株価予想なら投資情報ナビ

あらゆる筋から仕手筋による仕手株銘柄や、材料株など、今株式市場で急騰急落してる注目銘柄の情報をランキング化(株価 銘柄情報付)2chやyahooなどの大手掲示板より、最新のクチコミ注目株情報、急騰銘柄、急落銘柄・仕手株低位・今買えば良い株・悪材料・儲かる情報など配信

    receipt_sample

    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/16(日) 06:10:55.57 ID:LW2zirq2*.net
    2015/08/15 16:25

     スマートフォンのカメラで撮影した領収書の画像データで、企業の経費精算ができるようにする規制緩和を政府が検討していることが15日分かった。
    領収書の電子化が進めば、外回りの営業担当者が会社に戻って経費請求する必要がなくなる。企業側も領収書の管理や保管の負担が軽くなる。経済産業省が制度設計し、2016年度中の実現を目指している。

     経団連は、領収書を含めた税務書類の保管に、倉庫代や本社に送る郵送代、管理する人件費などで、経済界全体で年3千億円がかかっていると試算。スマホを用いた経費精算が普及すれば「経理業務の負担が大幅に軽くなる」と期待する。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081501001356.html

    【スマホ撮影の領収書でも経費精算が可能に?領収書電子化で規制緩和】の続きを読む

    maxresdefault

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/16(日) 00:11:07.511 ID:LvZh+Aep0.net

    【FXで食っていくと決めた俺の爆益トレードを見ろ】の続きを読む

    ttl_01

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/15(土) 14:26:44.84 ID:???.net
    http://dime.jp/genre/201449/2/
    無縁墓は墓地区画の減少に伴い、近年対策が議論されている問題。人口減少によって墓守がいなくなっていることや、
    都市部への人口一極集中が無縁墓問題の主な要因とされており、管理者が現れない場合にはお墓を撤去する「墓じまい」が行なわれる
    2004年度から2013年度までの10年間で行われた無縁墓の墓じまいの数は、全国の自治体や寺院が自主的に行ったものだけで累計4万5235基(>>0�に上り、
    まだ管理者がいないという判断ができない無縁墓予備群はこれ以上の数になると考えられる。そのような現状の中で、お墓が無縁化し、
    管理ができなくなる前に自主的に墓じまいを行なう人が増えているという
     株式会社まごころ価格ドットコムは同社が運営する、お墓ネット専門店「お墓まごころ価格.Com」は、社会問題化している無縁墓(管理者がいなくなった墓)と、
    無縁化を防ぐために年々需要が高まっている「墓じまい」に関してその現状を調査すべく、「墓じまい経験者の意識調査」を、全国の墓じまい
    経験者100人(20~60代男女)を対象に実施した。調査の結果、墓じまい経験者の35.0%は何らかのトラブルに遭遇していたことがわかった。
     そのトラブルの中で最も回答を集めたものは「親族間のトラブル」で、17.0%が経験していることが判明。また、「離檀料が予想を超える金額だった」(25.0%)や、
    「墓石解体費が予想を超える金額だった」(20.0%)など、多くの人が金額面でギャップを感じたこともわかった。
     さらに、心境を尋ねた質問では、墓じまいを決心した当時は58.0%が「お墓管理からの解放に期待していた」という一方で、墓じまい後、
    新しいお墓を建立しなかった人(n=53)の49.1%が「墓石がないわびしさ」を感じたという実施者の心情が窺える調査結果も判明した。
    今回の調査結果を受けて、お墓のプロとして日々お墓事情の相談に乗っている同サイトの日本石材産業協会認定お墓ディレクター・北山修哉氏は、
    墓じまいのポイントとして1.事情の理解・納得のための話し合い、2.「離檀料」の意味の把握、3.「墓石解体費」の知識を持つことの3点をあげている

    ■墓じまいした人の35%がトラブルに遭遇!
    「墓じまいを行った中で、トラブルや困った経験があったかどうか」を尋ねると、35.0%が何らかのトラブルを経験したことがわかった
    その中で最も回答を集めたものは「親族間トラブル」で17.0%が回答。具体的には下記のようなもめ事が起こったようで、トラブル回避のために
    は事前に親族間できちんと話し合いやお墓管理に関する役割分担をしておくことが重要といえそうだ。
    「普段墓の面倒をみない親戚が、一つにまとめなくていいと言い張り、困った。婿に行く前からあった墓に愛着があり、本家ならきちんと
    面倒をみるべきと言ってた」(30代女性/岐阜県)
    「墓じまいをして納骨堂に納めることに対して、親戚から嫌味をいわれた」(30代女性/大阪府)
    「長男長女である事が理由で、責任と負担、その次の子世代が管理する事も当然の事のように周りから言われる。子供達だって、国内でも遠方や
    海外に転勤や引っ越しをする事ができなくなる」(30代女性/東京都)
    ■4人に1人が「離檀料」が予想を超える金額に
    「墓じまいの準備をしていく中で、当初予想していたこととのギャップがあったかどうか」を尋ねたところ、49.0%がギャップを感じていたことが判明
    一番多い回答を集めたものは「お寺に支払う離檀料が予想を超えた」(25.0%)で、次いで多かったものは「墓石店に支払う墓石解体費が予想を超えた」(20.0%)だった
    この結果から、墓じまいにかかる費用の想定は難しいということが窺える
    <感じたギャップのうち、最も印象に残っていること(一部抜粋)>

    ●お寺に払う料金が予想していたよりも高かったが、今まで殆どほったらかしにしていた状況だったので払いました。(40代女性/東京都)
    ●墓石建立に100万円だったのに、解体料金も100万円かかるとは、驚いた。
    (40代男性/静岡県)
    ●費用が全く見えなかったので、必要以上に心労が絶えませんでした。
    (40代男性/埼玉県)

    ■6割がお墓管理からの解放に期待するも、新墓なしだと半数が 「わびしい」 気持ちに
    「墓じまいを決めた当時のお墓管理からの解放に対する期待感」を聞くと、58.0%が「期待していた」と回答。
    しかし、その一方で墓じまい後に新しいお墓の建立を行わなかった人53名に「墓じまいと遺骨の供養が終わった後、
    遺骨に対して手を合わせ拝むことはできるが、墓石が無いわびしさを感じたかどうか」を尋ねたところ、49.1%が「わびしさを感じた」と回答した
    お墓管理には大変さはあるものの、お墓があることで感じられる特別な思いというものも存在するのかもしれない

    【「墓じまい」した人の3割以上がトラブルに遭遇】の続きを読む

    このページのトップヘ