株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2014年10月

    1: 山師さん 2014/10/06(月) 12:08:55.74 ID:PvUjuhma
    実況はコチラへ
    市況1板
    http://hayabusa3.2ch.net/livemarket1/

    ・証券コード、銘柄名を併記してください。
    ・判断材料をできるだけ明確にお願いします。
    ・注目銘柄の事実に基づいた情報共有が目的なので、単なる買い煽りや自慰行為は控えてください。
    *コテハンを付ける方は投資一般板やみんかぶ、ブログやツイッターを強く推奨しています。
    *ブログの宣伝行為、スレの私物化は控えてください。
    *お前ら丁寧な言葉で喋ってください。下品です。

    避難所
    http://jbbs.shitaraba.net/business/5380/


    ●2ちゃんねる初心者の方は必ず使用上のお約束をお読みください。
    http://info.2ch.net/guide/faq.html#B0
    ●次スレは原則>>700が立てること。>>750>>800は補欠で待機。
    900までに700,750,800がスレ立てできなかったら、有志がスレ立て宣言してスレ立てよろ。
    ※立てる前にスレ立て宣言推奨(スレ乱立防止のため)
    ※スレ一覧リロードで重複確認必須、スレ番が正しいか確認してから立てること。
    ※スレタイに特定の銘柄名をつけるのはやめましょう。トラブルの原因です。
    ※スレタイの先頭には【急騰】を、途中には通し番号をつけるのをお忘れなく。

    前スレ
    【急騰】今買えばいい株2702【昼飯うなぎ】
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1412556134/l5

    【急騰!今買いたい注目株】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/09/11(木) 21:29:45.09 ID:???.net
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140911/fnc14091117390016-n1.htm

     投資信託協会が11日発表した8月の投信概況によると、公募の株式投信に集まったお金全体を示す純資産総額は
    月末時点で70兆9978億円と、過去最高だった。
    2カ月連続で最高を更新した。

     主流の追加型(オープン型)で、海外の株式を組み込んだ国際株式型の運用が円安効果もあって伸びた。
    国内株式が中心の投信は資産が減少した。上場投資信託(ETF)の販売も堅調だった。

     公社債投信を含む投信の純資産総額の総合計も85兆9080億円と、3カ月連続で最高だった。

    【過去最高!71兆円に迫る8月の株式投信総額。9月はどうなるのか】の続きを読む

    1: ◆R4h0Z7oz/Geb @Whale Osugi ★ 2014/09/18(木) 04:11:41.69 ID:???.net
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0HC08X20140917?sp=true
    [ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株の調整局面をひたすら待ち続けている人たちにとっては、ありがたくない情報がある。
    それはつまり、もうその機会を逃してしまった可能性があるということだ。

    S&P総合500種が2011年10月以降、10%以上の下落を経験していないというのはまぎれもない事実。
    だがS&P総合500種の全10業種のうち7業種や、ナスダック総合指数、ラッセル2000指数はいずれも11年10月以来、
    10%強下がる場面があった。もっとも多くのケースは、複数回に分かれてのことだ。

    ウェルズ・キャピタル・マネジメントのジム・ポールセン最高投資責任者(CIO)は「株高を維持してきた要因の1つは、
    これまで調整が代わる代わる起きたことにある。今の株式市場は値上がりが激しくショックに見舞われるのが必至という状態ではなく、
    自律的な調整が働き続けている」と述べた。

    S&P総合500種が史上初めて2000の大台を突破するまで株高が進んできたことで、多くのアナリストに懸念が広がっているが、
    いくつかの要素がこれまでの調整を短期間にとどめ、その結果値下がりを限定してきたとみられる。

    まず株価収益率(PER)でみて米国株が割安でないことは確かだ。しかし警戒を要するほど割高という銘柄もほとんど見当たらない。
    実際、債券の方が割・・・以下略

    【米国株はなぜ大幅調整が起きないのか?】の続きを読む

    1: 幽斎 ★ 2014/09/26(金) 09:19:17.91 ID:???.net
    UPDATE 2-「iOS8」不具合、アップルが対応策発表 株価は急落
    http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RQ4E720140925


    [25日 ロイター] - 米アップル は、新機種「iPhone(アイフォーン)6」と
    「iPhone 6プラス」の利用者から、基本ソフト(OS)「iOS8」の
    アップデート版に関する不具合を指摘されたことを受け、対応策を明らかにした。

