初の大型新規上場案件がグノシーだった。

    野村の威信
     グノシーはインターネット上のニュースサイトやブログなどから、ユーザーの興味や関心に沿った記事を配信。
    広告収入を収入源としている。福島良典社長が東京大学大学院在籍中に独自のアルゴリズムを開発し、
    11年10月にサービスを開始、翌12年11月に会社を設立した。
     グノシーは、KDDIやベンチャーキャピタル、個人投資家の木村新司氏らから24億円の資金を調達。集めた資金で、
    テレビCMなどを大きく打つ手法で利用者数を増やしてきた。アプリのダウンロード数は、今年3月末時点で900万を超えた。
     足元の業績は赤字であり、14年5月期の売上高は3.6億円にとどまり、営業赤字を13.6億円計上している。
    収益を圧迫したのは販売管理費の16億円で、その大部分をテレビCMの広告宣伝費が占めた。
    15年5月期にはアプリからの広告収入を増やし広告宣伝費を絞ることで、売上高は30億円、営業利益は5100万円と黒字転換を見込む。
    しかし、税引き後利益はわずか500万円。予想PER(株価収益率)は5000倍超という、「異常な株価形成」(市場筋)となっている。

    【野村証券、グノシー上場で「株価操作」疑惑との批判。】の続きを読む

    img_995807a381b7e8e31be3930490ec20d726240

    1: Hi everyone! ★ 2015/05/23(土) 10:17:49.03 ID:???.net
     22日の株式市場で西武ホールディングス株が急落し一時、前日比13%安の2860円を付けた。筆頭株主の米投資会社、サーベラスが
    保有する約35%の西武HD株のうち、約10%を売却すると伝わり「市場に流通する株式が増えて、需給が悪化する懸念が広がった」
    (松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)。

     サーベラスは昨年4月の西武HDの上場時に約15%の株式売却を予定していたが、公開価格で条件が折り合わず売却を見送っていた。
    上場後に株を自由に売却できないロックアップ期間が昨年10月に終わり、売却時期を探っていた。

    ソース(日本経済新聞) http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD22H18_S5A520C1MM0000/

    【サーベラスの株売却報道で西武HD株が一次急落。】の続きを読む

    logo_fundely

    ファンデリー (3137) 東M

    需要申告仮条件購入申込公募価格公開日
    6/10~6/166/96/18~6/23-6/25

    単位株100株
    単位株価格---
    主幹事SMBC日興証券

    会社情報

    健康食宅配事業及び企業向けマーケティング支援事業

    会社設立年月2000/09/25
    会社住所東京都北区赤羽2-51-3
    電話番号03-5249-5080
    社長名阿部 公祐
    ホームページhttp://www.fundely.co.jp/
    公開価格---資金調達額---
    初値---公開株式数公募300,000株
    先週終値---売出706,000株

    財務データ

    決済期2014/032013/032012/03
    売上高2,472百万円2,071百万円1,223百万円
    経常利益404百万円395百万円34百万円
    当期利益245百万円199百万円32百万円
    純資産676百万円323百万円106百万円

    幹事証券会社リスト

    割合株数幹事証券会社
    ------SMBC日興証券
    ------野村證券
    ------みずほ証券
    ------いちよし証券
    ------岩井コスモ証券
    ------岡三証券

    CFjyLxPUkAEc5eG

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/21(木) 23:55:11.44 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD21H7M_R20C15A5DTA000/

     米運用会社キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニーが任天堂株を発行済み株式ベースで
    16.41%保有していることが分かった。21日、関東財務局に提出した大量保有報告書で明らかにした。実質的な筆頭株主とみられる。

     キャピタルは3月10日時点で15.29%保有していた。3月17日に任天堂がディー・エヌ・エーと
    組んでスマートフォン(スマホ)ゲームに参入すると発表した後、キャピタルはさらに買い増した。
    任天堂は「マリオ」などの人気キャラクターを積極活用しており
    「外国人投資家を中心に業績拡大の期待感が高まっている」(大和証券の田中聡アナリスト)ようだ。

     キャピタルは海外の年金運用を手掛け、成長株を中心に中長期で保有することで知られ、
    ソフトバンクや村田製作所などにも投資している。任天堂株の保有目的は
    「顧客である日本国外の投資信託の利益を目的とした純投資」としている。

     任天堂株はスマホゲームが収益に貢献するとの期待から約4年ぶりの高値水準にある
    「キャピタルの買い増しは続く可能性があり、下支え材料になりそうだ」(田中アナリスト)との声が聞かれた。

    【米運用会社が任天堂株を買い増し。筆頭株主になる。】の続きを読む

    このページのトップヘ