株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    2014年10月

    11月株式市場の傾向は?

    11月は、10月に続き3月決算企業の中間決算が本格化する月です。個別銘柄の株価は、各企業の決算発表を反映して動きやすい月だと言えるでしょう。今回は、11月相場がどのような傾向があるのかについて、過去のデータを用いて検証してみました。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    検証対象:全銘柄
    検証期間:1990/03/01~2014/10/03
    1銘柄当たりの投資金額:20万円

    買い条件
    ・10月末の最終営業日の寄り付きで買い

    売り条件
    ・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    10月末に全銘柄を購入し、25日経過後に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば、11月は株価が上がりやすい月となります。反対に、損益がマイナスであるならば、11月は下がりやすい月といえます。

    以上のルールで、過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

    ■11月株式市場の検証結果

    システムトレードの達人

    システムトレードの達人


    勝率: 37.84 %
    勝ち数: 25,600 回
    負け数: 42,046 回
    引き分け数: 1,722 回

    平均損益(円): -4,891 円  平均損益(率): -2.45 %
    平均利益(円): 17,936 円  平均利益(率): 8.97 %
    平均損失(円): -18,990 円  平均損失(率): -9.50 %

    合計損益(円): -339,304,869 円  合計損益(率): -169,656.40 %
    合計利益(円): 459,155,810 円  合計利益(率): 229,583.89 %
    合計損失(円): -798,460,679 円  合計損失(率): -399,240.30 %

    プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.575
    平均保持日数: 27.78 日

    検証結果を見てみると、勝率は37.84%、平均損益(率)は-2.45%です。勝率が低く、1トレードあたりの「平均損益(率)」が-2.45%とマイナスになっていることから、11月は下落しやすい月といえます。また、11月は1年の中で、2番目に平均損益のマイナスが大きい月です。平均損益が大きくマイナスになっている月であることから、安易なトレードを行うと不用意にリスクを被ってしまう可能性のある月です。よって、11月にトレードを行う場合は、慎重に銘柄を選択する必要があるでしょう。

    11月は、10月に続き3月決算企業の中間決算が本格化する月です。日本企業は、決算内容を保守的に見積もることが多く、決算発表後は決算内容に対しての失望売りが出やすい傾向があります。個別の銘柄の株価は、決算発表を迎えて大きく乱高下するリスクがあることから、11月相場は様子見ムードになる可能性が高いでしょう。買いを控える投資家が多く、出来高が少なくなることで売りが出やすくなることから、株価は軟調に推移する傾向があると言えるでしょう。

    そこで、下がりやすい傾向がある11月相場で、例年、好調な銘柄を確認してみましょう。

    11月好成績ランキング

    システムトレードの達人

    システムトレードの達人


    上の表は、先ほどの検証結果において、勝率の高い銘柄のランキングです。ランキング上位の銘柄から特徴を見ると、「きちり<3082>」「ブロンコビリー<3091>」「デイトナ<7228>」「かんなん丸<7585>」「ダンロップスポーツ<7825>」などの銘柄と相性がいいようです。

    これらの銘柄の特徴は、12月末に優待権利確定日のある株主優待銘柄です。個人投資家に人気な優待銘柄は、優待を目的とした先回りの買いが入りやすく、相場の動向に左右されにくいです。よって、軟調な動きが予想される11月の株式市場でも、株価上昇に期待が持てるでしょう。11月の投資戦略を考える上で、上記のような株主優待権利確定日のある銘柄に注目してみてはいかがでしょうか。

    ※All Aboutより転載

    1: かじりむし ★ 2014/10/29(水) 22:49:06.80 ID:???.net
    東証、「夜間取引」から「夕方取引」へ方向転換か
    http://www.nikkei.com/markets/kabu/marketsnews.aspx?g=DGXLASFL29H9C_29102014000000
    日本経済新聞 2014/10/29 17:25


     東京証券取引所は現物株市場の取引時間拡大策として午後3時以降の「夕方
    取引」が受け入れられるかどうか、証券会社へ打診を始めた。東証は午後3時
    30分から午後5時までの夕方取引市場を新たに創設する案と現行は午後3時と
    なっている大引けを午後4時以降へ後ろ倒しする案の2案を証券会社側へ提示
    した。東証はこれまで午後9時以降に取引する「夜間取引市場」を開設する方
    向で検討してきたが、方針を転換する。

     東京証券取引所の「現物市場の取引時間拡大に向けた研究会」(座長、川村
    雄介大和総研副理事長)は今年7月、東証が取引時間拡大を検討する際、まず
    は「夜間取引の実現の可能性について検討していくことが望ましい」とする報
    告書をまとめている。ただ、証券会社の反対が多かった。
    〔日経QUICKニュース(NQN)〕


    【経済】取引時間拡大:東証、21時から2時間の「夜間案」中心に検討 [7/30]
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406730132/

    【東証が取引時間拡大と方向転換。証券会社からの反対が多数。】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/10/30(木) 02:07:03.82 ID:???.net
    クックパッドが中東進出 現地のレシピ会社を買収
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29HL7_Z21C14A0TJ2000/
    日本経済新聞 2014/10/30 2:00

