株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2015年04月

    7cb1028a

    1: マカダミア ★ 2015/04/24(金) 06:14:07.77 ID:???*.net
    株式市場が久しぶりに盛り上がっている。日経平均株価が22日、終値で2万円台を回復した。10日の取引中に突破したものの、
    終値で2万円台は15年ぶり。兜町は安堵と期待にあふれているが、一方で、ここから先の相場は危ういという見方も台頭している。

    「5月は危険に満ちています。米投資ファンドの決算(6月)を控え、利益確定の大量売りが起こりそうなのです。実際、
    13年5月23日には1143円も暴落した。相場格言『セル・イン・メイ(5月に売れ)』をナメてかかると痛い目に遭いかねません」
    (株式評論家の倉多慎之助氏)

     この年は5月から6月にかけての1カ月弱で、日経平均は3100円以上(約20%)も下落した。今年はバブル色の強い官製相場だけに、
    13年より警戒が必要だろう。

    ■GW明けに1万6000円台の可能性も

    「GW明けから企業の決算発表が相次ぎます。多くの企業は今期(16年3月期)予想を同時に公表します。大手証券は2ケタ増益を予想
    していますが、企業側は下方修正を嫌って慎重な数値を出すでしょう。想定より企業業績が悪いと市場が判断すれば株は売られます」(証券アナリスト)

     最も警戒が必要なのは、ズバリ5月1日だ。株式評論家の杉村富生氏が言う。

    「4月30日に日銀の金融政策決定会合があります。市場は追加金融緩和を期待し、株価はそれを織り込みながら上昇しています。
    肩透かしを食らえば、翌1日の株価は大きく下げるでしょう。しかも2~6日は休場なので、この間に市場を揺るがす大事件が起きても
    投資家は売るに売れない。だから、その前に持ち株を処分しがちです。悪材料が重なる1日は危険なのです」

     13年と同レベルの下落率(20%)だとすると日経平均は「2万円→1万6000円」だ。GW前に保有株を整理しておくのも
    ひとつの選択肢である。


    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159249 2015年4月23日
    15年ぶり終値2万円回復も…市場で囁かれる「5月暴落」リスク

    【GW明けに日経平均1万6,000円台の可能性。警戒が必要。】の続きを読む

    fx

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 02:13:12.14 ID:rmZYPL2b0.net
    絶対やるな。2chに書き込まれてる成功談は信用するな。時間だけが浪費される。
    2chでFX・株を勧めてる輩は証券会社の回し者だ。金を稼ぎたいのなら黙って働け。ノーリスクで金が手に入るのは素晴らしいことだ。

    【これからFXをやろうと思ってる人にこれだけは言っておく。】の続きを読む

    nFbrtoSRe5-200904060658-i001

    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 13:21:45.41 ID:4QNfJe2I0.net
    おまえが経済学の研究室もってんのに

    俺今年からおまえの研究室で院生なのにwww

    【経済学部は世界一役に立たないとか教授が言ってるんだけど。】の続きを読む

    かっぱ寿司~コロワイド

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/11/19(水) 16:36:07.07 ID:???0.net
    「牛角」「温野菜」・・・さらに、「かっぱ寿司」も傘下に 外食業界4位に浮上した「コロワイド」ってどんな会社?

    居酒屋「甘太郎」「北海道」などを展開するコロワイドが回転ずし「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトホールディングス(HD)を買収する。
    2014年10月27日発表した。

    両社の連結売上高を合算すると約2400億円と、外食業界4位に浮上する。
    居酒屋市場が縮小する中、レストラン事業を拡大して生き残りを図る。

    居酒屋からレストラン重視へ
    コロワイドは株主優待が充実した企業として、個人投資家の間では有名だが、一般にはあまり知られていない。社名は勇気(Courage)、愛(Love)、知恵(Wisdom)、決断(Decision)からとった造語だ。
    もともとは神奈川県逗子市の個人経営の飲食店で、1994年、現社名に変更した。
    1990年代までは居酒屋が中心だったが、2000年代以降はレストランを積極的に展開。比較的小規模な企業の買収を重ね、2012年に「牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」などを展開するレックス・ホールディングス(現レインズインターナショナル)を買収し、業界にその名をとどろかせた。
    さらにカッパHDが加わると、売上高はワタミや吉野家HDを上回り、牛丼「すき家」を運営するゼンショーHD、すかいらーく、日本マクドナルドHDに次ぐ規模になる。

    コロワイドの戦略の背景にあるのが居酒屋の先細りだ。市場規模で10倍以上大きいレストラン業態の拡大を目指す方針を掲げ、今回の買収で、目標としてきた売上高比率で「レストラン業態6割以上」を達成。
    焼き肉「牛角」など肉料理の比重が高かったが、回転ずしという魚中心の新たな業態を手に入れることで「食材比率が適切なバランスになり、一層の経営基盤の安定化に資する」と胸を張る。

    居酒屋は市場が3割縮小

    居酒屋はそんなにひどい状況なのか?数字を見ると、確かに厳しい。食の安全・安心財団によると、「居酒屋・ビヤホール」の2013年の市場規模は1兆96億円と、ピークだった1992年から約3割縮小しているのだ。

    バブル崩壊による景気低迷に加え、若者のアルコール離れが響いたというのが理由と言う。また、近年は日高屋や餃子の王将など、料理もアルコールも手軽に楽しめる中華店が台頭。
    吉野家は手ごろな価格でアルコールとつまみを提供する「吉呑み」を展開して「ちょい飲み」需要を取り込む。スーパーやコンビニエンスストアも、総菜を充実させて「家飲み」需要の確保に躍起-―といった具合だ。

    一方、「食」が主体の飲食店の市場規模は12兆8000億円で、1990年代以降ほぼ横ばい。人口減少社会に入り成長市場とはいえないが、居酒屋に比べれば、まだ伸びる余地はある。

    コロワイドの野望は、国内だけにとどまらない。今後5年間で、東南アジアを中心に「牛角」「温野菜」など約450店舗を出店する計画だ。国内市場は行き詰まっても、海外に目を向ければ成長の可能性は広がる。日本食や日本式サービスは、海外でも人気が高い。日本よりはるかに成長率が高い新興国需要を取り込みたい考えだ。

    ただ、カッパHDは「スシロー」「くら寿司」などとの競争激化に苦しみ、2014年2月期まで2期連続で純損失を計上している。まずはカッパの業績を回復させ、足もとを固めることができるかが問われそうだ。


    http://www.j-cast.com/s/2014/11/19220918.html

    【外食業界4位のコロワイドってどんな会社?】の続きを読む

    images

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 08:57:11.08 ID:lVi0751qa.net
    なおまだデモトレードしかしてない模様
    一目均衡表の見方がようやくわかってきたけど難しすぎるンゴ…
    個人でやってるやつでMT4のプログラム自作してるやつとかほんまに存在するんか?

    【Fランの俺がFXをはじめる。ただしデモトレの模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