株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    先日、任天堂(7974)より発表されたnew nintendo 3DS/LLの先行きが、
    私、個人的には不発に終わると考えています。

    と言うのも、2004年からニンデンドーDSシリーズが発売され、
    メガネのいらない3Dというキャッチコピーで、2011年に3DSが発売され、
    その後現在まで、様々なタイトルがリリースされているが、
    今回の、new nintendo 3DS/LLは、ただのマイナーチェンジにしか思えません。

    インターネットの通信速度アップで、それによりソフトのダウンロード時間もアップ。
    どの角度から画面をみても3Dに見える。
    amiboと言われるフィギュアを使う事が出来るよう非接触型ICシステムを使用。
    ボタン配置のバランス調整。
    Cボタンの設置。
    SDカードから、microSDに変更。
    出荷時すでにフィルタリングの設定済み。(解除はクレジット認証後、30円の支払)

    これだけではまだ弱いきがします。
    しかし、株式会社マーベラス(7844)が「ポポロクロイス牧場物語」を発表したり、
    当たりのソフトでハードが売れてくれたり、何かのきっかけがあれば、
    落ち込み気味の任天堂も急騰する可能性は大いにありうるので注目しておきます。

    パナソニック(6752)が4日、2018年度に欧州で白物家電の売上高を900億以上を目標にする計画を発表しました。

    日本の電化製品は丈夫で壊れにくいと海外では評判ですが、私はスマートフォン事業が衰退してからは、
    電気機器事業に元気がなくなったような気がします。

    しかし、12月13日より500台限定で発売するハイレゾミニコンポの新モデル「SC-PMX9LTD」を発表したり、
    今では下日になりつつある製品に力を入れたり、色々とチャレンジする精神は非常に感銘をうけます。

    松下幸之助さんがいた頃、トヨタから車内のラジオを安価に作るよう依頼された時の話は有名ですが、
    今も、松下さんの様な職場の雰囲気を一気に変えられる方が居るのではないかと思います。

    また株価が上がり続けているので引き続き私は注目株としていきます。

    今後パナソニックが、どういった事を発表してくれるのか楽しみです。

    黒木 柾策 
    1970年生まれ
    中央大学経済学部 卒 
    大手証券会社の勤務を経て、
    2005年より、独立。

    株取引においての持論は、
    人に聞かず、ニュースを本気にせず、
    マーケットノイズを相手せず、
    外部情報を利用し、
    信じるのはチャートのみ


    このページのトップヘ