株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2014年12月

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/20(土) 22:44:40.27 ID:???.net
    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/12/19/kiji/K20141219009489350.html

     政府、与党が、国民一人一人に番号を割り当てるマイナンバーを、
    銀行などの預金口座にも適用する方針を固めたことが19日、分かった。
    個人資産をより正確に把握する狙いがある。
    30日に決定する2015年度の税制改正大綱に盛り込み、来年の通常国会に改正法案を提出する方向だ。

     マイナンバーは年金や納税の情報を一元管理する制度で16年1月に始まる。
    現行法では預金口座への適用はできないため、法改正が必要になる。
    18年に実際の運用を始める方向で検討する。

     預金口座の情報を把握すると、社会保障や税負担の公平感につながる可能性がある。
    その一方、個人資産を政府に把握されることや情報漏えいへの不安が高まりそうだ。

     税制改正大綱には、税務調査を効率的に実施するため、銀行などに対し、
    預貯金情報をマイナンバーで検索可能な状態で管理することを義務付けると明記する方針だ。

     マイナンバーの活用策をめぐっては、政府税制調査会が4月、
    預金口座にマイナンバーを付けることを検討するよう求める内容の論点整理をまとめていた。


    関連ニュース:金口座にマイナンバー 18年から任意登録、政府方針 (会員限定記事です)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H7I_Z11C14A2EE8000/

    【政府が銀行などの預金口座にもマイナンバーを割り当て個人資金の把握を行う方針。】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/21(日) 21:20:57.11 ID:???.net
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141219-OYT1T50106.html

     シャープは19日、欧州での液晶テレビと白物家電の生産・販売から撤退することに伴い、
    2015年3月期連結決算で計143億円の特別損失を計上すると発表した。

     上半期(4~9月)に57億円の特別損失を出したが、下半期にも85億円の損失を追加計上する。

     19日の取締役会で、ポーランドの液晶テレビの組み立て工場を
    スロバキアのメーカーに売却することを正式に決めた。
    工場の売却や販売会社の人員整理などに伴う新たな損失が発生した。

     15年3月期の業績予想には織り込んでおり、連結売上高2兆9000億円、
    税引き後利益300億円の予想は据え置いた。

    【シャープ、特損143億円。欧州での液晶テレビと白物家電の生産・販売撤退。】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2014/12/20(土) 14:50:43.59 ID:???.net
     おせち料理の食材に使うホタテ、クルマエビといった水産物の価格が上昇している。円安で漁船の燃料費などが上昇しているほか、海外から
    の買い付けの増加が響いている。家計にとっては例年にない負担になりそうだ。

     東京都中央卸売市場の築地市場では十六日、ホタテが一キロ当たり七百五十六~千二百九十六円で取引された。昨年十二月の平均卸売
    価格は四百八十円で、二~三倍に高騰している。

     クルマエビもことしの夏ごろから上昇傾向だ。十六日は一キロ当たり七千五百六十~一万二千四百二十円で取引され、昨年十二月の
    平均価格と比べて二倍程度の価格が付いた。

     築地市場の担当者は「円安で漁船の燃料費など物流コストが高騰していることが価格に反映されている」と分析。「しばらくは高止まりする
    可能性が高い」と予想する。

     海外からの引き合いが増えていることも価格を押し上げている。品質の良いホタテが採れる北海道枝幸町(えさしちょう)の枝幸漁業協同組合
    によると、ここ数年、中国や米国からの買い手が視察に訪れる機会が多くなった。漁協の幹部は「円安で海外からみてお買い得になったからだ」
    とみている。

     年末に書き入れ時を迎えるスーパーは対策に懸命だ。東京都内のスーパーでは「作る種類を限定して、購入額を抑えてもらいたい」と訴え、
    値上がりの影響が少ない豆類を使ったおせち料理の作り方を提案している。十二月の最終週には特売セールも実施する。

     一方、専門店から取り寄せたおせち弁当を販売する百貨店ではコストを削減して価格を据え置くケースが目立つ。人気店のおせち弁当を
    大みそかに販売する西武池袋本店(東京)は「わざわざ高い食材を買うより、ぜいたくなお弁当で済ませようと考える人も多い」(担当者)と
    期待している。

    ◆品薄バター 供給に限界

     家庭用バターの品薄が続いている。農林水産省は十一月末、乳業メーカーに増産を要請し、需要が高まるクリスマスまでには必要量が店頭に
    並ぶとしていたが、一週間を切っても品切れのスーパーが少なくない。メーカーは努力しているが供給に限界があるからで、消費者にとって
    不安な年末となっている。

     乳業大手四社は農水省の要請に応じ、十二月の供給量を前年同月と比べ2%増やすことを決めた。バターは、国内の酪農保護のため
    国が輸入を管理しており、二〇一四年度は計一万トンの緊急輸入を決定。十一月末までに七千トンを輸入した。

     しかしイトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスの広報担当者は「ほぼ毎日、各店舗でバターを入荷しているが、少ない」
    と明かす。乳業メーカーに対する農水省の要請前と比べても、仕入れ状況はあまり変わっていないという。スーパー「アキダイ関町本店」
    (東京都練馬区)ではこの日も「お一人様一点限り」と、購入を制限していた。イトーヨーカドーやイオン系でも同様の対応をしている店がある。

     バター最大手の雪印メグミルクは「現時点で十分な量の供給はできていない」(広報)と認める。生乳が不足している中で、生クリームなどの
    需要もあることから、家庭用バターに回す量には限界があると説明する。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122002000231.html
    写真=西武池袋本店が販売するおせち弁当
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/images/PK2014122002100120_size0.jpg

    【年の瀬の食卓・・・ホタテなどおせち食材の価格が2~3倍に上昇、円安による漁船の燃料費負担が要因。】の続きを読む

    このページのトップヘ