     
     レシピ検索サイトのクックパッドは、中東の大手レシピサイトの運営会社を
    買収する。買収額は14億円程度と同社の買収案件では最も大きい規模になる。
    来年初めまでに買収を完了する見通しだ。クックパッドはM&A(合併・買収)
    による海外展開を進めており、今後の成長が期待できる中東に進出する。

     買収するのはレバノンのベイルートに本社を置くネットシラ・エス・エー・エルで、
    創業者などから全株式を取得する。運営するレシピサイト「Shahiya(シャヒヤ)」は
    多いときには月間利用者が400万人を超え、広告料を中心に2013年12月期の
    売上高は4000万円強だった。

     中東は家庭で食事を作る文化が根付いている。インターネットの利用者が
    増えているうえ富裕層も多いため、レシピサイトの需要が増えると判断した。
    シャヒヤは広告料で運営し、サービスは無料で提供しているが、クックパッドは
    会員限定の有料サービスの導入も検討する。

     クックパッドは米国やスペインなどへの展開を進めている。現在、月6000万人程度の
    利用者数を今後2~3年で1億人に増やす計画だ。

    【クックパッドが中東大手レシピサイトをM&A。海外展開による株価値動きは?】の続きを読む

    エラン (6099) 東M

    需要申告仮条件購入申込公募価格公開日
    10/20~10/241,620~1,750円10/29~11/41,750円11/7
    単位株100株
    単位株価格175,000円
    主幹事野村證券

    会社情報

    「手ぶらで入院・入所、手ぶらで退院・退所」が可能となる衣類・タオル類の洗濯サービス付きレンタルと日常生活用品の提供を組み合わせたサービス(CSセット)の運営

    会社設立年月1995/02/06
    会社住所長野県松本市出川町15-12
    電話番号0263-29-2680
    社長名櫻井 英治
    ホームページhttp://www.kkelan.com/
    公開価格1,750円資金調達額875,000,000円
    初値---公開株式数公募500,000株
    先週終値---売出517,000株

    財務データ

    決済期2013/122012/122011/12
    売上高6,024百万円4,601百万円3,647百万円
    経常利益401百万円309百万円244百万円
    当期利益247百万円184百万円136百万円
    純資産810百万円571百万円392百万円

    幹事証券会社リスト

    割合株数幹事証券会社
    80.04%814,000野村證券
    3.00%30,500みずほ証券
    3.00%30,500SMBC日興証券
    2.00%20,300SBI証券
    2.00%20,300マネックス証券
    2.00%20,300いちよし証券
    2.00%20,300岩井コスモ証券
    2.00%20,300エース証券
    2.00%20,300岡三証券
    0.99%10,100高木証券
    0.99%10,100日本アジア証券

    1: 幽斎 ★ 2014/10/26(日) 21:08:35.98 ID:???.net
    少額投資優遇の「NISA」が低迷 「若者がほとんど利用していない」と税理士
    http://www.bengo4.com/topics/2205/

    鳴り物入りではじまった「NISA(少額投資非課税制度)」の利用が低迷している。

    NISAは、株など金融商品にかかる税金が、年間100万円まで非課税になるという制度だ。
    一般家庭の資産を貯蓄ではなく「投資」へと促す狙いで、今年1月に始まった。

    ところが、金融庁が6月末までのNISAの利用状況をまとめたところ、開設されたNISA口座の総数は
    727万に達したが、実際に利用されているのは約3割程度にすぎなかった。
    また、利用枠という観点でも、総額7兆2736億円のうち、利用されているのは1兆5631億円にとどまっている。

    どうしてNISAの利用は低迷しているのだろうか。何らかの制度上の問題でもあるのだろうか。米津晋次税理士に聞いた。

    ●利用者の8割が「50歳以上」
    「たしかに現行のNISAには、いくつか制度上の問題点があります。しかし、普及していないのはそれらが原因ではありません」

    米津税理士はこうキッパリという。では、どんな原因が考えられるのか。
    「金融庁の調査によると、NISAの買付額は50歳以上が79.9%を占めています。20~30代の若者は利用者全体の9.1%にすぎません。
    つまりNISAは、株式投資に慣れた中高年層を引きつけている一方で、若者には人気がない状況なのです」

    ●株式投資は難しい?
    どうして、NISAは利用されないのだろうか?
    「それには、ふたつの理由があると思います。
    まず一つは、これまで国がまともに『投資教育』をしてこなかったからです。
    たとえば、株式などの投資は元金が割れる可能性がありますので、運用には正しい知識が必要です。
    投資知識を身に付けていなければ、財産をきちんと運用して増やすどころか、証券口座を開設したり、どんな商品を購入するか選ぶことすら難しいでしょう」

    NISAは若者に、ほとんど利用されていないと言えそうだが・・・。
    「二つめの原因は、そもそも若年層の年収が少ないことにあるでしょう。彼らの多くは投資どころではない生活をしています。

    少し余裕が生まれたとしても、難解でハードルが高い株式投資より、
    わかりやすくて娯楽の要素もある競馬やパチンコなどにお金を使うのが自然でしょう」
    米津税理士はこのように持論を説明したうえで、「そもそも、若いうちは株式に投資するよりも、
    自分に投資をするのが正しい姿だと思いますけどね」とまとめていた。

    【取材協力税理士】

    【少額投資優遇にも関わらず若者がNISAを利用しない。その原因とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