    アップデート版「iOS 8.0.1」に関して寄せられた報告は、
    ダウンロードした後に電話がかけられなくなった、あるいは指紋認証機能「Touch ID」が作動しなくなったという内容。

    アップルは問題を修正し、今後数日で「iOS 8.0.2」をリリースする。
    それまでの間、アップデート前のバージョンを再インストールするよう利用者に促している。

    再インストール後、ヘルス関係のアプリは機能しないが、iOS 8.0.2で修正するという。

    同日の米ナスダック市場で、アップル株は商いを伴って、
    一時およそ4%安の97.72ドルまで売られた。この時点で、
    今月9日に新型アイフォーンを発表して以降の上げがすべて
    帳消しとなったほか、時価総額は約240億ドル吹き飛んだ。

    JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は「この問題もいずれは過ぎるだろうが、
    ミスは積み重なっていく」と指摘。「アップルにとってこれでゲームオーバーではないが、看過する訳にはいかない」と指摘した。
    記録的な売り上げとなった新機種だが、この他にも本体が曲がるなどの苦情がすでに噴出している。

    米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、アイフォーン6プラスが曲がったとして、顧客9人がアップルに連絡した。

    アップル製品のみを取り上げるウエブサイト「カルト・オブ・マック」によると、
    2013年にアイフォーン5、アイフォーン5Sでも曲がったとのケースが報告されている。

    さらにタイム誌は今週、無線LAN「WiFi(ワイファイ)」の電波が弱く、
    バッテリーライフの低下を訴える声なども一部ユーザーから上がったと、伝えている。  

    【やわらかスマホiPhone6、OS不具合などで株価急落…時価総額240億ドル吹き飛ぶ】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2014/07/25(金) 08:47:38.34 ID:???.net
    ?マレーシア航空機撃墜のニュースが世界を駆け巡った7月18日、東京株式市場は口あけから売り一色の展開となり、日経平均株価
    は一時、前日比259円安と急落した。しかし、ここから株価は大きく切り返し、結局、終値は前日比154円安の1万5215円で引けた。

    ?市場関係者の間では、「日銀資金が入った」と囁かれた。

    ?その根拠は、前場で株価が下落しても、後場で持ち直すパターンが繰り返されているからだ。連日2兆円割れの薄商いの続く
    株式市場では、日銀のETF(上場投資信託)購入は一定のインパクトを持ち、いまや日銀は“買い本尊”と呼ばれる存在だ。

     「前場の引け時点でTOPIX(東証株価指数)が1%以上、下落すれば、必ず後場で日銀のETFの買いが入る」(大手証券幹部)というのが
    市場の見立てだ。しかも、その買い入れパターンは徐々に緩和され、「足もとでは前場でTOPIXが0.5%程度下落しても買いが入るようだ」
    (同前)という。株価が少しでも軟調になると見るや、すかさず日銀がETF買いを入れる、事実上の「PKO(株価維持政策)」が展開されて
    いるのだ。

     象徴的だったのが、政府が「成長戦略」を閣議決定した6月24日に、日銀が130億円ものETFを買い入れたこと。成長戦略を市場が
    好感し株価が上昇したかのように日銀が演出した、とみられてもおかしくない行為だ。

     その背景にあるのが、株価の動向に神経質な安倍政権だ。

     日銀は年末までにETFを3兆5000億円まで買い増す計画を掲げている。また、国家公務員共済、地方公務員共済、私学共済の
    三共済は、株式の買い入れを6月末までに終えた。期限を切って買い増した背景には、株価の下落を止めたい政権への配慮が滲む。

     さらなる株価対策としては、秋に130兆円もの資産を持つGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も、株式の運用比率を引き上げる
    見通しとなっている。

     いまや「アベノミクスには逆らうな」というのが海外の投資家の決まり文句だ。官製マネーによるPKOに喧嘩を売るのは得策ではないと
    いうことである。だが、PKOが剥落した後には、何が待っているのか……。

    ソース(週刊文春) http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4207
    写真=“黒田マネー”が株価を支える
    http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/a/f/-/img_af840b512b0caa6881640026fafe42ab23472.jpg

    【なる振り構わぬ安倍政権のPKO(株価維持政策)…剥落したその時はどうなる】の続きを読む

    このページのトップヘ